//CSS rules to specify families //CSS //JS

topics 31. 言ってもせんのないことだけれど

2022-01-09GENJI topics Part2破滅の恋,第三十六帖,,略奪,柏木,女三宮,源氏topics,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【別冊】

GENJI essay

topics 31

言ってもせんのないことだけれど

Let’s enjoy GENJI world comfortably.

Welcome to SenmojiGenji World!!

GENJI 【別冊】GENJI エッセイ

 千年語り継がれる不朽の名作『源氏物語』も実はツッコミどころ満載!?
 源氏物語を【超訳】しながら感じた管理人の個人的な雑感エッセイです。シロウトの感想なので偏った見方をしているかもしれません。


 古典を専門には学んでいないイチ源氏物語ファンの書く軽いタッチのハンドブックです。よかったらご覧になってください。史実、原作と異なる等、明らかな間違いはご指摘いただきたいのですが、基本的にはゆるく、広いお心でお読みいただければと思います。
 お歴々の源氏物語を研究されている方々、現代語訳をなさっている皆様、源氏物語ファンの皆様方、それから紫式部サマ、どうか怒らないでください。お願いします。

 本章はGENJI topics です。
 源氏物語のエピソードにまつわる管理人の雑感エッセイです。

 あくまでも管理人の独断と偏見エッセイです。ゆる~く眺めてやってください。皆さまのまなじりが一瞬でも下がったり、口角が数ミリ上がったり、クスクス笑いのひとつでも漏れたのなら、管理人の望外の喜びとなります。

topics 31. 言ってもせんのないことだけれど

第三十六帖 柏木(Chapter36 想いを遺し恋に死す)に寄せて

✈✈✈ Let’ go to GENJI world ✈✈✈

前太政大臣(元頭中将)の長男で若手の中でも将来有望な柏木が、源氏の正室の女三宮に禁断の恋をしてしまいました。

どうしても気持ちを伝えたい。なにがなんでも会いたいと女三宮の女房の小侍従に頼み込みます。
 なんとか小侍従を説得して柏木は女三宮の元まで手引きしてもらいます。そして「絶対に失礼なことはしない」と約束していたのに、長年恋い焦がれた女三宮に会えて興奮した柏木はその約束を勢いで破ってしまい、一線を越えてしまいます。
 またもや男子が女子を力ずくで我がものにしてしまいました。

和CAFE
Matcha
Soft Cream

……驚いたでしょうね、女三宮。いきなり寝室に乗り込んできた男子に襲われたんです。柏木はずっと好きだっただの、やっと逢えただの盛り上がっているかもしれないけれど、女三宮にしてみれば眠っていただけ。しかも夫の源氏は二条院で紫の上の看病をしているから今夜源氏がやってくることはないはず。(来るなら来るで連絡が来るでしょうしね)

そして朝を迎えて帰宅したのち柏木はエライことをしてしまったと自分の犯した罪にボーゼンとする割にはその後も何度か女三宮の元に通って何度も関係を結ぶのです。女三宮は嫌がっているけれど抵抗できません。そうこうするうちに妊娠発覚。

玉鬘と髭黒のときにも書きましたが、刑事事件じゃん。しかも今回は人妻だから不倫で密通事件。
 事態を知った源氏の怒るサマ、嘆くサマ。

女三宮に才覚がないから柏木に襲われた、みたいに書いてあるけれど、才覚があったら侵入は防げるの?
 男の味方になっちゃうような女房を雇っている = イコール才覚がない、なの?
 小侍従ひとりが裏切ればすいすいと寝室まで行けちゃうものなの?
 特別身分が高いんでしょう? 他にも女房いるでしょうに。
 天下の六条院なんだからいくらでも警備の人いたでしょうに。
 庭だって部屋だって何重にも警備すればいいでしょうよ。
 女三宮が頼りないってわかっているんだから、源氏が優秀な女房だって従者だって送り込めばよかったでしょうに。

和CAFEMatcha Macaroons

 親ほども年が違う源氏の正室になって
 形だけの夫婦を装わされ
 突然恋狂いの柏木に襲われて
 あげく妊娠までさせられて
 夫の源氏に責められて
 息子を出産するけれど絶望を味わい
 出家して尼になり
 柏木は世を去った

何不自由なく育った内親王さまが歩む人生としてはツラすぎる。
たぶん源氏のことを愛してはいない。
 けれども柏木のことも愛していない。
 辛い。苦しい。誰にも言えない。誰も助けてくれない。
 唯一願ったのが出家でした。

 大臣家の長男として生まれ
 学業優秀、芸事にも秀で
 職場での信任も厚く
 将来を有望視され
 誰からも期待されていた優等生
 たった一度の恋に身を焦がし
 正気を失い女三宮を罪に引きずり込み
 恋の炎は自らをも燃やし身を滅ぼして
 想いを残しながら恋に死んでいく

こちらは狂おしいほどの想いは叶ったのかしら?
女三宮からの愛は得られなかっただろうに
 血を分けた子を遺して
 愛する人からは拒絶され
 恋に死んでいきました。

あとからだったら何とでも言えます。
そして言っても甲斐のないことだとわかっています。
 物語二次元の中の出来事だということも。
 それでも言いたい。

朱雀院が柏木に女三宮との結婚を許していたなら。

 すべてがうまくいったのに。
 柏木は死なずにすんだ。
 女三宮も出家しなかった。
 源氏も女三宮と結婚せずにすんだ。
 紫の上も絶望せずにすんだ。

愛することを知らない女性として「あさきゆめみし」で女三宮は描かれます。でもそれは夫である源氏が愛を与えなかったからじゃないかなと思うのです。この時代の女性は夫となる人に従順に従うよう躾けられているはず。源氏が自分の妻として物足らないからとあれやこれや教育はしたけれど、それは愛があるからじゃなくて自分の体面を保つためでしかなかった。女三宮にしてみれば礼儀作法や芸事を教えてもらう塾みたいなものだったかもしれませんよね。

和cafeNerikiri

柏木と結婚していたなら?
 柏木には女三宮に対する愛情があるから、あれこれ足らない部分を指摘するんじゃなくていいところを褒めたんじゃないかな。幼いけれど従順な女三宮なら素直に柏木に愛されて、愛を知り、優しく接してくれる彼のことを愛するようになったかもしれないのに。

当時の身分制社会の厳しさがこの悲劇を生んだのでしょうね。

こんな悲劇が小説二次元だけでなく当時リアルにも起きていたかと思うとゾッとします。
 そしてあまりにも女性の意思が尊重されない社会に恐ろしささえ感じます。

和cafeGreen-tea Float

To be continued ✈✈✈

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。