//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 夕顔との出逢い

2022-07-22chapter4和歌,扇子,夕顔の花,夕顔,第四帖,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 4.年上の彼女と癒しの彼女

    源氏物語 第四帖 夕顔

episode 1. 夕顔との出逢い

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三帖 空蝉(Chapter 3)まで
 源氏宰相中将には元服のときに結婚した正室の葵の上がいますが、他の女性とも付き合っています。(当時は一夫多妻制)

 ある時中流階級である受領ずりょう(今でいう県知事)の妻(空蝉うつせみ)と一夜を過ごして源氏は彼女に恋をしました。空蝉と付き合いたい、せめてもう一度逢いたいと思う源氏は空蝉の弟を味方に屋敷を訪れますが、空蝉には逃げられてしまいます。彼女は源氏を想いながらも二度と逢おうとはしませんでした。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 4. 年上の彼女と癒しの彼女
 episode 1.夕顔との出逢い

第四帖 夕顔
 源氏17歳 夕顔19歳
 六条御息所ろくじょうのみやすどころ24歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

源氏は新しい恋人、六条御息所ろくじょうのみやすどころとつきあっていた夏の頃のおはなしね。
 彼女の家に行く前に、源氏の家来の惟光これみつのお母さんが源氏の乳母めのと(母親がわりに育ててくれた人)で、その人が病気で寝込んでいたので、源氏は惟光と一緒に乳母のお見舞いに行くことにしたの。

乳母の家の隣の庭に見慣れない花が咲いているの。その花の名前をそこの家の人に尋ねると、その家の女主人が花と一緒に扇子を渡してきたの。その扇子には歌が書いてあったの。女の人から和歌をよこすなんて、一気に源氏は興味を持っちゃうの。

~ 心あてに それかとぞ見る 白露の 光そへたる 夕顔の花 ~

(あなたのいるところだけに光が反射して眩しいのだけれど、もしかしてそこにいらっしゃるのは光源氏の君なの?)

そこに咲いている花は夕顔という名前なのよ、と答えながら自分の方から和歌を源氏に贈ったこの女性が夕顔の君。その頃女性の方から和歌を贈るなんてチョー大胆なことだったと思うのね。こんな大胆なアプローチに源氏の君が盛り上がらないわけがない、かな?

夕顔の花
夕顔の花

「惟光、あの家には誰が住んでいるか知ってる?」
 惟光はまた源氏のオンナ好きが始まったって思うの。
「知りませんよ。僕は母の看病に来ているだけですから」
 冷たくあしらおうとする惟光なの。
「だってさ、こんな扇子もらったらアプローチされたら気になんじゃん。な? ちょっと調べてみてよ」
 従者に呆れられようと源氏はあの女子のことが気になってしょうがないの。で、源氏の返歌がコレ。

~ 寄りてこそ それかとも見め 黄昏れに ほのぼの見つる 花の夕顔 ~

(だったらもっと近くで見て確かめてみる? 俺のコト)

家の様子から源氏よりずっと下の身分だろうけれど、思わぬところでカンジのいいコを見つけたのかもって源氏は盛り上がるのよね。

 この女性は源氏が興味を持った花を和歌を書いた扇子にのせる演出でプレゼントしました。
 源氏は女性からアプローチされて一気に盛り上がっていますね。この時代、女子から男子に歌を贈る(声をかける)なんて超大胆な行動です。
 家柄や身分がわからないカノジョ。もちろん姿を見たこともありません。贈られた歌と扇子から妄想に妄想を重ねて源氏は恋に落ちてしまいました。

To be continued ✈✈✈

🖌Genji Waka Collection

~ 心あてに それかとぞ見る 白露の 光そへたる 夕顔の花 ~

夕顔の君が源氏宰相中将に贈った歌

~ 寄りてこそ それかとも見め 黄昏れに ほのぼの見つる 花の夕顔 ~

源氏宰相中将が夕顔の君に返した歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。