//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 憧れの人との出逢い

2022-07-22chapter1光源氏,桐壺,桐壺帝,源氏物語,紫式部,藤壺女御,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 1.壮大なるSTORY

    源氏物語 第一帖 桐壺

episode 3. 憧れの人との出逢い

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 1 桐壺 壮大なるSTORY

第一帖 桐壺(Chapter 1)第二話(episode 2)まで
 桐壺帝の寵愛を一身に受けている桐壺の更衣は見たこともないような美しい男の赤ちゃんを出産しますが、弘徽殿女御の嫌がらせは続きます。体調を崩してしまった桐壺の更衣は若君が3歳のときに亡くなってしまいます。

episode3. 憧れの人との出逢い 

第一帖【桐壺】
 源氏 誕生~12歳
 藤壺の女御 14歳~17歳
 葵の上 16歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

帝は桐壺帝と称されるようになったの。愛した桐壺の更衣の住まいである桐壺に籠りきりだったかららしいわ。お妃の方々は亡くなってもなお帝の心をつかんだままでいる桐壺の更衣にまだ腹を立てていたわね。

 この頃のお妃たちは与えられた住まいの名前で呼ばれることが一般的だったみたい。桐壺も弘徽殿もそういった部屋の名前ね。更衣、女御というのは帝のお妃の階級ね。更衣よりも女御の方が上の身分で、さらにその上には中宮(皇后)があるの。現時点では桐壺帝の中宮の座は空席。更衣も女御も複数いるけれど、中宮はひとりだけしかなれない。だからみんなが狙っているのよ、中宮の座を。

帝は愛する桐壺が産んだ若君の行末を案じて、有識者に相談したり、占いや人相なども見てもらったりしたらしいの。
「帝位につく人相をお持ちですが、そうすると国が乱れこの人の幸福ともなりません。また帝を補佐する重臣とも違うようです」
 そんな風に言われたみたいなの。お母さん桐壺の更衣が亡くなっているから、母親や母親の実家の援助も期待できない状態で他の皇子たちと争ったり、政争に利用されたりしないようにと、若君に源氏の姓を与えて皇族から臣籍(貴族)に下ろしたの。東宮とうぐう(皇太子)には弘徽殿女御の皇子を選んだの。

源氏の君はとても賢くて勉強もよくできて、おまけに音楽などの芸術の才能もあったのよ。それから誰が見ても美しい容姿だったのね。女の子よりも美しかったって言われているほど。だからあれほど桐壺の更衣をいじめていた他のお妃たちも源氏の君のことはさほど憎めなかったみたい。それどころか宮中の可愛いアイドルだったみたいよ。

桐壺の更衣が亡くなられてもう何年も経つのだけれど、彼女を忘れられない桐壺帝は皇族の中に桐壺の更衣によく似ている女性がいると噂を聞きお妃に迎えたの。この方が藤壺ふじつぼの宮さま。藤壺ふじつぼ女御にょうごと呼ばれることになるの。確かに桐壺の更衣に似ていて他のお妃の方々はムカついたんだけれど、桐壺の更衣と違って身分の高い内親王さま(先帝の娘)だったので、いやがらせとかしなかったみたい。

桐壺帝は源氏の君を連れてよく宮さまの住まいの藤壺へと通われたから、自然と源氏の君と藤壺の宮も親しくなったの。年頃の男女であればたとえ親兄弟でも娘や姉妹とは顔を合わせないこの頃の習慣だったのに、源氏の君がまだ子供だからと特例で女性の部屋へと連れていっていたらしいのね。源氏の君にしてみれば、幼くしてお母さまを亡くし、そのお母さまによく似ているという噂の美しいお姉さまに好感を抱いてしまうのも当然のなりゆきよね。藤壺の宮さまは源氏の君より5歳年上だったんですって。桐壺帝と藤壺の女御は歳の差婚ってことになるのかな。

藤の花
藤の花

 お母さんを亡くした源氏はお父さんの帝の側で育ちます。そしてお父さんが新しく迎えた藤壺女御さまと出会いました。憧れの人との出逢いです。

 本来なら高貴な身分の女性の姿や顔を見ることはできません。家族でもお父さんと娘、お母さんと息子、兄弟と姉妹など異性同士は直接会いません。

 源氏がまだ幼いので対面したようですね。

To be continued ✈✈✈

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。

2022-07-22chapter1光源氏,桐壺,桐壺帝,源氏物語,紫式部,藤壺女御,超訳

Posted by りら