//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. コレクション対決!

2022-07-21chapter17新弘徽殿女御,梅壺女御,第十七帖,絵合,秋好,冷泉帝,絵巻物,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳,頭中将

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 17.世界にひとつだけの

    源氏物語 第十七帖 絵合えあわせ

episode 3. コレクション対決!

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十六帖 関屋(Chapter 16)まで
 京に戻った源氏は復職し、朱雀帝が譲位して冷泉帝が即位します。
 謹慎生活中に出会った明石の君は姫君を出産します。

 若いころに一夜だけ共に過ごした空蝉と逢坂の関ですれ違います。お互い今も想っていますが、文をやりとりするだけにとどめます。しばらくして空蝉の夫が亡くなり、彼女は出家しました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 17 絵合えあわせ 世界にひとつだけの 

第十七帖 絵合(Chapter 17)第二話(episode 2)まで
 六条御息所の娘が冷泉帝に入内して、梅壺女御と呼ばれるようになります。頭中将の娘も新弘徽殿女御として入内しています。絵が趣味の冷泉帝の興味をひこうと源氏や頭中将は絵巻物を探し始めます。

episode 3. コレクション対決!

第十七帖【絵合えあわせ
 源氏 31歳 紫の上 23歳
 女院(藤壺の宮) 36歳 冷泉帝 13歳
 秋好あきこのむ(梅壺女御) 22歳 
 新弘徽殿女御 14歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

権中納言は現代風の、源氏は古風アンティークの絵を揃えていて宮中でも話題になるの。
 そんな噂は女院(藤壺の宮)のところにも届いていて、女房たちを二組にわけて絵の評論合戦をする遊びをしたの。それを聞いた源氏は冷泉帝の前でも同じことをして勝負をしようと思いつくの

いよいよコレクション対決の日、源氏の梅壺女御チームと権中納言の新弘徽殿女御チームに分かれるの。梅壺チームは赤を主体の衣装で、弘徽殿チームは青を主体にした衣装で揃えたの。審判は源氏の異母弟の蛍兵部卿宮がすることになったの。それぞれの女房が自分のチームの絵のいいところを言い合うの。ディベート合戦ね。お互いの絵がそれぞれに見事でなかなか勝敗がつかないの。そんなときは御簾の奥からご覧になっている女院(藤壺の宮)さまがさりげなく梅壺チームの見方をするの。

絵合
絵合わせ

そうしてすっかり夜になってしまってお互い最後の絵を見せるの。梅壺チームはあの源氏の描いた須磨の絵を出したの。今は政界でも出世して成功している源氏だけれどこんな寂しいところで苦労していた時期もあったんだなってみんなが涙を流して感動したの。結局この絵で勝敗がついたの。後宮の女御さまたちの争いっていうとドロドロしたものになりがちだけれど、この素敵な絵の対決はしばらく伝説のように語られたんですって。勝ちの決め手になった須磨の絵は源氏が女院に献上したのよね。

絵の勝負には負けた権中納言は冷泉帝の中宮の座も梅壺にとられるんじゃないかって焦るの。でも普段は冷泉帝と娘の新弘徽殿女御は仲良しだし、まぁ大丈夫かって安心もするの。

一方の源氏は自分の成功を喜びながらもそろそろ出家して仏道修行でもしないとな、なんて思い始めて郊外に御堂みどうを造り始めるの。でも子供達の行く末も気にはなるし、すぐに出家、というわけにはいかないんだけれどね。

第十七帖 絵合

Chapter17 世界にひとつだけの
 episode1. 秋好の入内
 episode2. 源氏 VS 頭中将
 episode3. コレクション対決!

To be continued ✈✈✈

 見た目は優雅な絵の論評会でしたが、源氏と権中納言はこれから始まるであろう中宮(皇后)争いを意識していますね。
 桐壺帝の中宮は冷泉帝のお母さんの藤壺の宮でしたね。冷泉帝は誰を中宮に選ぶのでしょうね。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。