//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 匂宮と六の君の結婚

2022-07-20chapter49六の君,第四十九帖,宇治,宇治十帖,宿木,中の君,八の宮,匂宮,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 49.薫の想いと運命の姫君

    源氏物語 第四十九帖 宿木やどりぎ

episode 3. 匂宮と六の君の結婚

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十八帖 早蕨さわらび(Chapter 48)まで
  薫も中の君も大君を亡くした悲しみから立ち直ることができません。特に中の君は短期間に父と姉を亡くしており季節が移っても悲しみは癒えません。

 匂宮は宇治までの通い婚が困難なので中の君を自宅の二条院に迎えることにします。中の君は父と姉と暮らした宇治を離れたくありませんでしたが、匂宮は心づくしの支度をして中の君を二条院に迎えました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 49 宿木やどりぎ 薫の想いと運命の姫君 

第四十九帖 宿木やどりぎ(Chapter 49)第二話(episode 2)まで
 帝は内親王の縁談を薫に持ち掛けます。夕霧は娘の六の君と匂宮を結婚させたいので明石の中宮に頼み込み匂宮も結婚を承諾します。中の君を悲しませたくない匂宮は六の君との婚約を中の君に話すことができません。中の君は夫から話してもらえず落ち込んでしまいます。

 落ち込んでいる中の君を薫が訪ねます。「キミと結婚すればよかった」などと薫は和歌に詠みますが、中の君はかわします。結局ふたりは大君が恋しいと話をします。

episode 3. 匂宮と六の君の結婚

【超訳】宿木やどりぎ 宇治十帖
 薫 24~26歳 匂宮におうのみや 25~27歳
 中の君 24~26歳 中の君の義妹 19~21歳
 夕霧 50~52歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

匂宮の婚礼の日になったんだけれど、今日が六の君との結婚の日だって中の君に打ち明けられないの。匂宮はこの結婚に気が進まなくて、自宅の二条院中の君のところから離れたくないんだけれどそうもいかず夕霧邸六条院に向かうの。つまらない女の子ならテキトーにあしらってしまおうと思っていた匂宮だったんだけれど、六の君は想像以上に美しくて素晴らしい姫君だったの。
 中の君のことはもちろん大切に想っているんだけれど、六の君には匂宮を惹きつける魅力があるんですって。

中の君はやっぱり悲しくて匂宮が出かけたあと、ひとりで寝るときに涙で枕を濡らしてしまうの。
 翌朝二条院に帰ってきた匂宮は中の君のご機嫌をとろうとするんだけれど、匂宮が新婦の六の君に興味を持ったらしいことを中の君は察してしまってまた落ち込むのよね。

 高貴な身分の人には複数の奥さんがいるのは珍しくないし、小説でもひとりの夫に奥さんがふたりという状況でどうしてそんなに女子は苦しい想いをするのかしらって共感できないでいた中の君だったんだけれど、自分がその立場になると本当に心が痛くて苦しいことなんだわって痛感したみたい。

一方、六の君新婦のところへ3日間通った匂宮は夕霧左大臣家の婿として迎えられ盛大な披露宴が行われたの。

結婚イメージ

To be continued ✈✈✈

 六の君は夕霧と藤典侍の娘です。藤典侍が御所での仕事があるので、再婚した女二宮が母親代わりとなり、六条院で育てられました。夕霧も娘たちの中でも特に美しくよくできた姫だと言っていました。
 形式上の結婚でチャチャッと中の君の待つ二条院自宅に戻るつもりだった匂宮ですが、六の君の魅力にも惹かれてしまったようです。
 女性に惚れっぽい性格は息子の夕霧より孫の匂宮に隔世遺伝したのでしょうか?

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。