//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 衝撃の真実

2022-07-21chapter19真実の父,薄雲,第十九帖,冷泉帝,藤壺の宮,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 19.永遠の人

    源氏物語 第十九帖 薄雲

episode 4. 衝撃の真実

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十八帖 松風(Chapter 18)まで
 明石の君が3歳になった姫君とともに京に上ってきました。
 今は都の郊外の大堰に滞在しており、源氏とも3年ぶりの再会を果たします。

 初めて会った姫君も可愛らしく、彼女の将来を考えて、源氏は(明石の君より身分の高い)紫の上に養母になってもらおうと考えます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 19 薄雲 永遠の人 

十九帖 薄雲(Chapter 19)第三話(episode 3)まで
 明石の君は源氏の提案通り姫君を養女として紫の上に預けます。紫の上は自身の子でない姫君を愛情豊かに育てます。

 桐壺院の妃である女院(藤壺の宮)が亡くなりました。憧れの人の死に源氏は嘆き悲しみます。

episode 4. 衝撃の真実

第十九帖【薄雲】
 源氏 31~32歳 紫の上 23歳~24歳
 女院(藤壺の宮) 36~37歳
 冷泉帝 13歳~14歳
 明石の君 22~23歳 明石の姫君 3~4歳
 梅壺女御 22~23歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

四十九日の法要が終わったころにずっと女院に仕えていた僧侶がこっそりと冷泉帝に出生の秘密を話してしまうの。このまま冷泉帝が真実を知らないままでいるのもよくないと思ったみたいね。

女院が冷泉帝を身ごもってから悩みごとがあって僧侶にずっと祈祷を頼んでいたこと。
源氏が須磨に失脚したときも今まで以上の祈祷を望んできたこと。
それを聞いた源氏も僧侶に祈祷を依頼してきたこと。ふたりは冷泉帝が帝位につくまでずっと祈祷を頼んできたこと。

このことを聞いた冷泉帝の心境は恥ずかしさと恐ろしさと悲しさが入り混じっていてなんとも表現しづらいものだったの。冷泉帝から何のお言葉リアクションもないので僧侶が退出しようとするの。
「知らないままでいたら後世まで罪をおかすところだった。他に誰がこのことを知っている?」
「私と王命婦おうのみょうぶだけでございます」

自分が桐壺院の子ではなくて源氏の子だという事実を知ってしまった冷泉帝は最近立て続けに人が亡くなったり、天変地異が起こるのは帝でない臣下の子である自分が帝位についているからなんだと思って、桐壺院の子である源氏に帝位を譲った方がいいんじゃないかって悩み始めるの。

 あまりのショックで部屋に引きこもっていると心配した源氏がやってくるのね。源氏の顔を見ると、感情を抑えることができなくなった冷泉帝は涙をこぼされたの。源氏はお母さんの女院を亡くした辛さからの涙だろうと思ったみたいね。

暗色のダリア

さらに桐壺院の兄弟の桃園式部卿宮まで亡くなられるとますます世間が騒いで、冷泉帝は落ち込んで源氏に退位をほのめかすの。源氏の顔を見ながら自分の顔はやっぱり源氏とそっくりだって思うのね。源氏が父であると知ってしまったと源氏に打ち明けたいとも思ったんだけれど、やっぱり簡単には切り出せなかったみたい。源氏の方はまさか冷泉帝が真実を知ってしまったとは想像もしていないわね。

 冷泉帝は書物を調べたりして、一旦臣下に下った皇子がまた皇位につくことが可能かどうか探ったりもしていたの。自分が退位して源氏に帝位についてもらおうと思ったのね。

冷泉帝の気持ちは落ち着かず、秋の人事異動で源氏を太政大臣に昇進させることと譲位を考えていると伝えるの。源氏はこれを辞退するの。

ここまで冷泉帝が思いつめているのはひょっとしてあの秘密がバレたのかって源氏は心配して女院の女房ですべてを知っている王命婦おうのみょうぶに確認したんだけれど、女院も王命婦も秘密は漏らしていなかったのね。女院は冷泉帝が秘密を知ってしまうこと、そして実の父が源氏であることを知らない冷泉帝が親不孝となってしまうことをとにかく心配していたと王命婦から源氏は聞くの。
 藤壺の宮さまはそんなことまで心配してくれていたのかと源氏はまた宮さまのことを恋しく想うのね。

To be continued ✈✈✈

 この頃冷泉帝は13、4歳。今でなら中学生ですね。そんな年頃の男の子がお母さんを亡くした直後に驚愕の真実を知ってしまいました。優しいお兄さん(源氏は藤壺の宮の子ではないので異母兄弟)だと思っていた人が本当のお父さんでした。
 そして源氏は元は皇子ですが、今は臣下に下っています。その臣下の子である自分は帝位についていてはいけないと冷泉帝は愕然としてしまいます。

 自分の存在が(父と母の)罪の証拠。そしてこの辛さ、哀しみ、動揺を誰にも打ち明けることができません。10代の男の子には衝撃的すぎる真実でした。

衝撃の真実
愛と罪の証

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 13 紫は悲恋の色?
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。