//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 7. 柏木の暴走

2022-07-20chapter35-3第三十五帖,若菜下,柏木,女三宮,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 35-3.吹き荒れる嵐の六条院

    源氏物語 第三十五帖 若菜下(三)

episode 7. 柏木の暴走

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十五帖 若菜下(二)(Chapter 35-2)まで
  源氏が朱雀院の内親王である女三宮と結婚し、朧月夜と復縁したので、紫の上は深く傷つき絶望を覚えます。
 また女三宮と結婚できなかった柏木はいまだに根に持っているのですが、偶然彼女のすがたを見てしまい、恋心を抑えられなくなっています。ただこんな気持ちではいけないとも考えもし、心の葛藤が続いているようです。

 源氏は朱雀院の50歳の誕生日を女三宮に祝わせてあげようと企画しますが、朱雀院が女三宮の琴を楽しみにしていると聞き、特訓します。朱雀院の御前での本番の前に六条院でリハーサルを行うことにして、紫の上、明石御方、明石女御なども参加して女楽を催します。夕霧も参加して憧れの紫の上の琴の演奏に聴き惚れます。

 紫の上は女楽のあとに源氏に出家を願い出ます。けれども源氏は「俺を見捨てないで」と認めません。他の女性を引き合いに出していかに紫の上が素晴らしいか伝えます。そんな折に紫の上が倒れてしまいます。源氏は必死に看病しますが回復しません。朱雀院の御賀(お祝い)も延期になってしまいます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 35-3. 吹き荒れる嵐の六条院
 episode 7. 柏木の暴走

【超訳】若菜下(三)
源氏 47歳 紫の上 39歳
女三宮おんなさんのみや 21歳
明石御方あかしのおんかた 38歳 明石女御あかしのにょうご 19歳
夕霧 26歳 柏木 30歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

柏木は女三宮と結婚できなかったかわりに朱雀院の娘の女二宮と結婚するの。女二宮は女三宮とは違うお母さんで身分の高くない更衣(女御の下の位)だったのね。けれどもやっぱり女三宮を忘れられなくていまだに小侍従に仲を取り持って欲しいって頼んでいるみたいなの。

「知ってる? 今頃になって朱雀院さまは女三宮さまが幸せじゃないらしいから僕と結婚した女二宮さまの方がよかったって言ってるんだよ」
 なんて愚痴を柏木は小侍従にこぼすの。
「今はまあまあのご身分ですけれど、あの頃はとても女三宮さまにつりあわなかったでしょうに」
 小侍従は冷静に受け答えるの。
「もう昔のことはいいよ。それより今六条院は(紫の上さまが二条院に移っていて)人が少ないだろ? このチャンスに僕の気持ちだけでも女三宮さまに伝えさせてくれない?」
 柏木はそんなことまで言ってきたの。

小侍従は冗談じゃないと最初は断ったんだけど、あんまりにも柏木がしつこくて、小侍従も少し考えなしだったから、賀茂祭で人が出払っている日に女三宮と会わせてあげることにしちゃうのよ。

絶対に失礼なことをしないで告白をするだけって約束を小侍従としたのに、いざ女三宮と対面すると柏木は舞い上がっちゃうの。女三宮は最初は源氏が来たのかと思うんだけど、その男が時々手紙ラブレターを送ってくる柏木だってわかって怖くなってしまうの。ずっと好きだったとか今でも諦められないとかくどくどと柏木は女三宮に自分の気持ちを伝えるの。女三宮は身分が高いから気位が高いだろうって想像してたんだけど、あまりに可憐で美しかったから柏木は欲望を抑えられなくなっちゃってそのまま一線を越えてしまうのよ。

ピンクの小菊

To be continued ✈✈✈

 とうとう柏木が禁を犯してしまいました。
 男子の「恋しい気持ち」のみを優先して一線をこえてしまいました。
 玉鬘と髭黒のときと同じパターンです。
 玉鬘は独身ですが、女三宮は源氏の正室です。
 『よっぽど好きなんだね』ではすまされません。

 柏木の暴走はことあとどう展開するのでしょう……。

源氏物語の特徴 物語のリフレイン
設定や人物を代えて同じ事象が繰り返されます。

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 30 略奪のリフレイン
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。