//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 父に似ることなかれ

2022-07-20chapter36漢詩,白楽天,,第三十六帖,,女二宮,柏木,女三宮,出家,夕霧,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 36.想いを遺し恋に死す

    源氏物語 第三十六帖 柏木

episode 4. 父に似ることなかれ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十五帖 若菜下(三)(Chapter 35-3)まで
 女三宮と結婚できなかった柏木はいまだに根に持っているのですが、偶然彼女のすがたを見てしまい、恋心を抑えられなくなっています。ただこんな気持ちではいけないとも考えもし、心の葛藤が続いているようです。

 紫の上は女楽のあとに源氏に出家を願い出ます。けれども源氏は「俺を見捨てないで」と認めません。そんな折に紫の上が倒れてしまいます。源氏は必死に看病しますが回復しません。

 源氏が紫の上につきっきりで看護している隙に柏木は女三宮の元に忍び込み一線を越えてしまいます。何度か逢瀬を重ね女三宮は妊娠してしまい、源氏は柏木との密通の事実を知ります。柏木は源氏からの嫌味と圧力から寝たきりの病気になってしまいます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 36 柏木 想いを遺し恋に死す 

第三十六帖 柏木(Chapter 36)第三話(episode 3)まで
 女三宮の出家を知らされた柏木はますます衰弱していきます。
 見舞いに訪れた夕霧に柏木は「源氏とのいさかい」のとりなしと妻の女二宮のことを頼み、息をひきとります。女三宮も柏木の死の知らせに胸を痛めました。

episode 4. 父に似ることなかれ

【超訳】柏木
源氏 48歳 紫の上 40歳
女三宮おんなさんのみや 22歳 薫 1歳
夕霧 27歳 柏木 32歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

3月になり、薫はすくすくと育っているの。色が白く美しく、声を出して笑ったりして可愛らしいの。源氏は女三宮が出家したあとは毎日のように顔を出すの。母親の女三宮は出家して尼になっているけれども薫の五十日のお祝いをしてあげるの。源氏の子ではないという真実を知らない人たちから届くお祝いの品々を見て源氏は本当のことを言えず苦しむの。

女三宮は尼らしく鈍色の濃淡を重ねた衣装で、髪も普通の尼さまよりは少し長めにしてあってとても美しいんですって。
「キミが尼になっちゃうなんてね」
「それもホントの理由は俺をイヤになっちゃったからなんてね。もう愛してはくれないの?」
 源氏がそう言うの。
「もともと愛など持ち合わせていませんわ」
 女三宮の返事は冷めているわね。
「へぇ? 愛なら知ってるときもあったんじゃないの?」
 源氏はちらりとイヤミを言うの。

薫を抱き上げて顔を見るんだけど、夕霧の赤ちゃんの頃には似ていないの。でも明石女御の産んだ親王さまたちより気品があって美しいの。目元なんかはやっぱり柏木に似ているんですって。源氏は白楽天の漢詩を口ずさむの。

慎勿頑愚似汝爺つつしみてぐわんぐなんぢのちちににるなかれ

実の父に似るんじゃないよ、と願ったみたいね。

赤ちゃん

前太政大臣が柏木が子供を残してくれていたらよかったのに、と嘆いているのを知っているけれど、だからといってこの事実は伝えられるものではないわよね。優秀な若者だったのに自滅して死んでしまった柏木のことを源氏も残念に思いもするの。

「こんな可愛い子を残してよく出家なんかできたね」  源氏はそんな風に女三宮にイヤミを言うの。

~ だが世にか 種は蒔きしと 人問はば いかが岩根の 松は答へん ~

(誰が父親かって聞かれたら誰って答えたらいいんだろうね?)

そんな歌まで源氏は詠うけれど、女三宮は返事もできないでうち臥しちゃうの。
(あんま深く考えない子だからなぁ。でも何も感じないってワケでもないんだな)
 源氏はこう思っていたみたいね。

夕霧は柏木が亡くなる直前に言っていたことをずっと考えているの。女三宮が出家したのは産後の病が理由だって聞いているけれど、紫の上が危篤のときですら許さなかった出家をどうして源氏は許したんだろう。やっぱり柏木と女三宮のあいだによくないことがあったんじゃないのかって。

 前から柏木が女三宮のことを好きだったことは夕霧も知っているし、柏木は普段は冷静だけど思い詰めたら感情にもろいところがあったしなと思い返すの。

 けれども、どんなに好きでも許されない恋は相手にも気の毒だし、ましてや自分の命を落としてしまったんだからやっぱりいけないことだったんだよ、と夕霧は思うのね。柏木に頼まれたことも源氏に伝えることができていないから、チャンスがあれば話をしないとって思っているの。

To be continued ✈✈✈

 「愛なら知っている頃もあったんじゃないの?」
 「よく出家なんてできたね」
 「父親は誰って答えたらいいんだろうね?」
 源氏のイヤミがとまりません。

 そもそも女房の小侍従に裏切られて柏木に襲われたのに、まるで柏木と想いあって愛し合っていたかのような疑われようです。
 「若い男に妻を寝取られた」
 天下の光る源氏としてのプライドがこの事実を受け入れられないのでしょうか。

🖌Genji Waka Collection

~ だが世にか 種は蒔きしと 人問はば いかが岩根の 松は答へん ~

六条院(源氏)が女三宮の前で読んだイヤミな歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。