//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 消えゆく柏木

2022-07-20chapter36第三十六帖,,女二宮,柏木,女三宮,出家,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 36.想いを遺し恋に死す

    源氏物語 第三十六帖 柏木

episode 3. 消えゆく柏木

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十五帖 若菜下(三)(Chapter 35-3)まで
 女三宮と結婚できなかった柏木はいまだに根に持っているのですが、偶然彼女のすがたを見てしまい、恋心を抑えられなくなっています。ただこんな気持ちではいけないとも考えもし、心の葛藤が続いているようです。

 紫の上は女楽のあとに源氏に出家を願い出ます。けれども源氏は「俺を見捨てないで」と認めません。そんな折に紫の上が倒れてしまいます。源氏は必死に看病しますが回復しません。

 源氏が紫の上につきっきりで看護している隙に柏木は女三宮の元に忍び込み一線を越えてしまいます。何度か逢瀬を重ね女三宮は妊娠してしまい、源氏は柏木との密通の事実を知ります。柏木は源氏からの嫌味と圧力から寝たきりの病気になってしまいます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 36 柏木 想いを遺し恋に死す 

第三十六帖 柏木(Chapter 36)第二話(episode 2)まで
 柏木の病状はよくならず衰えていくばかりです。そんな中女三宮は男の子を出産しますが、産後の肥立ちがよくないのと源氏に蔑まれているので父親の朱雀院に出家を願い出ます。
 源氏は出家に反対しましたが、朱雀院は娘の願い聞き入れ出家をさせてやります。

episode 3. 消えゆく柏木

【超訳】柏木
源氏 48歳 紫の上 40歳
女三宮おんなさんのみや 22歳 薫 1歳
夕霧 27歳 柏木 32歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

女三宮が出家したって聞いた柏木は絶望してますます衰えていくの。それから遺していく妻の女二宮の心配をして、周りの人たちに女二宮さまを頼むとお願いし始めるの。
 帝も柏木を心配して、権大納言ごんのだいなごんに昇進させるの。それを励みに元気になってほしかったみたいね。けれどももう宮中に上がる出勤することもできなさそう。

夕霧は昇進のお祝いとお見舞いに柏木を訪ねるの。どうしても会いたい柏木は病室に夕霧を招くの。少年時代から仲良くしてきた親友同士だったから夕霧の悲しみも親兄弟とかわらないくらいなの。
 柏木は源氏の怒りを買ってしまって心乱れて病気になってしまったと夕霧に打ち明けるの。今も許してもらえていないからいいタイミングで源氏にとりなしてほしいと夕霧に頼むのね。「柏木が源氏の怒りを買うこと」で夕霧は心当たりがあったけれど確証は持てないのよね。(はっきりとは聞いてないから)

「キミのカンチガイじゃないの? 父さんはキミの病気を心配しているよ?」
「それにだったらなんでもっと早く言ってくれなかったんだよ」
 夕霧はそう言うの。
「そうだね。だけど僕だってこんなに短い命だなんて思わなかったんだよ」
 それから女二宮のことも気にかけてやってほしいって柏木は夕霧に言い残すの。

まだ話したいことがあったみたいだけれど柏木は急に苦しみだしてしまい夕霧に帰るよう言うの。祈祷する僧侶や両親も駆けつけてきたので、夕霧は泣く泣く柏木の病室を離れたの。

そのまま柏木は泡が消えるように亡くなってしまうの。妻の女二宮はそんなに愛されはしなかったけれども悲しみに暮れるの。女二宮のお母さんの一条御息所はもともと結婚には反対していて、けれども請われて降嫁したのにその夫に先立たれてしまい口惜しいんですって。
 女三宮も柏木のせいで苦しめられたんだけれど、亡くなったことを聞くとさすがに胸を痛めたの。

白い彼岸花

To be continued ✈✈✈

 柏木が亡くなってしまいました。
 源氏に知られてしまったことで寝込んでしまいましたが、女三宮の出家というニュースでさらに絶望してしまいました。出家とはこの世での別れです。

 ただ自分の子が男の子だということを知る事はできました。
「命をかけた恋」と言えば美しい表現ですが、相手は出家し、相手の夫(源氏)を裏切り、自身は命を落としました。
 誰も幸せになることのない「身を滅ぼした恋」でした……。

 成績優秀、容姿端麗、芸術センス抜群
 将来有望な藤原一族の長男
 恋に身を滅ぼしてしまいました。

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 31 言ってもせんのないことだけれど
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。