//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 浮舟の苦しみ

2022-07-20chapter53第五十三帖,宇治川,宇治,宇治十帖,手習,匂宮,,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 53. 流れ着いた舟

    源氏物語 第五十三帖 手習てならい

episode 2.浮舟の苦しみ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十二帖 蜻蛉かげろう(Chapter 52)まで
  浮舟の行方がわからなくなり、辞世の句を見た女房たちは浮舟が宇治川に身を投げたのではと嘆きます。山荘の従者たちは三角関係や自死の事を伏せて「姫君は病死した」と葬儀を行います。
 匂宮も薫も最初はお互いが浮舟を隠して死んだことにしているのではと疑います。

 しかし浮舟が亡くなってしまったと知り、匂宮は正気を失い落ち込みます。薫は表面上は冷静でしたが、匂宮の前で初めて涙を流します。
 大君に続いて浮舟まで失った薫はふたりを亡くした宇治まで疎ましく思います。薫は浮舟を亡くした哀しみから抜け出せません。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 53 手習てならい 流れ着いた舟 

第五十三帖 手習(Chapter 53)第一話(episode 1)まで
 宇治で横川よかわ僧都そうずが身元不明の姫を助けます。僧都の妹尼いもうとあまが看病し保護しますが、姫は「川に投げ落としてください」と泣いてばかりいます。

episode 2. 浮舟の苦しみ

【超訳】手習てならい 宇治十帖
 薫 27~28歳 匂宮におうのみや 28歳~29歳
 浮舟 22歳~23歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

大尼君(横川の僧都のお母さん)の体調もよくなったので、妹尼いもうとあまは身元不明の姫も連れて小野(現・京都市八瀬、大原あたり)に帰ることにするの。横川よかわの僧都も横川(現・滋賀県大津市)に戻るの。 
 妹尼は献身的に看病するんだけれど、その姫の容態はなかなかよくならないの。困った妹尼はお兄さんの横川の僧都に助けてもらおうとするの。最初に見たときも美しいと感じたけれど、本当に優れた美貌の人だなぁと思うの。横川の僧都が一晩中祈祷を行うと、彼女に憑りついていた物の怪が姿を現したの。
「自分はこの世に未練があり宇治の美しいひとたちの所に住みついた。ひとりの姫(大君)は死んでしまい、この姫も早く死にたがっていたから死なせてやろうとしたが、お前(横川の僧都)に妨害されたから退散する」
 物の怪はそう言って消えていったの。

正気を取り戻した姫はなぜ自分がこんなところにいるのかわからないみたいなの。それでもよく思い出してみると、あの夜悲しみのあまり川に身を投げようと決めた瞬間に匂宮が自分の手を引いて抱き寄せてくれたように感じたらしいの。でもそこからの記憶がなくて、今はどうしてここにいるかわからず混乱しているみたいなの。(川には飛び込まなかったみたいね)

「尼にしてください。もう生きてはいられないんです」
 あの夜からどのくらいの月日が経ったのかわからないけれど、姫、そう浮舟は出家したいと願うの。小野の妹尼はせっかく助かった命なんだからと、出家はさせないで五戒(在家のまま受ける五つの戒)だけを受けさせてあげるの。
 元気になれば気持ちも落ち着くでしょう、そう思って妹尼は浮舟の面倒をよく見てあげるけれども、浮舟の世を儚む気持ちは変わらないみたい。

寺

「あなたはどのようなお家の方でどうして宇治にいらしたの?」
 妹尼が尋ねるの。
「私が生きているということを誰にも知られたくないのです。誰かに知られてはとても困るのです……」
 そういって浮舟は泣くの。その様子があまりにも苦しそうだったから妹尼はもう詮索するのをやめるの。

To be continued ✈✈✈

 この姫はやはり浮舟だったようですね。身投げはせずに雨の中彷徨っていたようです。
 「美しい男が自分を誘い出して知らないところに置き去りにした」とあります。
 浮舟には宇治川を渡った匂宮との密会デートの記憶が残っていて「美しい男」から匂宮を連想したのではないかと解説しています。
 死ぬことのできなかった浮舟の苦しみが始まります。

源氏物語によく見られる「いとあはれなり」
でもねぇ、あはれ、あはれってさぁ…… 

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 48 あはれ、あはれってさぁ……
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。