//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 八の宮というひと

2022-07-20chapter45宇治,宇治十帖,大君,中の君,第四十五帖,橋姫,八の宮,,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 45.若きエリートの悩み

    源氏物語 第四十五帖 橋姫

episode 1. 八の宮というひと

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十四帖 竹河(Chapter 44)まで Part3-1 完結
  源氏が亡くなったあとの物語です。源氏の孫で今上帝と明石中宮の皇子の匂宮と源氏と女三宮の子の薫は成長し、宮中でも「匂う兵部卿 薫る中将」ともてはやされています。薫は自身の出生について悩んでいます。

 夕霧や柏木の弟の紅梅、玉鬘は子供たちの婚活の時期で、娘には匂宮や薫と結婚させたいと考えているようです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 45. 若きエリートの悩み
 episode 1. 八の宮というひと

【超訳】橋姫 宇治十帖
 薫 20~22歳 匂宮におうのみや 21~23歳
 大君おおいぎみ 22~24歳 中の君 20~22歳
 冷泉院 49~51歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

そのころ皇族なんだけど世間から忘れられている宮家があったのね。八の宮と呼ばれていて源氏の弟なの。
 朱雀院(源氏の兄)のお母さんの弘徽殿大后こきでんのおおきさきが権力をふるっていたときは次期東宮候補だったんだけど、結局冷泉院が東宮になったので、八の宮自身は世間から忘れられていっちゃったの。

八の宮には大君おおいぎみと中の君というふたりの娘がいたのね。奥さんは中の君の出産で亡くなってしまい、八の宮は出家を考えるんだけど、幼いふたりの娘を置いてはいけず、再婚もしないで娘を育てながら仏道の修業をしていたの。
 お父さんの八の宮が娘たちに直接琴や漢詩や碁を教えたの。長女の大君は賢く美しくて、二女の中の君は可憐で恥ずかしがりやさんなの。

 そんなときお屋敷が火事で焼けてしまったので宇治の山荘に引っ越すのね。都でも存在感がなかった宮家だったのに宇治なんて田舎に住むことになったのでますます忘れ去られちゃったのよね。

宇治では阿闍梨あじゃりという僧侶が八の宮の元を訪ねて経典の講義をしていたの。
 阿闍梨は冷泉院にも経文をお教えしていたので八の宮の様子も報告していたの。出家はしていなくても俗世のしがらみを断って暮らしている様子を冷泉院の側で聞いていた薫はとても興味を持つの。世の中に興味がなく、けれども出家には踏み切れず、忙しすぎて仏道の修業もできない薫にとって八の宮のような俗聖ぞくひじりは理想としている姿だったんですって。

理想の生き方をしている八の宮にぜひお会いしたいと薫は阿闍梨に仲介を頼むの。何回か手紙をやりとりして薫は宇治に出かけるの。会ってみると八の宮は想像以上に素晴らしい俗聖で、彼を慕って何度も宇治に通うようになるの。

 阿闍梨から聞いて想像してたよりも宇治の山荘はうらさびれていたの。山荘といっても風流で贅沢な造りのものもあるけれど、八の宮の山荘は近くの川の音や波の響きも荒々しくて夜もよく眠れないんじゃないかと思うほどなの。
「いずれ世を捨てる八の宮さまにはこの環境はいいかもしれないけれど、姫君がたはどんなお気持ちなんだろうなぁ。都の女の子たちとは違うんだろうなぁ」
 そんな風に薫は思っていたの。薫も姫君たちのことが気にならなくもないんだけれど、八の宮に仏道の教えを請うために宇治に通っているから、普通の男子みたいに女子にうつつをぬかすなんていけないって自重しているの。

山荘
山荘のイメージ

To be continued ✈✈✈

 宮中での出世や華やかな貴族の暮らしに興味がなく出家をしたいけれど踏み切れない薫です。そんな薫は八の宮の生き方に興味を持ちました。
 八の宮の人柄、考え方などに共感し、教えを乞うために宇治に通い始めましたが、八の宮のふたりの姫も気になり始めたようですね。

 真面目な薫とふたりの姫君たち、今後の展開が気になりますね。

愁いの貴公子 孤高のイケメン
救いを求めて宇治へ

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 40 ウジウジ薫宇治へゆく
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。