//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 女三宮の出家

2022-07-20chapter36第三十六帖,柏木,朱雀院,女三宮,出家,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 36.想いを遺し恋に死す

    源氏物語 第三十六帖 柏木

episode 2. 女三宮の出家

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十五帖 若菜下(三)(Chapter 35-3)まで
 女三宮と結婚できなかった柏木はいまだに根に持っているのですが、偶然彼女のすがたを見てしまい、恋心を抑えられなくなっています。ただこんな気持ちではいけないとも考えもし、心の葛藤が続いているようです。

 紫の上は女楽のあとに源氏に出家を願い出ます。けれども源氏は「俺を見捨てないで」と認めません。そんな折に紫の上が倒れてしまいます。源氏は必死に看病しますが回復しません。

 源氏が紫の上につきっきりで看護している隙に柏木は女三宮の元に忍び込み一線を越えてしまいます。何度か逢瀬を重ね女三宮は妊娠してしまい、源氏は柏木との密通の事実を知ります。柏木は源氏からの嫌味と圧力から寝たきりの病気になってしまいます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 36 柏木 想いを遺し恋に死す 

第三十六帖 柏木(Chapter 36)第一話(episode 1)まで
 柏木の病気は快復しません。柏木は最後の力を振り絞って女三宮と和歌のやりとりをします。
 女三宮は男の子を出産します。源氏と女三宮の子の誕生を祝福するムードの中、源氏は複雑な心境です。

episode 2. 女三宮の出家

【超訳】柏木
源氏 48歳 紫の上 40歳
女三宮おんなさんのみや 22歳 薫 1歳
夕霧 27歳 柏木 32歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

もともと丈夫でない女三宮は出産の疲れと源氏からの精神的プレッシャーの上に柏木の危篤の知らせを聞いて、食事も摂らないで自分も死んでしまいたいって考えちゃうのよ。
 源氏は表面上は変に思われないように振舞うんだけど、薫の顔を見ようとしないの。女三宮はこの先自分だけでなく薫まで源氏に疎まれることを心配して出家を決意するの。

源氏も柏木とのことを許せないし、産後の体調不良を理由に出家させるのはいいかもしれないと思うんだけど、やっぱりまだ若いから惜しいと女三宮を引き留めるの。蒼ざめた顔色で弱っている姿は頼りなく美しくて、どんな罪を犯したとしても許してしまいそうだなんて源氏は思うんですって。

「お会いできないまま死んでしまうかもしれません」
 すっかり弱り切った女三宮がそんなことを言っていると、お父さんの朱雀院は源氏経由で聞くの。そこで心配した朱雀院はお忍びで六条院にいらっしゃるの。来訪の手紙もなく突然のことに源氏も驚くのね。

「特に病気というわけではないのですが、具合がよくならないんです」
 そんな風に源氏は朱雀院に説明するのよ。
 対面を果たした女三宮は泣きながら尼になりたいと朱雀院にお願いするの。
 最高の夫だと信じて源氏に託したこの結婚は娘にとってそんなにツラいことだったのかと朱雀院は女三宮を出家させることにするの。今のタイミングなら産後の病状を出家の理由にできるから源氏との夫婦仲が悪くて出家したなんてことも思われずに済む、今後は妻としてでなくても源氏が女三宮の面倒を見てくれるだろうと朱雀院は考えたみたい。

そうと決まってしまうと源氏は出家を考え直すように女三宮を説得するんだけれど、聞き入れてはもらえず、その日のうちに女三宮は朱雀院によって髪を下ろしたの。

お地蔵様

するとその夜六条御息所の物の怪が現れて、紫の上の命を取り損ねたからこっちに憑りついていたなんて言うのよ。源氏はゾッとするんだけど、女三宮の出家はもう取り返しのつかないことよね。

To be continued ✈✈✈

 女三宮の出家はまたしても六条御息所の霊の仕業だったようです。
 紫の上を死なせることができなかったので、女三宮に憑いていたようです。

 愛する源氏を苦しめたいのか
 自分が源氏と結婚できなかったから源氏の妻を憎んでいるのか
 六条御息所の怨念はいつまでもこの世にくすぶっているのでしょうか。

 若くして俗世を捨ててしまいました。
 このとき女三宮22歳……。

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 31 言ってもせんのないことだけれど
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。