//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 5. 密会、恋の罪

2022-07-20chapter51第五十一帖,宇治,宇治十帖,匂宮,,和歌一覧,和歌,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 51.狂い始める恋情

    源氏物語 第五十一帖 浮舟

episode 5. 密会、恋の罪

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十帖 東屋(Chapter 50)まで
  大君や中の君の異母妹(浮舟)を見初めた薫は「世話をしたい」と申し出ますが、姫サイドからは身分差もあり本気にしてもらえません。浮舟を二条院に滞在させている中の君は薫と浮舟の仲をとりもとうと考えています。
 匂宮は中の君の異母妹とは知らず自宅で浮舟と出逢い興味を持ちます。

 匂宮と浮舟とのあいだに間違いが起きるのを恐れた浮舟の母は浮舟を二条院から退去させます。薫は仮住まいの家で浮舟と対面し、彼女を宇治に匿うことにします。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 51 浮舟 狂い始める恋情 

第五十一帖 浮舟(Chapter 51)第四話(episode 4)まで
 自宅の二条院で出会った女性の事を匂宮は興味を持ちます。中の君もなにか隠しているようです。やがて彼女は薫が宇治に匿っている恋人だとわかりました。
 匂宮は薫のフリをして宇治を訪ね、浮舟を我が物にしてしまいました。翌日もふたりきりで過ごし別れ際にはお互い「離れたくない」と歌を交わし合います。
 匂宮と浮舟のことを知らない薫が浮舟を訪ねます。浮舟は薫への申し訳なさと匂宮への想いのあいだで揺れ動きます。

episode 5. 密会、恋の罪

【超訳】浮舟 宇治十帖
 薫 27歳 匂宮におうのみや 28歳
 中の君 27歳 浮舟 22歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

2月になって宮中で詩会があったの。薫が古今集の和歌を使って宇治の橋姫のことを詠むの。

~ (さむしろに) 衣かたしき こよひもや (われを待つらん 宇治の橋姫)~ 古今集

(宇治ではひとり寂しく僕のことを待っているんだろう)

匂宮は「あの子のことを詠ってんのかよ」って思うの。どうやら薫も遊びではないらしい。俺の想っている同じ彼女オンナのことを薫も想っているのかって匂宮は焦るの。そして雪の降る中、無理をして匂宮は宇治に向かうの。

 大雪の山道を宇治まで逢いに来てくれた匂宮に浮舟は心を動かされるの。女房の右近はまた薫がやってきたフリを装って匂宮を手引きするの。右近は今回はひとりではごまかしきれないので、侍従という女房にだけこのことを打ち明けて協力してもらうの。匂宮は人目につかないようにって川の対岸に家を用意していて、夜になってからそこに浮舟を連れて行こうとするの。侍従が付き添うことになって匂宮の従者が舟を漕ぐの。舟に乗るときも下ろすときも匂宮が浮舟を抱きかかえてあげるの。

~ 年経ふとも 変はらんものか 橘の 小嶋の崎に 契るこころは ~

(常緑の橘に誓うよ。オレの想いは千年経っても変わらないよ)

宇治川の小島にある橘の木になぞらえて匂宮は愛の歌を詠うの。

~ 橘の 小嶋は色も 変はらじを この浮舟ぞ 行くへ知られぬ ~

(橘の色は変わらなくても私がどうなるのかはわからないの)

ふたりは小さな家で2日間もふたりきりで過ごすの。見苦しいほど戯れたって書いてあるわよ。でも匂宮は彼女は薫ともこんな風に付き合っているのかってやきもちをやくの。
「オレとこんなことしてんのにまだ薫のことが気になんの?」

 匂宮は思いつく限りの口説き文句で浮舟を惑わして、彼女のカラダも心も奪いつくそうとするの。
「薫とは会うなよ? 寝んなよ?」
 できもしないことを要求されて浮舟は答えることができないの。

帰りも匂宮は浮舟を抱いて舟に乗せてこんなことを言ったの。
「薫はこんなことしてくれないでしょ。オレがどんなにキミを大事に想っているかわかってくれるよね?」
 浮舟は素直に頷くんですって。

小島

To be continued ✈✈✈

 宇治は都から離れています。牛車で通うのも大変な距離を雪の降る夜に馬に乗って匂宮は駆け付けました。外出が気軽にできない皇族の匂宮の想定外の大胆行動です。そうまでして会いにきてくれたのかと浮舟も女房の右近も感動してしまいます。
 匂宮にとって浮舟自身の魅力に恋をしたというより浮舟が「薫の恋人」だから奪いたかったのかもしれません。女房の右近もこのあと面倒なことにならなければいいのだけれど、と心配しています
 薫はゆくゆくは都に浮舟の屋敷を用意して呼び寄せようと考えていますが、匂宮は将来のことまで考えていません。

ひとりの女子に想いを寄せる男子がふたり
三角関係の元祖?! 

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 45 これぞテッパン中の大テッパン! 
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ (さむしろに) 衣かたしき こよひもや (われを待つらん 宇治の橋姫)~ 古今集

    薫が浮舟のことを想って引用した古今集の歌

    ~ 年経ふとも 変はらんものか 橘の 小嶋の崎に 契るこころは ~

    匂宮が浮舟を連れ出し川を渡る際に小島の木になぞらえて詠んだ歌

    ~ 橘の 小嶋は色も 変はらじを この浮舟ぞ 行くへ知られぬ ~

    浮舟が「どうしたらいいかわからないわ」と揺れ動く心情を詠んだ歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。