//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 匂宮と薫、大君と中の君

2022-07-20chapter46第四十六帖,宇治,宇治十帖,椎本,大君,中の君,八の宮,匂宮,,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 46.ふたりの恋

    源氏物語 第四十六帖 椎本しいがもと

episode 4. 匂宮と薫、大君と中の君

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十五帖 橋姫(Chapter 45)まで
  源氏の弟である八の宮の様子が語られます。桐壺帝の皇子にもかかわらず忘れられた存在で宇治に隠棲している八の宮の生き方に感銘を受けた薫は教えを請いに宇治通いを始めます。八の宮にはふたりの姫君がおり、薫は宇治で姫君たちの姿を垣間見て意識するようになります。
 また薫は八の宮の邸で弁の君という女房から自身の出生の真実を聞かされます。「僕は源氏の子なのだろうか」という子供の頃からの疑念は的中し、実の父は亡くなった柏木大納言だと知りました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 46 椎本しいがもと ふたりの恋 

第四十六帖 椎本(Chapter 46)第三話(episode 3)まで
 薫から宇治姉妹の話を聞いた匂宮は宇治に出かける計画を立てます。宇治にある夕霧の別荘に薫と滞在しますが、身分柄直接八の宮の邸宅を訪れることはできません。そこに八の宮から和歌が届けられました。
 薫たち貴族は八の宮邸を訪ねますが高貴な匂宮は出かけることができません。それでも自分をアピールしたい匂宮は八の宮の姫君たちに桜の枝と和歌を贈ります。
 季節は秋になり、八の宮は自分の亡きあとの姫君たちのことを薫に託します。その後修行先の山で八の宮は亡くなってしまいます。

episode 4. 匂宮と薫、大君と中の君

【超訳】椎本しいがもと 宇治十帖
 薫 23~24歳 匂宮におうのみや 24~25歳
 大君おおいぎみ 25~26歳 中の君 23~24歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

匂宮もお見舞いの手紙を送るんだけど、悲しんでいる中の君は返事を書くどころじゃないのね。匂宮は「薫にならこんな態度をとらないだろうに俺はスルーかよ」ってがっかりするのね。紅葉見物に宇治に行こうとも考えていたけれど、姫君たちが喪中だからそんな計画も実行できなくなったわね。それでもまた長文の手紙を書くみたい。

~ 牡鹿をじか鳴く 秋の山里 いかならん 小萩が露の かかる夕暮れ ~

(鹿が鳴く秋だけれど、どうしてる? まだ気持ちはしんどいよね?)

 中の君があまりにも泣いていて匂宮の手紙に返事をしないから、大君が代わりに返事を書くの。

~ 涙のみ きりふさがれる 山里は まがきに鹿ぞ もろ声に鳴く ~

(涙ばかりで霧に覆われている山里で声をそろえて(ふたりで)泣いています)

 するといつもと筆跡が違うからいつも返事をくれているのがどっちで、今回返事をくれたのがどっちなんだ? と匂宮は悩むの。

~ 朝霧に 友惑はせる 鹿の音を 大方にやは 哀れとも聞く ~

(悲しんでいるキミ達のことを放ってはおけないんだよ)

「俺だって悲しんでいるよ」

そんな手紙を匂宮はまた送るのね。姫君たちは匂宮のことを軽い気持ちでからかい半分の男の人たちとは違うって思っていて、男の人のステキなお手紙だとも思っているけれど、もうお父さんの八の宮もおらず、自分達は身分不相応だからこのままふたりで宇治で暮らしていこうと決めているみたい。

紅葉
山荘でふたり

日にちが少し経ち忌中が明けたので薫は宇治に行くの。すると、姫君たちと顔を合わすどころか物越しでの会話もしてもらえないので、不純な気持ちではないのにあんまりなんじゃないの? って薫がめずらしく女房の弁の君に不平を言うの。

 何年間も薫が八の宮に心を込めて尽くしてくれていたことを思い出した大君は少し近くで話してみようと思うの。けれども親兄弟でない他人に声を聞かせるなんて、まるで相手の気持ちやお金を頼りにしているように見えてはしたなく思えてしまうの。そんな気持ちも薫はわかってあげているの。

~ 色変はる 浅葱あさぢを見ても 墨染めに やつるる袖を 思ひこそやれ ~

(前にお見かけしたあなたが墨染の喪服を着て悲しんでいる気持ちを察するよ)

 ひとりごとのように薫が和歌を詠むと、

~ 色変はる 袖をば露の 宿りにて わが身ぞさらに 置き所なき ~

(喪服の袖も涙に濡れていて気持ちは癒えることはないのです)

 消えてしまうような声がして大君はそのあと奥の間にさがってしまうの。

匂宮と薫が会うといつも宇治の姫君の話になるの。結婚の許可をとらないといけないお父さんの八の宮がいなくなったので、本人さえ了承してくれれば決められるんだけれど、姫君たちは匂宮を警戒しているの。匂宮の女好きのウワサは知られているのね。

To be continued ✈✈✈

 姉妹からの文や和歌には名前が書いてないので、どちらが書いたのかわかりません。ただ筆跡が違うのでいつもの姫とは違う方からの歌だとわかったようです。この時代は知り合っても最初はお互い会ったりしないのでやりとりする文の筆跡や歌の内容で性格や知性や教養などを知っていくようですね。
 匂宮の女好きのウワサは宇治にも届いているようです。なんてったっておじいさまは伝説の(?!)プレイボーイですものね。隔世遺伝? したのかしら??

誰からも慕われ 誰にも愛を振りまき?!
おじいちゃんの隔世遺伝?!

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 41 ちゃらちゃらチャラ男も宇治へゆく
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 牡鹿をじか鳴く 秋の山里 いかならん 小萩が露の かかる夕暮れ ~

    匂宮が姉妹を心配して贈った歌

    ~ 涙のみ きりふさがれる 山里は まがきに鹿ぞ もろ声に鳴く ~

    大君が落ち込む中の君の代わりに匂宮に返した歌

    ~ 朝霧に 友惑はせる 鹿の音を 大方にやは 哀れとも聞く ~

    「俺も心配しているよ」と匂宮が再度姉妹に贈った歌

    ~ 色変はる 浅葱あさぢを見ても 墨染めに やつるる袖を 思ひこそやれ ~

    ひとりごとのように薫が詠んだ歌

    ~ 色変はる 袖をば露の 宿りにて わが身ぞさらに 置き所なき ~

    大君が控えめに薫に返した歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。