//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 11. 明石女御の出産

2022-07-20chapter34-3第三十四帖,若菜上,明石女御,明石御方,明石尼君,明石の姫君,明石入道,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 34-3.慶びの春と忍び寄る影

    源氏物語 第三十四帖 若菜上(三)

episode 11. 明石女御あかしのにょうごの出産

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十四帖 若菜上(二)(Chapter 34-2)まで
  源氏の兄である朱雀院は出家の準備を始めますが、内親王(娘)の女三宮は母親を亡くしており後ろ盾がないので将来を心配しています。

 朱雀院は誰かに嫁がせようと考え、源氏に結婚を打診します。源氏は最初は固辞しますが、女三宮が藤壺の宮と血のつながりがあることに気づき結婚を了承してしまいます。この結婚によって紫の上は絶望を味わいます。降嫁してきた女三宮は幼いばかりの姫宮で源氏は早くも結婚を後悔します。

 朱雀院の出家により妃であった朧月夜は実家に戻り、源氏は逢いに行きふたりは復縁します。ただでさえ女三宮との結婚で絶望していた紫の上は源氏からこのことを聞き泣いてしまいます。
 源氏は女三宮が幼いばかりの姫宮だったので、今まで以上に紫の上の素晴らしさに感じ入ります。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 34-3 若菜上(三) 慶びの春と忍び寄る影 

第三十四帖 若菜上(三)(Chapter 34-3)第一話(episode 10) まで
 実家である六条院に里帰りしている明石女御あかしのにょうごの出産が近づいていますが具合がよくないようです。源氏は陰陽師のアドバイスに従い明石女御を春の御殿から冬の御殿に移します。冬の御殿にいる明石御方の母の明石尼君はとても喜び、明石女御に実の母が明石御方だと話しました。

episode 11. 明石女御の出産

【超訳】若菜上(三)
源氏 41歳 紫の上 33歳
女三宮おんなさんのみや 15歳
明石女御あかしのにょうご 13歳
柏木 25歳 夕霧 20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

そこへ明石の御方もやってきて、尼君が女御さまに真実を話してしまったと知るの。臨月で体調も思わしくないときに精神的にも不安定になってしまうんじゃないかって明石御方は心配するの。

~ 老いの波 かひある浦に 立ちいでて しほたるるあまを たれか咎めん ~

(こんな日がくるなんて長生きしていてよかったわって嬉し泣きしているわたしを怒ったりしないでね)

嬉しくて話しちゃったのよ、と尼君はこんな歌を詠んで泣いているの。

~ しほたるる あまを波路の しるべにて 尋ねも見ばや 浜の苫屋とまやを ~

(おばあさまに案内していただいて生まれた浜辺に行ってみたいわ)

明石女御はこんな歌を詠うの。すると明石の御方も

~ 世を捨てて 明石の浦に 住む人も 心の闇は 晴るけしもせじ ~

(今も明石にいるおじいさまのわたくしたちを思うお心はまだ晴れないでしょうね)

明石で勤行をしている明石入道のことを歌に詠んだのよね。

3月に女御さまは若君を無事出産。出産後は女御さまと若宮は春の御殿に移動してしまうの。紫の上は赤ちゃんのお世話が嬉しくてならないみたい。明石の御方も女御さまの実の母親ってみんなには知られているけれど出しゃばったりしないで周りを気遣うから、みんな明石の御方を褒めるのね。宮中からもお祝いの品が届いて祝福ムードでいっぱいの六条院。もちろん源氏も大喜び。

赤ちゃん

紫の上は子供好きで若宮の面倒を見てあげて、明石の御方も紫の上を尊重しながら自分のすべきことをしていて、ふたりはとても仲良くしているの。以前は明石の御方に嫉妬したこともあったけれど、今は友情で結ばれているようなふたりのようね。明石尼君だけは女御さまと若宮さまが冬の御殿からいなくなってしまってがっかりしちゃったみたいね。

To be continued ✈✈✈

 明石の尼君に明石の御方と明石の女御さま、母子3世代の対面でしたね。明石尼君も女御さまが幼いころに離れてしまい久しぶりの再会となりました。  せっかく同じ冬の御殿で過ごせたけれど、赤ちゃんが生まれたら女御さまと若宮さまは春の御殿に行ってしまいました。祖母の明石尼君が寂しがるのは当然ですよね。

🖌Genji Waka Collection

~ 老いの波 かひある浦に 立ちいでて しほたるるあまを たれか咎めん ~

孫娘との再会を喜んだ明石尼君が詠んだ歌

~ しほたるる あまを波路の しるべにて 尋ねも見ばや 浜の苫屋とまやを ~

真実を知った明石女御が明石のことを想って詠んだ歌

~ 世を捨てて 明石の浦に 住む人も 心の闇は 晴るけしもせじ ~

尼君(母)が女御さま(娘)に話したいきさつを知った明石御方が詠んだ歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。