//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 周りの思惑

2022-07-20chapter49第四十九帖,宇治,宇治十帖,宿木,大君,中の君,匂宮,,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 49.薫の想いと運命の姫君

    源氏物語 第四十九帖 宿木やどりぎ

episode 1. 周りの思惑

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十八帖 早蕨さわらび(Chapter 48)まで
  薫も中の君も大君を亡くした悲しみから立ち直ることができません。特に中の君は短期間に父と姉を亡くしており季節が移っても悲しみは癒えません。

 匂宮は宇治までの通い婚が困難なので中の君を自宅の二条院に迎えることにします。中の君は父と姉と暮らした宇治を離れたくありませんでしたが、匂宮は心づくしの支度をして中の君を二条院に迎えました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 49. 薫の想いと運命の女性
 episode 1. 周りの思惑

【超訳】宿木やどりぎ 宇治十帖
 薫 24~26歳 匂宮におうのみや 25~27歳
 中の君 24~26歳 中の君の義妹 19~21歳
 夕霧 50~52歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

今の帝には明石の中宮さまのほかに藤壺の女御という人(冷泉院のお母さんとは別人)がいて内親王がひとりいたんだけど、その姫君が裳着を迎えるまえに女御さまが亡くなってしまうのね。
 お母さんを亡くして後ろ盾のない内親王の将来を帝は心配するの。その昔、帝のお父さんの朱雀院が娘の女三宮の将来を心配して源氏と結婚させて薫という素晴らしい息子に恵まれて今もその薫に支えてもらいながら女三宮は不自由なく暮らしているから、自分の娘も結婚させるのがいいなって思うのね。そこで薫なら夫として理想的だと思ってなんとなく本人にほのめかすの。

 薫は恐れ多いんだけれど、帝からのお話だから断ることなんてできないの。けれども心の中ではまだ大君を想っているのよね。

このウワサを聞いた夕霧はやっぱり娘の六の君を薫と結婚させることはできないから匂宮しかいないと決心して明石の中宮(夕霧にとっては異母妹)に根回しを繰り返すの。そしてとうとう匂宮もこの縁談を受け入れることにするの。

三々九度

年が改まって、薫の婚約も匂宮の婚礼の準備もふたりの意思とは関係なく進められるの。匂宮はこの婚礼のことで中の君を悲しませたくなくて伝えていないんだけど、噂は中の君にも届いて落ち込んじゃうのよね。やっぱり宇治の山荘でひとりで生きていきたかったわって悔やむの。

 でもそんなときに中の君が妊娠するんだけど、それを匂宮に伝えようとはせず、匂宮も彼女の変化に気づかないの。

 六の君との結婚の日取りも決まるんだけど、匂宮は自分で中の君に知らせることができないの。でも世間中で知れ渡っているから中の君は外部からその日程を知ることになるんだけれど、どうして夫の匂宮が話してくれないの? って悲しく想っちゃうのよ。

中の君と結婚してからの匂宮は仕事と特別な用事以外はいつでも中の君のいる二条院にいてどこにも外泊なんてしていなかったの。けれどこれから六の君と結婚することになったら外泊(六の君は六条院に住んでる)することになるから少しずつ慣れてもらおうと匂宮は思ってわざと宮中で夜勤をしたりするんだけど、中の君にとってはそれだって寂しいことだったわよね。

To be continued ✈✈✈

 匂宮は中の君を悲しませたくなくて六の君との結婚の話ができないようです。
 匂宮と六の君の結婚が決まった時点で中の君が妊娠していなかったなら、中の君は宇治に帰りたかったかもしれませんね。
 当時の結婚は恋愛感情よりも政治的な意味合いが強く、家系を継ぐ世継ぎ問題もありました。
 現代の感覚ではなかなか理解できない「一夫多妻制」
 二条院に迎えられ「匂宮の奥さま」となった中の君ですが、結婚したあとも「夫の(他の人との)結婚」に悩まないといけないのですね。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。