//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 4. 明石の君とのニアピンと六条御息所の死

2022-07-21chapter14後宮政治,秋好,六条御息所の死,澪標,第十四帖,和歌一覧,和歌,明石の君,六条御息所,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 14.命をかけて……

    源氏物語 第十四帖 澪標みおつくし

episode 4. 明石の君とのニアピンと六条御息所の死

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十三帖 明石(Chapter 13)まで
 朱雀帝妃の朧月夜との密通の責任をとるために須磨での謹慎生活をしていた源氏ですが、運命の導きで移り住んだ明石である姫と付き合うことになり、姫は身ごもります。
 そのころ、体調を崩していた朱雀帝は源氏の帰京を命じます。必ず京に迎えると明石の君に約束をし都に戻った源氏は、留守を守っていた紫の上と3年ぶりの再会を果たしました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 14 澪標みおつくし 命をかけて…… 

第十四帖 澪標(Chapter 14)第三話(episode 3)まで
 朱雀帝に呼び戻された源氏は復職します。朱雀帝は譲位して源氏と藤壺の宮の子である冷泉帝が即位します。明石では明石の君が姫君を出産しました。源氏から子供が産まれたことを打ち明けられた紫の上は絶望します。花散里とは再会を果たし穏やかな関係性が続いています。朧月夜とも連絡を取りましたが以前のような関係に戻ることはありませんでした。

episode 4. 明石の君とのニアピンと六条御息所の死

第十四帖【澪標みおつくし
 源氏 28歳~29歳 紫の上 20歳~21歳
 明石の君 19歳~20歳
 六条御息所 35歳~36歳
 女院(藤壺の宮) 33歳~34歳 
 冷泉帝れいぜいてい 10歳~11歳
 秋好あきこのむ 19歳~20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

源氏は秋になって大阪の住吉大社にお参りに行くの。そうしたら偶然にも明石の君もお参りに来ていたんだけど、あまりの源氏の豪華な行列に圧倒されちゃうの。その行列には源氏の息子の夕霧(葵の上の産んだ子ね)もいるんだけど、同じ源氏の子どもなのに堂々と行列の中心にいる夕霧と自分の娘との境遇の差を感じてしまって明石の君は落ち込んじゃうの。

 家来の惟光が明石の君に気づいて源氏に知らせると、源氏はさっそく明石の君に歌を贈ったの。

住吉大社
住吉大社

~ みをつくし 恋ふるしるしに ここまでも めぐり逢ひける えには深しな ~

命をかけたみをつくした証拠に澪標みをつくしのあるところで再会できた俺たちは深くつながってるんだね)

 明石の君も返事を出すの。

~ 数ならで なにはのことも かひなきに 何みをつくし 思ひ初めけん ~

(あなたには大勢奥様や恋人がいらっしゃるのにどうしてこんなに好きになってしまったのかしら)

次の日に明石の君はお参りをして明石に帰るの。源氏からはそろそろ京に迎えたいって手紙が届くの。明石の君は自分のことを想ってくれているのは嬉しいんだけど、京には奥様も恋人もたくさんいるのにそこでも変わらずにわたしは愛してもらえるのかしらってとっても不安がってたみたいね。

帝が変わったので、伊勢の斎宮の役職も交代となって六条御息所と娘の斎宮(秋好あきこのむ)が京に戻ってきて、もとの六条のお屋敷で暮らしていたの。けれども御息所は病気になっていて出家しているの。
 いろいろあったけれど、急な出家に驚いた源氏は色恋うんぬんじゃなくて彼女のもとを訪ねることにするの。

すっかり弱ってしまった御息所と再会すると、どれほどこの人を愛していたんだろうと源氏は涙を流すの。そんな源氏に御息所は自分の娘、秋好のことをよろしくとお願いするんだけど、「絶対手は出さないでね」と念を押すの。源氏はちらっと見えた秋好の姿にときめきそうになるんだけど、そこは御息所との約束を守るの。

 それから1週間後に六条御息所は亡くなられたの。お葬式も源氏が指示をして立派に執り行ったの。

遺された秋好なんだけど、朱雀院からお妃に来ないかという話が前にもあったんですって。でも朱雀院には朧月夜がいるし、他にもお妃もいるところに今からお嫁入りするよりは、教育係的なお姉さんとしてまだ幼い冷泉帝にお嫁入りしてはどうかと冷泉帝のお母さんの女院(藤壺の宮)に源氏は相談したの。女院は源氏の意見に賛成するんだけど、自分のお兄さんで紫の上のお父さんでもある兵部卿宮ひょうぶのきょうのみやも自分の娘を冷泉帝の女御にしようと考えていて、源氏と兵部卿宮の仲がよくないことを心配しているの。

 権中納言(頭中将)の娘も冷泉帝に入内(お嫁入り)して新弘徽殿女御となったの。まだ冷泉帝は子供なんだけどそのお妃ナンバーワンの座を巡って大人たちの権力争いが始まっていたのね。

第十四帖 澪標

Chapter14 命をかけて……
 episode1. 冷泉帝の即位
 episode2. 明石の姫君の誕生
 episode3. 紫の上の絶望
 episode4. 明石の君とのニアピンと六条御息所の死

To be continued ✈✈✈

 明石から京に戻ってからの源氏の様子ですね。以前より上の役職に就き政治的地位も復活させ、明石の姫君が産まれ、東宮さまが即位し、また新しい時代が始まる予感を感じさせる巻ですね。

 源氏が謹慎生活中に明石の君と出逢って姫君をもうけたことで「紫の上の心が死んだ」と表現する研究者もいるようです。自身は都で寂しく暮らしながらも必死で屋敷や従者などを守っていました。そして紫の上には子供がいません。「心が死ぬ」ほどの絶望を感じてしまうのも無理はないかもしれません。

それから六条御息所の娘ですが秋好あきこのむと呼んでいます。名前の由来エピソードは第十九帖で登場します。

🖌Genji Waka Collection

~ みをつくし 恋ふるしるしに ここまでも めぐり逢ひける えには深しな ~

源氏内大臣げんじのうちのおとどが俺ら運命的じゃん! と贈った歌

~ 数ならで なにはのことも かひなきに 何みをつくし 思ひ初めけん ~

明石の君がこれからのことを不安に思いながら源氏内大臣に贈った歌

俺はいつでも本気だぜ!
誰にでも全力で愛をささやくぜ?!

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 9 源氏ブランドのクオリティ
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。