//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 5. 梅壺女御は秋がお好き

2022-07-21chapter19薄雲,第十九帖,梅壺女御,秋好,藤壺の宮,紫の上,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 19.永遠の人

    源氏物語 第十九帖 薄雲

episode 5. 梅壺女御は秋がお好き

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十八帖 松風(Chapter 18)まで 第十八帖(Chapter18)まで
 明石の君が3歳になった姫君とともに京に上ってきました。
 今は都の郊外の大堰に滞在しており、源氏とも3年ぶりの再会を果たします。

 初めて会った姫君も可愛らしく、彼女の将来を考えて、源氏は(明石の君より身分の高い)紫の上に養母になってもらおうと考えます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 19 薄雲 永遠の人 

第十九帖 薄雲(Chapter 19)第四話(episode 4)まで
 明石の君は源氏の提案通り姫君を養女として紫の上に預けます。紫の上は自身の子でない姫君を愛情豊かに育てます。
 桐壺院の妃である女院(藤壺の宮)が亡くなりました。女院の死後、冷泉帝は自身の出生の真実を知らされます。臣下である源氏の子の自分が帝位に就いていることに戸惑い恐れますが、誰にもその悩みを打ち明けられません。

episode 5. 梅壺女御は秋がお好き

第十九帖【薄雲】
 源氏 31~32歳 紫の上 23歳~24歳
 女院(藤壺の宮) 36~37歳
 冷泉帝 13歳~14歳
 明石の君 22~23歳 明石の姫君 3~4歳
 梅壺女御 22~23歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

秋になって、冷泉帝のお妃の梅壺女御が親代わりの源氏の二条院に里帰りしてきたの。今年は亡くなられた方が多いから源氏は鈍色にびいろ直衣のうしを着て喪に服しているの。そして誰にも見えないように数珠を袖の中に隠し持っているの。女院のことを想ってのことみたいね。

 源氏は梅壺のお母さんで恋人だった六条御息所につらい想いをさせた罪滅ぼしもあって梅壺の面倒をみているんだけれど、やっぱり女性としても梅壺のことが好きなのかもって彼女にほのめかすの。けれどさすがに梅壺が呆れかえって困っちゃったみたい。

そんな梅壺のリアクションにもうややこしい恋愛はやめておこう、恋してはいけない人に恋することは良くないことだって自分で自分の気持ちを押さえようとしたみたい。

話をそらして、女御さまは春と秋ではどちらが好きかなんて話をはじめるの。すると梅壺女御はお母さんの六条御息所が亡くなった秋が特別心に沁みますって答えるの。

あはれなる秋
あはれなる秋

西の対にもどってきて源氏は紫の上にあなたは春が好きだと言っていたねと話をするの。あなたたちの好きな季節の花や木を集めてあげたいねと源氏は思いながらも、そろそろ出家のことも考えないといけないのかもな、でもあなたたちがいるしね、すぐにはムリなんだろうななんて考えるようになったの。

第十九帖 薄雲

Chapter19 永遠の人
 episode1. 姫君との別れ
 episode2. 明石の姫君と紫の上
 episode3. 女院の死
 episode4. 衝撃の真実
 episode5. 梅壺女御は秋がお好き

To be continued ✈✈✈

 いろいろな人の展開の多い巻でしたね。今回のエピソードで梅壺女御さまが「秋が好き」と答えたので「秋好あきこのむ」と呼ばれるようになります。
「暑い夏と寒い冬、どっちがいい?」なんて聞いたり聞かれたことはありませんか? 源氏は「花咲く春と色づく秋、どちらが好きですか?」と尋ねました。この「春と秋どっちが好き?」エピソードは少しあとでまた出てきます。覚えていてくださいね。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。