//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 薫と大君

2022-07-20chapter45宇治,宇治十帖,大君,中の君,第四十五帖,橋姫,,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 45.若きエリートの悩み

    源氏物語 第四十五帖 橋姫

episode 3. 薫と大君

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十四帖 竹河(Chapter 44)まで Part3-1 完結
  源氏が亡くなったあとの物語です。源氏の孫で今上帝と明石中宮の皇子の匂宮と源氏と女三宮の子の薫は成長し、宮中でも「匂う兵部卿 薫る中将」ともてはやされています。薫は自身の出生について悩んでいます。

 夕霧や柏木の弟の紅梅、玉鬘は子供たちの婚活の時期で、娘には匂宮や薫と結婚させたいと考えているようです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 45 橋姫 若きエリートの悩み 

第四十五帖 橋姫(Chapter 45)第二話(episode 2)まで
 世の中に興味がなく、けれども出家に踏み切れない薫は源氏の弟で俗聖として宇治で暮らしている八の宮に興味を抱きます。何度も宇治に通ううちに八の宮のふたりの姫のことも気になり始めます。
 あるとき宇治を訪ねると八の宮は不在でふたりの姫君が楽器を演奏しているところを薫は垣間見ます。美しいふたりに心惹かれた薫はもっと近づきたいと思います。

episode 3. 薫と大君

【超訳】橋姫 宇治十帖
 薫 20~22歳 匂宮におうのみや 21~23歳
 大君おおいぎみ 22~24歳 中の君 20~22歳
 冷泉院 49~51歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

弁の君は若い女房たちの非礼を謝ってきちんと御簾内に席を設けて薫を案内するの。すると急に弁の君が泣きだすの。どうしたのか薫が尋ねると、彼女は亡くなった柏木の乳母の娘だっていうの。そして彼女は柏木から臨終のときに聞いた遺言をいつか薫に話さなくてはいけないって思っていたって言うの。  薫はぜひ聞きたいって言うんだけど、弁の君はまた日を改めてってその日は話してくれなかったの。

夜が明けてきて弁の君と話し終えた薫はまた姫君たちに話しかけるの。

朝霧
朝霧

~ 朝ぼらけ 家路も見えず 尋ねこし まきの尾山は 霧こめてけり ~

(夜が明けるけれど霧が立ちこめていて帰り道がわからないんだ=帰りたくないな)

川霧を眺めている薫の優雅な姿にみんなうっとりしちゃうんだけれど、どうやって返事したらいいかまたみんな戸惑っちゃうのね。それで大君が控えめにこんな歌を詠んだの。

~ 雲のる 峰のかけぢを 秋霧の いとど隔つる 頃にもあるかな ~

(雲のかかっている山に霧まで立ちこめているからわたしたちの間にはもっと隔たりができてしまうわね)

薫はまたこんな歌を詠むの。

~ 橋姫の 心を汲みて 高瀬さす さをの雫に 袖ぞ濡れぬる ~

(姫君たちが寂しく暮らしているかと思うと泣けてくるよ)

寂しい景色ばかりでツライよね、ホントは華やかにくらしたいよね? と薫は同情しているみたい。

~ さしかへる 宇治の川長かはをさ 朝夕の 雫や袖を くたしはつらん ~

(もうずっとこうして暮らしているもの。泣きすぎて涙をふく袖が朽ちてしまうほどなの)

自分自身が浮かぶんじゃないかってほどの涙を流してきたわ、そんな風に大君は薫に伝えたの。

 薫はまだ帰りたくなかったんだけれど、心を残しながら都に戻ったの。

To be continued ✈✈✈

 橋姫というのは宇治橋に祀られています。
 薫はその橋姫にたとえて和歌を詠みました。

 寂しいよね。僕が話し相手になるよ。とアプローチする薫。
 大丈夫です。もうずっと寂しく暮らしていますから。とかわす大君。
 このふたりに恋が芽生えるのでしょうか……。

愁いの貴公子 孤高のイケメン
救いを求めて宇治へ

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 40 ウジウジ薫宇治へゆく
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 朝ぼらけ 家路も見えず 尋ねこし まきの尾山は 霧こめてけり ~

    薫が姉妹に贈った歌

    ~ 雲のる 峰のかけぢを 秋霧の いとど隔つる 頃にもあるかな ~

    大君が控えめに返した歌

    ~ 橋姫の 心を汲みて 高瀬さす さをの雫に 袖ぞ濡れぬる ~

    寂しく暮らしているんでしょ? と薫が姉妹に同情した歌

    ~ さしかへる 宇治の川長かはをさ 朝夕の 雫や袖を くたしはつらん ~

    たくさん涙を流してきたわ、と大君が返した歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。