//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 強行突破! 既成事実?!

2022-07-22chapter6障子越し,太夫の命婦,宮家の姫,第六帖,末摘花,源氏物語,紫式部,超訳,頭中将

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 6.雪の朝の衝撃

    源氏物語 第六帖 末摘花すえつむはな

episode 1. 強行突破? 既成事実?!

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五帖 若紫(Chapter 5)まで
 源氏は母が亡くなったあとに入内した藤壺の女御へ秘めた思いを抱いていましたが、とうとう一線を越えてしまい藤壺の女御は妊娠してしまいます。表向きは桐壺帝の子を身ごもっていることになっています。

 そんな頃、藤壺の女御によく似た紫の君を自宅の二条院で引き取り一緒に暮らし始めます。彼女は藤壺の女御の姪でした。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 6 末摘花すえつむはな 雪の朝の衝撃

第六帖 末摘花(Chapter 6)第一話(episode 1)まで
 源氏は幼なじみから都でウワサになっている姫の話を聞いて興味を持ち、アプローチしようとします。

episode2. 強行突破! 既成事実?!

第六帖【末摘花すえつむはな
 源氏 18~19歳 紫の君 10~11歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

ふと宮家の庭を見ると人影があるのね。誰かと思えば頭中将とうのちゅうじょう。源氏がどんな女子と遊んでいるのか、つけてきたんですって。

「浮気現場、押さえたぜ」
 頭中将は一大スクープを取ったかのようなドヤ顔なの。
「何してんの? おまえ」
 源氏は相手が親友の頭中将だったから怒るどころかおかしくなってしまうの。

 結局ふたりは頭中将の実家の左大臣家に行くことにしたの。源氏の正妻の葵の上は頭中将の妹だから、ふたりは義理の兄弟でもあったのね。

左大臣家でも葵の上のところではなく、頭中将とついつい話しこむ源氏。話題はもちろんさっきのお屋敷のお姫様のこと。干渉する親兄弟がいなくて荒れていくお屋敷に住んでいる可憐なお姫さま、そんなお嬢さんを恋人にできたらいいよな。

(やばいじゃん、頭中将もあの姫を狙ってんのかよ、早くしないと……)
 頭中将も頭中将で、これだけモテる源氏がここまで入れ込んでるなんて絶対にいいオンナだとばかりにラブレターを出し始めたの。

「ちょっとさ、文なんか送ってみたんだけどさ、もったいつけて返事が来ないんだよ。オマエんとこは?」
 なんて頭中将が源氏に聞いてきたの。やっぱりコイツも狙ってんのかと源氏はニンマリするの。
「本命じゃねぇしな、返事来たんだかどうだか覚えてねぇわ」
 そんな風にはぐらかして頭中将をけん制したの。

宮中の2大アイドル、光源氏と頭中将から文が届くという有り得ない状況に姫本人はもちろん、大輔の命婦すらビックリ。でも極度の恥ずかしがりで姫はどちらにも返事を出さなかったの。

「なあ、1回も返事がねぇんだよ。俺のコト警戒してんじゃねぇの?」
 いつになっても姫から返事をもらえない源氏は大輔たゆう命婦みょうぶにそう愚痴るの。
「あなたには釣り合わないかもしれないわよ。ちょっとないくらいおとなしい方だから」
 大輔の命婦がそう牽制するの。
「おっとりしてるんだろ? カワイイじゃん。俺そういうコも好きだぜ?」
 もう何が何でも源氏はその姫に会いたいのよね。

頭中将には取られたくないし、焦った源氏は大輔の命婦を説得して会わせてもらえるよう段どってもらうの。
「絶対お部屋には入らないでくださいね。障子越しですからね」
「オッケー、オッケー。わーってるよ」
 源氏の性格をよく知っている大輔の命婦が何度も何度も念を押して屋敷へと連れて行ったの。

障子越しに源氏は会えて嬉しいとか、今までずっと会いたかったんだとかいつも通りに口説くんだけど、まったくレスポンスがないの。
「ちょ、ホントにそこにいる?」
 そんなことを言いながら結局源氏は大輔の命婦との約束を破って姫の部屋の中に入っちゃったの。

障子越し
障子越しのはずが

To be continued ✈✈✈

 仕事上でもライバルの頭中将もこの姫を狙ってんのかよ!
 と源氏は焦ります。とにかく早いもん勝ちだぜとばかりに姫のお部屋に入ってしまいました。大輔の命婦との約束破っちゃった……。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。