//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 人生の春

2022-07-20chapter33准太政天皇,第三十三帖,藤裏葉,紫の上,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 33.長く遅く遠かった春

    源氏物語 第三十三帖 藤裏葉ふじのうらば

episode 4. 人生の春

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十二帖 梅枝(Chapter 32)まで
 源氏の娘の明石の姫君が裳着を迎え東宮に入内することが決まります。息子の夕霧は初恋の雲居の雁との結婚話が進んでいる様子はなく、源氏が他の縁談を持ちかけても断ります。夕霧と雲居の雁は想い合っているのに逢えない月日が続いており、想いがすれ違ってしまいそうです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

本章です🎵

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 33 藤裏葉ふじのうらば 長く遅く遠かった春 

第三十三帖 藤裏葉(Chapter 33)第三話(episode 3)まで
 夕霧の縁談のウワサを聞いた内大臣は娘の雲居の雁のために自分から折れて夕霧と娘の結婚を認めることにして、自宅の藤の宴会に夕霧を招きます。
 内大臣の許しを得た夕霧は6年ぶりに雲居の雁と再会し、初恋を実らせます。
 また明石の姫君の入内を機に紫の上は明石御方を姫君の女房として一緒に過ごせるように計らいます。紫の上と明石御方はようやく対面を果たしお互いを認め合い友情を深めます。

episode 4. 人生の春

【超訳】藤裏葉ふじのうらば
 源氏 39歳 紫の上 31歳
 明石の御方 30歳 明石の姫君 11歳
 夕霧 18歳 雲居の雁 20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

源氏も娘の明石の姫君がお嫁入りし、独身だった夕霧も雲居の雁と結婚して幸せになり安心したので、そろそろ出家をしてもいいのかな、と思い始めるの。
 紫の上が心配だけれど、養女の秋好中宮がついているから大丈夫だろうと思うのね。
 花散里には夕霧がついているからこちらも安心だと思うのね。

来年源氏は40になるのでそのお祝いの用意をいろいろなところでしているのね。
 冷泉帝は源氏に「准太上天皇じゅんだじょうてんのう」という天皇に次ぐ位を授けるのね。でも実は冷泉帝としては譲位(帝の位を源氏に渡す)したいんだけれど、それができない妥協の策だったのね。

内大臣が太政大臣に、夕霧は宰相中将から中納言に出世するの。夕霧は整った顔立ちにいっそう輝きが増したようで大臣も素晴らしい婿だと惚れ惚れしているみたい。
 前に雲居の雁の乳母が夕霧の身分が低いことをバカにしたことも今では笑い話よね。

夕霧が出世して来客も増えるからということで、ふたりが一緒に育った三条邸に引っ越したの。おばあさまの大宮さまが亡くなってから少しお屋敷が荒れていたんだけれど、ふたりが住んでいたころのように手直しをしたの。
 美しい夕方の庭を眺めながら、引き離されたツラかった日のことなんかをふたりで語り合うの。
 大宮さまにお仕えしていた女房たちもこのふたりがここに住むことになったことをとても喜んでくれたわ。
 そこへ雲居の雁のお父さんの大臣もやってきてふたりを祝福してくれたのよ。

秋に源氏のお屋敷の六条院に冷泉帝をご招待したの。冷泉帝が朱雀院(元朱雀帝、源氏のお兄さん)もお誘いしたので、天下人がみな六条院に集まることになったのよね。
 秋の庭の紅葉が美しく素晴らしいのよね。
 供される饗膳きょうぜんも珍しいお料理ばかりだったみたいよ。
 宴会では舞が披露されたんだけど、みんな昔の「青海波」を思い出すのよね。

(青海波のエピソードはこちらChapter 7. episode 1. 愛の歌

紅葉
錦秋の秋

朱雀院も冷泉帝も和歌を詠んで宴を楽しまれるの。冷泉帝のお顔は美しくて源氏とそっくりなの。おまけに夕霧ともよく似ているから3人がそっくりで美しいなぁと朱雀院はしみじみ思ったんですって。

第三十三帖 藤裏葉ふじのうらば

第一部
華麗なる恋愛絵巻 完

Chapter 33 長く遅く遠かった春
 episode 1. ほころびかける蕾
 episode 2. 咲き誇る初恋の花
 episode 3. 8年ごしの初対面
 episode 4. 人生の春

To be continued ✈✈✈

 幼馴染同士の淡い初恋がようやく実りました。父親の内大臣に引き離されてから6年が経っていました。この時代にありがちな女子の部屋に忍び込んで既成事実を作ってしまうというようなことをせず、きちんと出世して内大臣の信用と許しを得てから結婚した誠実な夕霧でした。
 お父さんとは……、見た目はそっくりですが、恋模様は正反対でしたね。千年経っても共感できるラブストーリーですね。

 諸説ありますが、源氏物語全五十四帖を三部構成に区分することができるようです。その構成に従うと、この第三十三帖藤裏葉までが第一部でした。
 1話目の「源氏パパと源氏ママの恋」から始まった1日1000文字源氏物語、今話が116話。【別冊】エッセイは23話。閲覧いただき、心より感謝申し上げます。
 全54帖分の33帖が終わりました。残りの21帖で第二部、第三部となります。
 第一部とは雰囲気の変わる第二部もどうぞよろしくお願いいたします。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。