//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 匂宮との遭遇

2022-07-20chapter50第五十帖,宇治,宇治十帖,東屋,中の君,匂宮,,和歌一覧,和歌,浮舟,二条院,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 50.翻弄される舟

    源氏物語 第五十帖 東屋

episode 3. 匂宮との遭遇そうぐう

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十九帖 宿木やどりぎ(Chapter 49)まで
  周りの思惑で薫は帝の内親王と婚約、結婚することになります。けれどもいまだに大君を想っており、妹の中の君と自分が結婚すればよかったとも思っています。
 匂宮も夕霧の娘の六の君と結婚します。形式的な結婚のつもりでしたが、六の君の美しさ、素晴らしさに匂宮は魅了されます。

 匂宮の結婚に落ち込んでいる中の君を薫が訪ねて口説こうとしますが、中の君が妊娠中なので思いとどまります。帰宅した匂宮はふたりの仲を疑いますが、中の君は泣いて身の潔白を訴えます。

 中の君は薫の気をそらそうとある姫の話をします。その姫は大君と中の君の異母妹でした。宇治で偶然姫を見かけた薫はあまりに大君と似ていたので「運命の姫だ」と感じ入ります。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 50 東屋 翻弄される舟 

第五十帖 東屋(Chapter 50)第二話(episode 2)まで
  薫は宇治で見かけた大君の異母妹を「世話したい」とアプローチしますが、身分格差があるため姫も姫の母親も本気にしていないようです。
 姫(浮舟)はある事情で中の君の二条院に滞在することになります。 浮舟の母親は匂宮と薫の麗しさ、美しさに驚愕します。

episode 3. 匂宮との遭遇

【超訳】東屋 宇治十帖
 薫 26歳 匂宮におうのみや 27歳
 中の君 26歳 中の君の異母妹(浮舟) 21歳
 夕霧 52歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

薫は匂宮が中宮さまのところに出かけたのを知っていて中の君に会いに来たみたいなの。薫はまた中の君を想っているだなんて話しはじめようとするから、中の君は浮舟が今この邸内にいることを教えてあげるの。

~ 見し人の かたしろならば 身に添へて 恋しき瀬々の なでもにせん ~

(亡き大君の身代わりになってくれるのなら、いつもそばに置いておきたいな)

そんな歌は詠んだけれど薫は動揺してしまって、浮舟に会おうとはしないで伝言だけ頼んでその日は帰って行くの。中将の君浮舟ママは薫のことを立派で娘のお婿さんとして理想的だわって思うの。
 中の君も中将の君に薫には正室がいらっしゃるけれど、とても誠実で信頼できるから浮舟を託してみたらどうかしらって話をするの。

桜

中将の君の夫の常陸の守が早く戻るようにと二条院に迎えをよこしてきて、浮舟を残して中将の君だけが自宅に戻ることになるの。その見慣れない牛車を見た匂宮は中の君が浮気をしているのかと勘違いするの。その追及を中の君はかわしだのだけど、別の事件が起きてしまうの。
 匂宮が浮舟を偶然見つけてしまうの。衣装も綺麗だからきっといい家からやってきた新しい女房だと匂宮は勘違いしたみたい。

「キミは誰? なんていう名前なの?」
 突然男性から話しかけられた浮舟は怖くなっちゃうの。しかも、この人が前から話だけ聞いていた薫なんじゃないかって思っちゃったみたい。
「名前を教えてくれないんならキミを離さないからね?」
 匂宮は部屋に連れ込もうとするんだけれど、浮舟の乳母が断固阻止するの。中の君の女房もやってきて匂宮を牽制したのでその日は何も起きなかったけれど、匂宮は浮舟のことが気になって仕方ないのよ。女房からこのことを聞いた中の君も夫の惚れっぽさに呆れながら、浮舟は怖い思いをしただろうと同情するの。

そこに明石中宮さまの容体が悪くなったとのお使いがきたので、匂宮は仕方なく御所へと向かうんだけど、まだ名前も知らない浮舟かわいいオンナノコにものすごく惹かれちゃったのね。

To be continued ✈✈✈

 中の君は薫と浮舟の仲をとりもってあげようとしますが、匂宮は自宅に中の君の異母妹が滞在していることを知りません。薫は中の君から「お話していた姫君がここにいますよ」とアシストしてもらっているのに歌だけ詠んで彼女には逢わずに帰ってしまいました。そして事情を知らない匂宮が彼女を見つけてしまいます。一目見て気に入った匂宮でしたが、乳母たちに一線を越えることを阻止されました。
 すぐに行動しない薫と対照的ですね。
 ただこの姫が誰なのかわかっていません。大きいお屋敷ですから来客や従者すべてを認識していないのかもしれません。中の君のお客として滞在している浮舟のことも匂宮は知りません。

🖌Genji Waka Collection

~ 見し人の かたしろならば 身に添へて 恋しき瀬々の なでもにせん ~

同じ屋敷に浮舟がいると知り薫が詠んだ歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。