//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2.空蝉のこころ

2022-07-22chapter3和歌,光源氏,抜け殻のような衣,源氏物語,空蝉,第三帖,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 3.つかみどころのないカノジョ

    源氏物語 第三帖 空蝉うつせみ

episode 2. 空蝉うつせみのこころ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第二帖 帚木(Chapter 2)まで
 桐壺帝と桐壺更衣のあいだに産まれた若君は成人して臣下に下り「光る源氏の君」と呼ばれるようになります。

 仲間たちが「付き合うなら中流階級の女子がいいよな」と話していましたが、源氏はまさにそんな中流階級の女性と出逢い一夜を過ごします。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 3 空蝉うつせみ つかみどころのないカノジョ

第三帖 空蝉(Chapter 3)第一話(episode 1)まで
 空蝉ともう一度逢いたい源氏は、空蝉の弟に協力してもらい空蝉のところに忍び込みます。けれども源氏に気づいた空蝉は衣だけを残して立ち去ってしまいます。

episode2. 空蝉のこころ

第三帖【空蝉うつせみ
 源氏 17歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

源氏は空蝉が残していった小袿こうちぎ(上着)を持ち帰って、彼女に想いを馳せながら歌を詠んだけど、空蝉からの返歌はなかったの。
「こんなに嫌われているなんてな。もうさ、俺なんて伊予の介彼女のダンナなんかよりツマラナイ男なんだよ」
 源氏は小君相手に文句を言ってから、持って帰ってきた小袿を抱きしめて眠るの。
 しばらく目を閉じていたけれど、文てがみを書こうと硯に向かい、次の歌を詠んだの。

~ 空蝉の 身をかへてける のもとに なほ人がらの なつかしきかな ~

(キミは蝉が殻をぬけるように小袿だけを残していったけど、それでもキミのことが懐かしいんだ、恋しいんだよ、忘れられないんだ)

 彼女が立ち去るときに衣装を残していったので「まるでセミの抜け殻みたいだ」と源氏が感じたところから彼女を「空蝉」と呼ぶようになったみたいです。この巻のタイトルにもなりました。

 この時代お互い名前を呼びあったりはしません。原作『源氏物語』でも主語は「君」や「女」などで、読み手が「源氏のことだな」「伊予の守の妻のことね」と推測しなければなりません。それではわかりにくいので訳者の方たちが主語が誰の事を指しているのか明記し、この「女」は「空蝉」のことだよと名前をつけてくれました。

軒端荻にも何か書こうかと思ったけれど、結局何も書かなかったの。一晩一緒に過ごした軒端荻には文を書かないで、一緒に過ごせなかった空蝉に文を書いた源氏。

「ホントになんてことしてくれるのよ」
 文を持って行った小君はこちらでも姉の空蝉からもお小言を言われるの。
「返事はありません。あるわけないでしょう」
 そう言って小君を二条院に帰した空蝉だったけれど、こころのなかでは、結婚していない娘の頃ならどんなにときめいたかしら、って思っていたの。

~ うつせみの 羽に置く露の 木隠れて 忍び忍びに 濡るる袖かな ~

(本当の気持ちは誰にも言えないわ。わたしもひそかに、涙で袖を濡らしているなんて)

 源氏からいただいた文の紙の端にこんな歌を書いていたんですって。
……、やっぱり好きになっていたのね。

第三帖 空蝉うつせみ

Chapter3 つかみどころのないカノジョ
 episode1. もう一度逢いたい
 episode2. 空蝉のこころ

To be continued ✈✈✈

🖌Genji Waka Collection

~ 空蝉の 身をかへてける のもとに なほ人がらの なつかしきかな ~

源氏宰相中将が空蝉を想いつぶやいた歌

~ うつせみの 羽に置く露の 木隠れて 忍び忍びに 濡るる袖かな ~

空蝉が源氏を想って密かに詠んだ歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。