//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 6. 紫の上倒れる

2022-07-20chapter35-2第三十五帖,若菜下,出家,紫の上,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 35-2.春の演奏会とある願い

    源氏物語 第三十五帖 若菜下(二)

episode 6. 紫の上倒れる

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十五帖 若菜下(一)(Chapter 35-1)まで
  源氏が朱雀院の内親王である女三宮と結婚し、朧月夜と復縁したので、紫の上は深く傷つき絶望を覚えます。
 冷泉帝は譲位して明石女御の夫が帝位に就き、若宮が東宮となり明石一族の願は果たされます。
 また女三宮と結婚できなかった柏木はいまだに根に持っているのですが、偶然彼女のすがたを見てしまい、恋心を抑えられなくなっています。ただこんな気持ちではいけないとも考えもし、心の葛藤が続いているようです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 35-2 若菜下(二) 春の演奏会とある願い 

第三十五帖 若菜下(二)(Chapter 35-2)第二話(episode 5)まで
 朱雀院の50歳の誕生日パーティーのリハーサルを行うために、源氏は六条院で女君たちを集めて女楽というホームコンサートを企画しました。夕霧は憧れの紫の上の和琴の演奏を絶賛します。
 その紫の上は女楽の翌日に源氏に「出家したい」と願い出ますが、源氏は認めてくれません。

episode 6. 紫の上倒れる

【超訳】若菜下(二)
源氏 47歳 紫の上 39歳
女三宮おんなさんのみや 21歳
明石御方あかしのおんかた 38歳 明石女御あかしのにょうご 19歳
夕霧 26歳 柏木 30歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

それから紫の上が一番素晴らしいんだと強調するために他の女子を引き合いに出すの。葵の上(夕霧のお母さん)も欠点のない奥さんだったけれど賢すぎてちょっと面倒だった。六条御息所(セレブ未亡人)も才色兼備だったけど息苦しかったとかね。
 明石の御方のことも表面上は従順だけどどこか身構えてしまうなんて源氏は言うの。以前は嫉妬していた彼女とも和解して、仲良くしてくれるキミの真似をできる人なんて他にはいないよ、立派すぎるよって源氏は紫の上のことを称えるの。

その夜、源氏が女三宮のところに泊まっているときに、ひとりで寝ていた紫の上は急に胸が苦しくなるの。源氏もつきっきりで看病して、僧も呼んでいくつも祈祷をさせるんだけどちっとも良くならないの。源氏はもう他のことに気が回らない状態なので2月に予定していた朱雀院の50歳のお祝いも延期するの。
 そして2月も過ぎたんだけど、紫の上の病状はよくならないの。だったら環境を変えてみようということで、紫の上を二条院に移すのよ。
 夕霧ももちろん紫の上のことを心配していて、自身でも紫の上の病気が治るように祈祷をさせているの。

「前からお願いしている出家をどうして許してくれないの?」
 紫の上は源氏にこう言うの。
「生きていて離れ離れになるなんて死んで別れることより俺にはツライことなんだ」
「キミが出家したら俺は生きていけない」
「キミが寂しく思うだろうからって俺は出家を思いとどまってるのに、キミは俺を見捨てるの?」
 こんなことばかり源氏が言って出家をさせてあげないのがいけないのか、紫の上の病状はどんどん悪くなっていくの。

当然源氏は女三宮のところには通わなくなるの。楽器などもしまいこまれて六条院は灯りが消えたみたいに寂しくなってしまい、六条院の真の華は紫の上だったってみんな思い知るのよね。 

明石女御も紫の上を心配して二条院に看護にいらっしゃるの。
「あなたはご懐妊中なのだから病室に来てはいけないわよ」
「女御様のお子様たちが大きくなられるのを見られないのが悲しいわ。きっとわたくしのことをお忘れになってしまうわね」
 紫の上がこんなことを言うので明石女御は悲しくなっちゃうの。

源氏も加持祈祷の僧たちに紫の上が素晴らしい人であることや罪がないことを神仏に伝えてほしいと必死に訴えていて、その心痛のひどさったらないの。紫の上はたまに体調がよくてもまた具合が悪くなり衰弱していくの。
「このまま助からないのか」
 ひたすら嘆く源氏。もう紫の上の看病のことしか頭にないみたいね。 

祈祷
加持祈祷

第三十五帖 若菜下(二)

Chapter 35-2 春の演奏会とある願い
 episode 1. 豪華なホームパーティー
 episode 2. 紫の上の願い
 episode 3. 紫の上倒れる

To be continued ✈✈✈

 紫の上が倒れてしまいました。心労がたたったのでしょうか。源氏は必死で紫の上の看病をします。

 紫の上が願う出家を源氏はどうしても認めたくありません。
 紫の上は37歳。女の厄年と言われている歳です。
 実は藤壺の宮さまが亡くなった歳でもあるのです……。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。