//CSS rules to specify families //CSS //JS <title>明石の姫君と紫の上(薄雲2)【超訳】1日1000文字源氏物語♫ お気楽お気軽に楽しむ源氏ワールド</title>

episode 2. 明石の姫君と紫の上

2022-07-21chapter19薄雲,第十九帖,明石の姫君,花散里,紫の上,明石の君,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 19.永遠の人

    源氏物語 第十九帖 薄雲

episode 2. 明石の姫君と紫の上

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十八帖 松風(Chapter 18)まで
 明石の君が3歳になった姫君とともに京に上ってきました。
 今は都の郊外の大堰に滞在しており、源氏とも3年ぶりの再会を果たします。

 初めて会った姫君も可愛らしく、彼女の将来を考えて、源氏は(明石の君より身分の高い)紫の上に養母になってもらおうと考えます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 19 薄雲 永遠の人 

第十九帖 薄雲(Chapter 19)第一話(episode 1)まで
 源氏は紫の上に姫君の養母になってもらう件を明石の君に話します。明石の君は娘を手放したあと源氏が自分を見捨てるのではないかと不安ですが、姫君の将来のために紫の上に預けることを決断しました。

episode 2. 明石の姫君と紫の上

第十九帖【薄雲】
 源氏 31~32歳 紫の上 23歳~24歳
 女院(藤壺の宮) 36~37歳
 冷泉帝 13歳~14歳
 明石の君 22~23歳 明石の姫君 3~4歳
 梅壺女御 22~23歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

暗くなってから着いた二条院はどこもかしこも華やかで姫君用のお部屋も可愛らしく準備されているの。二条院へ行く途中で明石の姫君は眠ってしまって、二条院に着いてもお母さんの明石の君がいないから泣いてしまうんだけれど、かわりに紫の上が優しくしてくれたので新しい環境にも慣れていったみたい。
 源氏は明石の君から姫君を取り上げてしまったことは申し訳ないと思いながらも、最愛の妻の紫の上とふたりでこの可愛らしい姫君を育てていける幸せをかみしめているみたいよ。そうして明石の姫君を正式に源氏の娘として公表したの。

お道具類お道具類

紫の上はこんなにも可愛らしい姫を明石の君からとりあげてしまったんだと気づき、姫と別れて寂しくしている彼女のところに源氏が通うのを大目に見てあげるようになるの。
 源氏も娘と別れて泣いてばかりいる明石の君に文を送ったり訪ねたり気遣ってたみたいね。

ピンクのアルストロメリア
可愛い姫君

新しい年になり、東の棟の花散里はとても幸せそうなの。同じ敷地内だから源氏もよく顔を見せてくれるし、もともとが多くを望まない謙虚な性格だから源氏との仲も穏やかでいい関係みたいね。源氏も紫の上に対する態度と同じように花散里にも接したので周囲の人たちも花散里を敬愛していたの。

それから大堰おおいの明石の君のところにも行こうと、とびっきりのオシャレをして出かける美しい夫を紫の上はやれやれと思いながらも見送るの。
 明石の君の美しさ、優雅さや頭のよさはやっぱり普通の人じゃないなと源氏は感心するの。源氏は姫君のことをいろいろと話して聞かせてあげるの。明石の君も出しゃばったりせず、ときどき源氏が逢いにきてくれるだけで充分だわって思うようになったんですって。

To be continued ✈✈✈

 明石の姫君が二条院にやってきました。自分が産んでいない明石の姫君を紫の上は我が子のように愛し育てます。継子いじめがなくて本当によかった。
 源氏は紫の上と明石の姫君との3人暮らしを満喫しているようです。産みの母親の明石の君が悲しんでいるのに源氏は随分身勝手なように感じてしまいます。
 自分が産んでいない子を愛し育てる。しかもまったくの赤の他人でなく夫の子供。なかなかできることではありませんね。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。