//CSS rules to specify families //CSS //JS

chara-book 8. 恋に生きる深紅の薔薇

2022-04-30GENJI キャラクターファンブックキャラクターファンブック,朧月夜,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【別冊】

GENJI essay

Character fan book vol.8

恋に生きる深紅の薔薇A crimson rose that lives in love
OBOROTSUKIYO-no-KIMI

Let’s enjoy GENJI world comfortably.

Welcome to SenmojiGenji World!!

GENJI 【別冊】GENJI エッセイ

 千年語り継がれる不朽の名作『源氏物語』も実はツッコミどころ満載!?
 源氏物語を【超訳】しながら感じた管理人の個人的な雑感エッセイです。シロウトの感想なので偏った見方をしているかもしれません。


 古典を専門には学んでいないイチ源氏物語ファンの書く軽いタッチのハンドブックです。よかったらご覧になってください。史実、原作と異なる等、明らかな間違いはご指摘いただきたいのですが、基本的にはゆるく、広いお心でお読みいただければと思います。
 お歴々の源氏物語を研究されている方々、現代語訳をなさっている皆様、源氏物語ファンの皆様方、それから紫式部サマ、どうか怒らないでください。お願いします。

 本章はキャラクターファンブックです。
 源氏物語の登場人物をひとりずつフォーカスします。
 キャラクターのプロフィールや代表的なエピソード、印象的な和歌などを紹介します。
 エピソードや関連するエッセイなどへのリンクも貼ったので利用してください。

「推しキャラ💕」を見つけてくださいね。
 楽しい源氏ワールドトリップを。

fan book vol.8 恋に生きる深紅の薔薇
     ~ OBOROTSUKIYO-no-KIMI ~

✈✈✈ Let’ go to GENJI world ✈✈✈

8冊目のキャラクターファンブックはこの方。
物語中もっとも華やかに生きた女性。(だと私は思っています)

朧月夜の君

OBOROTSUKIYO-no-KIMI

誰もが認める美女中の美女

自身の魅力を十分に把握していて
恋のかけひきもお手の物
穏やかなオットとスリリングなカレシ
ふたりとの愛と恋に生きた女性

容姿にも才能にも優れ、今よりずっと自由に恋愛をして、自分らしく生ききったカノジョ、ですね。

朧月夜の君 プロフィール

役職 身分
position
status
朱雀帝妃 尚侍

father
右大臣

sister
弘徽殿女御こきでんのにょうご太后たいこう
夫、恋人
partner
朱雀院 源氏
特徴
characteristic
美しい容姿とかな文字の端麗さなど才能を合わせ持つ
性格
personality
自分に自信があり、奔放な性格で婚約者(のちに夫となる朱雀院)がいるにもかかわらず源氏とも付き合う。入内後も密会デートを繰り返し源氏の失脚、謹慎生活のきっかけを作る。後宮で非難の的となるが毅然とし、朱雀帝との夫婦関係を続ける。

朧月夜の君リンク集

源氏との出逢いは第八帖【桜宴さくらのえん】。朧月夜の夜、満開の桜の元でのドラマチックなシーンです。第三五帖【若菜下】で出家するまで源氏の人生を最も華やかに彩ったヒトでしょうね。
 朧月夜の年齢がわからないのですが、紫の上より年上で源氏のやや年下かなと推測しています。

10代~20代前半

出逢い、逢瀬、密会

~ あづさ弓 いるさの山に まどふかな
       ほの見し月の 影や見ゆると ~
(この前見かけた子を探してるんだけどさ、
そのコにまた会えると思う?)
  源氏宰相中将

~ あづさ弓 いるさの山に まどふかな
   ほの見し月の 影や見ゆると ~
(この前見かけた子を探してるんだけどさ、
そのコにまた会えると思う?)
  源氏宰相中将

~ 心いる かたなりませば 弓張ゆみはりの
       月なき空に 迷はましやは ~
(本当に好きなら迷ったりする?)
   朧月夜の君

~ 心いる かたなりませば 弓張ゆみはりの
   月なき空に 迷はましやは ~
(本当に好きなら迷ったりする?)
  朧月夜の君

満開の桜の頃、朧月が照らす夜の出逢いはその後のふたりを暗示するかのようなドラマチックさ。ここから朧月夜にとっては婚約者(夫)の弟である源氏との「禁断の関係」が始まります。
 当時の婚約者は春宮(皇太子)でその後帝に即位。朧月夜は尚侍として後宮に入りますが、源氏との関係も続けます。源氏と藤壺の宮との「禁断の恋」では関係を持つことが「罪」で命がけの逢瀬でしたが、源氏と朧月夜は禁断の関係も「恋の媚薬」程度の要素のような感じ方のよう。なんと夫の朱雀帝もふたりの関係を黙認していました。けれども朧月夜の父の右大臣、姉で朱雀帝の母の弘徽殿太后に関係がバレ、源氏は失脚します。

20代後半

再会、改心

源氏が帝からの要請で都に帰還し復職します。
 朧月夜は源氏との件を許してくれる朱雀帝の愛に気づき、源氏からの再アプローチには応えませんでした。

30代後半~

焼け木杭に火、幕引き

~ 年月を 中に隔てて 逢坂あふさかの 
       さもせきがたく 落つる涙か ~
(せっかく久しぶりに逢えたのに、
こんな障害があったら泣けてくるじゃんか)

  六条院(源氏)

~ 年月を 中に隔てて 逢坂あふさかの 
   さもせきがたく 落つる涙か ~
(せっかく久しぶりに逢えたのに、
こんな障害があったら泣けてくるじゃんか)

  六条院(源氏)

~ 涙のみ せきとめがたき 清水にて 
       行き逢ふ道は 早く絶えにき ~
(涙だけは止められないけれど、
ワタシ達の逢う道なんてもうないのよ)

  朧月夜

~ 涙のみ せきとめがたき 清水にて 
   行き逢ふ道は 早く絶えにき ~
(涙だけは止められないけれど、
ワタシ達の逢う道なんてもうないのよ)

  朧月夜

源氏と禁断の恋のアバンチュールを楽しんでいた頃朧月夜は10代後半~20代。源氏が謹慎から戻って来て再アプローチしてきて相手にしなかった頃が20代後半。そこから10数年の月日が流れ夫である朱雀院が出家しました。朧月夜が独り身に戻ったと知った源氏は速攻逢いに行きます。
 自分のことを「都合のいいカノジョ(セフレ?)」としか思っていない源氏を朧月夜は拒みます。穏やかに愛してくれた朱雀院のことを想っています。けれども情熱的に口説かれ復縁してしまいます。
「また本気になっちゃいそうだよ」などと和歌を詠む源氏に対し、「どうせ本気じゃないくせに」と朧月夜は返します。しばらく関係を続けますが、自身のタイミングで朱雀院の後を追って出家します。

朧月夜の君リンク集でした。

asagao

匂い立つ美女

奔放な性格

艶やかに鮮やかに

オトコを虜に

(※管理人の偏見です)

 オットとカレシ、ふたりの男性との恋を楽しみ、辛さも味わいました。
 自他ともに認める美貌で源氏を墜とし、朱雀院の寵愛も受けました。
 朱雀帝に愛され、源氏とはドキドキハラハラのシチュエーションラブ?
 「恋に生きた」美女さんでした。

 次回のキャラクターファンブックは儚い夕顔の花。
 青年源氏くんの失くした「大切なキミ」です。

To be continued ✈✈✈

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。