//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 愛の歌

2022-07-21chapter7和歌,紅葉,紅葉賀,青海波,第七帖,禁断の恋,光源氏,源氏物語,紫式部,藤壺女御,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 7.死ぬまで持っていく秘密

    源氏物語 第七帖 紅葉賀もみじのが

episode 1. 愛の歌

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第六帖 末摘花(Chapter 6)まで
 源氏宰相中将は父の妃である藤壺女御を恋慕っており、とうとう一夜を共に過ごした藤壺女御は妊娠してしまいます。

 藤壺女御の姪である紫の君とは自宅の二条院で兄妹のように仲良く暮らしています。
 頭中将と取り合った姫君の末摘花は少し個性的な容姿でしたが、付き合いを続けることにしました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 7. 死ぬまで持っていく秘密
 episode 1.愛の歌

第七帖【紅葉賀もみじのが
 源氏 18~19歳 紫の君 10歳~11歳
 藤壺の宮 23~24歳 葵の上 22歳~23歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

源氏のお父さんである桐壺帝はご自分のお父さんのお誕生日のお祝いをするために、舞や歌の準備をしていたの。本番は御所でないところで行われるから、御所にいる妊娠中の藤壺の宮にも見せてあげたいと思ってお父さんに見せる前に宮中でリハーサルをすることにしたの。源氏の君と頭中将は青海波せいがいはという雅楽の演目の舞を踊ったのね。夕暮れの日の光のもとでの源氏はいつも以上に光り輝いているの。感動して帝やほかの公達きんだち(貴族)の人たちも涙を流すほどだったんですって。

 源氏と頭中将が披露した舞の演目は 青海波 といいます。青海波には無限に広がる波のように永遠に幸せが続くという縁起のいい意味があります。実はこのトピックスの背景の模様が青海波という柄です。着物などによく見られる伝統的な和柄です。

あまりの見事さ、美しさにその昔源氏のお母さんをいじめた弘徽殿女御こきでんのにょうご
「神様が気に入って天国にでも連れていきそうだわね」
 なんて憎まれ口をたたいたの。
 藤壺の宮さまも自分にやましいことがなければどんなに美しい舞でしょうと思ったんだけど、それでも(やましい気持ちがありながらも)あまりに綺麗で夢のような気がしたの。

夜になって帝が藤壺の宮さまに
「今日の青海波はどうだった?」
 とお聞きになったの。
 もちろん宮さまは本心は伝えられないけれど、
「とても美しかったです」
 とお返事したの。
「あなたに見せられてよかったよ」
 帝はそう喜ばれたの。

源氏は翌日になって
「昨日の舞はあなたのためだけに舞いました」
 と藤壺の宮さまに手紙を送ったの。

~ 物思ふに 立ち舞ふべくも あらぬ身の 袖うちふりし 心知りきや ~

(犯した罪もあなたへの想いもすべての気持ちをこめて踊った僕の気持ちをわかってもらえますか?)

~ から人の 袖ふることは 遠けれど につけて あはれとは見き ~

(青海波を中国の人が踊ったのは遠い出来事ですが、私は素晴らしいあなたの舞だけを見つめていました)

普段は返信をしない宮さまだったのに
「わたしも特別な想いであなたを見てました」
 なんて返事をしたの。

そのくらい昨日の源氏の君は素敵だったのね。好きなのに好きとは言えない。お腹の子もあなたの子なのにあなたにすらそれを言えない。でもあなたはなんて素敵なんでしょうなんて思ったのかしらね。

紫の花

桐壺帝のお父さんの前での本番でも見事な舞を披露した源氏は正三位しょうさんみという役職に昇進したの。

To be continued ✈✈✈

 大和和紀先生の『あさきゆめみし』をご存じですか? 読んだことはありませんか?
 『源氏物語』を漫画で表現されています。とても美しいです。当時のお屋敷の様子や登場人物の衣装などよくわかります。この青海波の踊りのシーン、とても素晴らしいのです。源氏の想い、藤壺の宮さまの想い、源氏の舞に秋の紅葉。機会があったら読んでみてください。おススメですよ。

🖌Genji Waka Collection

~ 物思ふに 立ち舞ふべくも あらぬ身の 袖うちふりし 心知りきや ~

源氏中将がありったけの想いを込めて藤壺の宮に贈った歌

~ から人の 袖ふることは 遠けれど につけて あはれとは見き ~

藤壺の宮が自分の想いを抑えながらも源氏中将に贈った歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。