//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 5. 浮舟を想う涙

2022-07-20chapter53第五十三帖,宇治川,宇治,宇治十帖,手習,匂宮,,出家,和歌一覧,和歌,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 53. 流れ着いた舟

    源氏物語 第五十三帖 手習てならい

episode 5.浮舟を想う涙

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十二帖 蜻蛉かげろう(Chapter 52)まで
  浮舟の行方がわからなくなり、辞世の句を見た女房たちは浮舟が宇治川に身を投げたのではと嘆きます。山荘の従者たちは三角関係や自死の事を伏せて「姫君は病死した」と葬儀を行います。
 匂宮も薫も最初はお互いが浮舟を隠して死んだことにしているのではと疑います。

 しかし浮舟が亡くなってしまったと知り、匂宮は正気を失い落ち込みます。薫は表面上は冷静でしたが、匂宮の前で初めて涙を流します。
 大君に続いて浮舟まで失った薫はふたりを亡くした宇治まで疎ましく思います。薫は浮舟を亡くした哀しみから抜け出せません。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 53 手習てならい 流れ着いた舟 

第五十三帖 手習(Chapter 53)第四話(episode 4)まで
 宇治で横川よかわ僧都そうずが身元不明の姫を助けます。僧都の妹尼いもうとあまが看病し保護しますが、なかなか容体が回復しないので僧都が祈祷をすると、姫には物の怪が憑りついていたようでした。正気を取り戻した姫は少しずつ身を投げようとしたあの夜の事を思い出します。やはりこの姫は浮舟だったようです。

 浮舟は現在の心境を和歌に詠みます。無意識に薫や匂宮のことも思い出しているようです。けれども二度と恋愛したくない浮舟は出家して俗世を捨てます。

episode 5. 浮舟を想う涙

【超訳】手習てならい 宇治十帖
 薫 27~28歳 匂宮におうのみや 28歳~29歳
 浮舟 22歳~23歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

女一の宮の病気は横川の僧都の祈祷のおかげもあって回復したの。横川の僧都は女一の宮のお母さんの明石中宮と話をしているときにふと宇治で拾った姫の話をするの。

 明石中宮さまも側に控えていた小宰相の君(薫と仲がいい女房)も、その姫はもしかして薫が宇治に匿っていた浮舟のことなんじゃないかって思うの。といってもまだ確証はないから薫には伝えられなかったんだけれどね。

小野では大尼君の孫の紀伊守きいのかみがやってきて妹尼と話しているんだけれど、話題が薫のことなの。今は薫の家来みたいで浮舟は動揺するの。
「宇治に通っている姫君がいらしたんだけど亡くなられて(大君のこと)、今度はまたその妹(浮舟)をそこに囲っていらしたんだけど、去年の春に亡くなられたんだ。昨日もね、宇治川のほとりで薫大将さまは泣いていらっしゃるんだ。それから家の柱にこんな歌を書いたんだ」

宇治川
宇治川

~ 見し人は 影もとまらぬ 水の上に 落ち添ふ涙 とどせきあへず ~

(姿も残さずにあのひとが身を投げたこの川に落ちる僕の涙も止まらないんだ)

「普段態度にお出しにならないけれど、その悲しんでいらっしゃる様子は女性ならどんなに惹かれるだろうなぁって思ったんだ」

あまり身分の高くない人にも薫は素晴らしいって思われているんだわって浮舟は思うの。妹尼は話を続けるの。

「でもお父様の光源氏(公には薫は光源氏の二男)の美貌には敵わないんじゃないの? それにしても源氏の一族は評判よね。まずは左大臣さま(夕霧)でしょう」

「そうですね。とてもご立派ですね。それから(源氏の孫の)兵部卿宮さまですね(匂宮)。女子だったらあの方にお仕えしたいと思うでしょうね」

紀伊守がそう言ったの。浮舟はそれらの話を小説の中の話のように聞いていたの。
 それから薫が浮舟の一周忌を行うことになったって紀伊守が言うの。そこでその法事に必要な装束を仕立てることになって、浮舟は自分の法事の支度を手伝うというなんとも奇妙な経験をするのね。それでも薫が自分を忘れずにいてくれたことを知って嬉しく思うんだけど、もう出家してしまった尼姿を絶対に見せないようにしないとって心に誓うの。

To be continued ✈✈✈

 薫が今も自分のことを想い、嘆き哀しみ、法事の準備をしてくれていることを浮舟はどう思ったのでしょうか。
 浮舟は自分の法事の準備の手伝いをすることになりました。浮舟自身も奇妙な体験だと思っていますね。

源氏物語によく見られる「いとあはれなり」
でもねぇ、あはれ、あはれってさぁ…… 

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 48 あはれ、あはれってさぁ……
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 見し人は 影もとまらぬ 水の上に 落ち添ふ涙 とどせきあへず ~

    薫が亡き浮舟を偲んで詠んだ歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。