//CSS rules to specify families //CSS //JS

Chapter 32 梅枝

2022-02-25part1-4第三十二帖,梅枝,雲居の雁,明石の姫君,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部

  • genji_spring

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 32 すれ違うふたり 梅枝うめがえ

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • genji_summer
    genji_summer

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 32 すれ違うふたり 梅枝うめがえ

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • sample
    sample

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 32 すれ違うふたり 梅枝うめがえ

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • sample
    sample

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 32 すれ違うふたり 梅枝うめがえ

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

Welcome to SenmojiGenji World!!

お気楽お気軽源氏物語ワールドにようこそ!!
「1000文字源氏物語」倶楽部の管理人のりらです。

本章は 源氏物語 第三十二帖梅枝うめがえです。

table of contents for this chapter

【超訳】1日1000文字源氏物語 

【超訳】梅枝うめがえ
 源氏 39歳 紫の上 31歳
 明石の御方 30歳 明石の姫君 11歳
 夕霧 18歳 雲居の雁 20歳

 源氏の娘の明石の姫君が裳着(成人式)を迎え、東宮に入内する(皇太子妃になる)ことが決まります。源氏も紫の上も心づくしの結婚準備をします。

  息子の夕霧は初恋の君の雲居の雁との結婚話が進展しないので、源氏は別の縁談を持ち掛けますが夕霧はそれも断ります。

  「今も君が忘れられない」と夕霧は雲居の雁に歌を贈りますが、縁談のウワサを聞いてしまった雲居の雁は夕霧のことが信じられず、ふたりの想いがすれ違ってしまいます。

Chapter 32. すれ違うふたり   梅枝うめがえ

源氏物語ワールドに いってらっしゃい ✈✈✈

bon voyage!!

千年前のわたしたちの国の物語
楽しんでいただけたら嬉しいです。

あらすじだけを追うかたはこちらへどうぞ

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。