//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 13. 女三宮のすがた

2022-07-20chapter34-3柏木,第三十四帖,若菜上,女三宮,明石御方,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 34-3.慶びの春と忍び寄る影

    源氏物語 第三十四帖 若菜上(三)

episode 13. 女三宮おんなさんのみやのすがた

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十四帖 若菜上(二)(Chapter 34-2)まで
  源氏の兄である朱雀院は出家の準備を始めますが、内親王(娘)の女三宮は母親を亡くしており後ろ盾がないので将来を心配しています。

 朱雀院は誰かに嫁がせようと考え、源氏に結婚を打診します。源氏は最初は固辞しますが、女三宮が藤壺の宮と血のつながりがあることに気づき結婚を了承してしまいます。この結婚によって紫の上は絶望を味わいます。降嫁してきた女三宮は幼いばかりの姫宮で源氏は早くも結婚を後悔します。

 朱雀院の出家により妃であった朧月夜は実家に戻り、源氏は逢いに行きふたりは復縁します。ただでさえ女三宮との結婚で絶望していた紫の上は源氏からこのことを聞き泣いてしまいます。
 源氏は女三宮が幼いばかりの姫宮だったので、今まで以上に紫の上の素晴らしさに感じ入ります。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 34-3 若菜上(三) 慶びの春と忍び寄る影 

第三十四帖 若菜上(三)(Chapter 34-3)第三話(episode 12) まで
 明石女御は里帰り出産時に自身の出生の事情を知りました。無事若宮を出産すると、育ての親の紫の上と産みの母の明石の御方は協力し合って若宮の世話をしてくれます。
 若宮誕生のニュースは明石にも伝わり、一族から帝と皇后を出すという願を果たした明石入道は明石御方や尼君に手紙をしたためたあと山に分け入ります。

episode 13. 女三宮のすがた

【超訳】若菜上(三)
源氏 41歳 紫の上 33歳
女三宮おんなさんのみや 15歳
明石女御あかしのにょうご 13歳
柏木 25歳 夕霧 20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

夕霧は女三宮のことは自分に持ち掛けられたかもしれなかった縁談だったので、なんとなく様子をうかがっていたのね。源氏は表面上大切に扱っているだけっぽいなって見抜いているのよ。女房たちも派手で騒がしいカンジで落ち着いた大人がいないようなの。女三宮には源氏がいろいろと教えてあげていたから少しは夫人らしくはなっているけれども、女三宮のウワサを聞くたびに夕霧はやっぱりカンペキな女子なんていないもんなんだなって思うんですって。けれど、源氏と長く一緒にいる紫の上の悪いウワサなんて聞いたことがないから、やっぱり台風の日に見たあの紫の上は最高の貴婦人でいまだに忘れることができないみたい。

そして夕霧の友人の柏木は女三宮と結婚できなかったから落ち込んでいるの。女三宮の女房の小侍従こじじゅうから女三宮の情報を聞くんだけど、源氏の愛情の深さはやっぱり紫の上がイチバンで女三宮は飾り物のような扱いだって知るとひとりモヤモヤしているのよね。

「僕だったら宮さまにそんな思いをさせなかったのに」
「六条院(源氏)みたいに立派な男ではないけれどさ」
「もし院が出家したら宮さまをいただきたい」
 そんなことを小侍従にぼやいているんですって。

ある日、六条院の春の町で柏木や夕霧たちが蹴鞠を楽しんでいて、女三宮たちも御簾内から見物しているのね。途中で夕霧と柏木が階段きざはしで休憩するの。散った桜の花びらが雪のように階段に降ってくるの。近くの御簾の向こうでは女三宮の女房たちがいるんだけれど騒がしくて几帳もどこかにやってしまって少しお行儀がよくないのよね。そんなときにハプニングで女三宮のいる部屋の御簾を猫が巻き上げてしまって中が丸見えになっちゃったの。

御簾
御簾

女三宮の姿も見えてしまうの。春らしい紅梅がさねに桜色の細長ほそなが(上着)が華やかで黒髪がとっても美しいの。小柄でほっそりとしていて、顔立ちもとても美人さんなの。女房たちは御簾が巻き上がっていることに気づいていなくて、焦った夕霧が咳払いをして女三宮に知らせるの。それで女三宮は奥に下がったんだけど、なんか隙だらけの女の子だなぁって夕霧は思ってしまうの。

けれども柏木は結婚したかった相手の顔を見てしまってますます盛り上がっちゃうの。蹴鞠のあとの飲み会でも柏木はうわの空なの。夕霧はきっと女三宮のことを想ってるんだなって思うの。柏木はきっとあまりに恋するあまりに神様が彼女の姿を見せてくれたんだなんて感激してるみたい。

To be continued ✈✈✈

 女三宮は源氏の正室でとても高貴な身分なので夫以外の男の人が姿を見るなんてことはありえません。女三宮の女房たちは男子たちの蹴鞠が見たいからと御簾の中で几帳などもどかして見物していたようです。猫が御簾を巻き上げたのはハプニングでしたが、それくらいで女三宮の姿が見えてしまったのは、女房達が几帳などをどかしていたミスと女三宮自身の所作がよくなかったからでしょう。

 夕霧は「これくらいで姿が見られるなんておかしいんじゃないか」と冷静ですが、見られるはずがない結婚したかった人を見てしまった柏木は興奮してしまっています。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。