//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 心優しいカノジョ

2022-07-21chapter11第十一帖,花散里,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 11.ココロ安らぐ里

    源氏物語 第十一帖 花散里

episode 1. 心優しいカノジョ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十帖 賢木(Chapter 10)まで
 かつての恋人六条御息所とは別れ、彼女は伊勢へと旅立ちます。父親である桐壺院が亡くなります。源氏は再度藤壺中宮に迫りますが、男女の関係を拒みたい藤壺中宮は出家して、現世での別れとなります。

 朱雀帝の祖父の右大臣派が政治の主流となり、左大臣派の源氏は冷遇されるようになります。そんな中、帝のお妃である朧月夜との密会を続けていてそれがバレてしまいます。朱雀帝の母である弘徽殿大后は「帝への謀反!」と源氏を失脚させようとします。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 11. ココロ安らぐ里
 episode 1.心優しいカノジョ

第十一帖【花散里】
 源氏 25歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

亡くなった桐壺院(源氏のお父さん)がまだ帝であったころ、後宮(帝のお妃が住むところ)に麗景殿女御れいけいでんのにょうごと呼ばれる方がいたの。桐壺院とのあいだにお子さんはいなくて院が亡くなられたあとは源氏が経済的に面倒をみていたのね。

その麗景殿女御には一緒に暮らしている花散里と呼ばれる妹がいて、源氏と付き合っていたのだけれど、源氏は何人も付き合っている人がいるから彼女のところにはあんまり通っていなかったの。でも源氏はあいかわらずで別れることもしなければ奥さんとして迎えるわけでもなかったのよ。

政治の中心は右大臣となって、源氏にとっては面白くなく、気分も腐ってしまうの。そんなときにふと花散里のことを思い出して訪ねてみようと思ったらしいの。五月雨さみだれの時期の珍しい晴れ間のことだったみたい。

中川というところを通りかかると、琴の音色が聞こえてきて、そういえばそこの家の女の子とも一度だけ遊んだことがあったっけなと源氏は思い出したの。
「彼女も俺のこと覚えてるかな――」なんて家来に様子を見に行かせると、
「今頃来られてもこっちも困るわ」
 と冷たくあしらわれちゃったの。

すぐに恋してしまう源氏だから、こうして逢いに来てくれないと言って悩んだり恨んだりしている女子が多いのよ。源氏はあまり逢いには行かなくても忘れたりはしないから、時々こうやって声をかけたりしてはまた女子を悩ませるのよね。 

橘の花
橘の花

 これだけ多くの女性と付き合っているとなかなか会わない恋人もいます。女性の方は来てくれるのを待つことしかできないので、他に彼氏を作ったり、源氏が来てくれないことを恨んだりする女性も多いみたいですね。
 また、男性も今のように「オレのオンナ」的な考えはないらしいです。

To be continued ✈✈✈

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。

2022-07-21chapter11第十一帖,花散里,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

Posted by りら