//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 八の宮の死

2022-07-20chapter46第四十六帖,宇治,宇治十帖,椎本,大君,中の君,八の宮,,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 46.ふたりの恋

    源氏物語 第四十六帖 椎本しいがもと

episode 3. 八の宮の死

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十五帖 橋姫(Chapter 45)まで
  源氏の弟である八の宮の様子が語られます。桐壺帝の皇子にもかかわらず忘れられた存在で宇治に隠棲している八の宮の生き方に感銘を受けた薫は教えを請いに宇治通いを始めます。八の宮にはふたりの姫君がおり、薫は宇治で姫君たちの姿を垣間見て意識するようになります。
 また薫は八の宮の邸で弁の君という女房から自身の出生の真実を聞かされます。「僕は源氏の子なのだろうか」という子供の頃からの疑念は的中し、実の父は亡くなった柏木大納言だと知りました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 46 椎本しいがもと ふたりの恋 

第四十六帖 椎本(Chapter 46)第二話(episode 2)まで
 薫から宇治姉妹の話を聞いた匂宮は宇治に出かける計画を立てます。宇治にある夕霧の別荘に薫と滞在しますが、身分柄直接八の宮の邸宅を訪れることはできません。そこに八の宮から和歌が届けられました。
 薫たち貴族は八の宮邸を訪ねますが高貴な匂宮は出かけることができません。それでも自分をアピールしたい匂宮は八の宮の姫君たちに桜の枝と和歌を贈ります。

episode 3. 八の宮の死

【超訳】椎本しいがもと 宇治十帖
 薫 23~24歳 匂宮におうのみや 24~25歳
 大君おおいぎみ 25~26歳 中の君 23~24歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

秋になって薫は中納言に昇進するの。仕事も忙しくなって中々宇治にも出かけられなかった薫なんだけど、ようやく八の宮を訪ねるの。街中の都はまだそうでもないんだけれど、宇治はすっかり美しい秋の景色なの。
 八の宮は自分が亡くなったあとの姫君たちのことを薫に頼み、薫もそれを引き受けるの。そしてもう一度あの琴が聞きたいと薫は八の宮にお願いするのね。八の宮は娘たちに琴を弾くように、それから若い者だけで楽しみなさいと部屋を出ていくの。

お父さんから姫君を任せてもらえたのに、薫は特に口説いたりはしないで、我ながら奥手すぎるなって自分をディスるんですって。ゆっくりと自然に自分に姫君の気持ちが向いてくれたらいいと思っているみたいね。
 その夜は夜が明ける前に薫は帰り、また仕事の合間をぬって宇治に行こうと考えているの。匂宮も秋のうちに紅葉見物に宇治に行きたいと機会タイミングを探っているみたい。匂宮の手紙はときどき届くから、姫君たちは本気の恋とは思わずにあたりさわりのない返事を返しているのよね。

秋が深まり、八の宮は阿闍梨の元で修行をするために山に行くの。姫君たちには万が一のときの心構えを話すの。自分が亡くなっても簡単に結婚などはしないように、宮家の名を汚さないように、皇族の娘としての品位を落とさないようにって伝えるの。姫君たちはお父さんが亡くなるなんて想像もできなくて、そんなお父さんの話に戸惑ってしまうの。
「留守の間も寂しがらないで。楽器の演奏でもして健やかに過ごしていなさい」
 そして八の宮は翌日に山の奥深くに旅立ったの。

「わたしたちひとりではとても暮らしていけないわね」
 大君も中の君もそんなことを言いながら寝るのも起きるのも遊びも勉強事も一緒に過ごすの。

紅葉
錦秋

月日は過ぎて八の宮が山から戻る予定の日になるんだけれど八の宮は戻らず、代わりに使いの者がやってきて八の宮は病気だって言うの。驚いた姫君たちは急いで温かい着物などを山に届けさせるの。

 しばらくして八の宮は亡くなったという知らせが来るの。姫君たちはただただ悲しんでせめて亡骸に会いたいって言うんだけれど、後世に障りがあるからって阿闍梨が許してくれなかったの。

薫にも訃報は届いて、この前話したのが最後だったなんてと悲しみにくれるの。それからすぐに阿闍梨のところにも宇治の山荘にもお見舞いの使いをやって、葬儀も薫が仕切ったの。姫君たちは薫の対応を有難く思ったの。

To be continued ✈✈✈

 八の宮が亡くなってしまいました。修行先の阿闍梨の元での逝去だったので、姉妹は死に目にも遺体にも会うことがかないませんでした。阿闍梨は具合が悪くなった八の宮が娘たちを心配しているのを「俗世のことは気にしなくていい」「成仏のさまたげになる」と諭しました。同じ理由で亡くなったあとも娘たちが八の宮に会うのを認めませんでした。
 母親とは小さいころに死別している姉妹。父親も亡くなってしまいました。
 薫が駆けつけてくれて有難かったでしょうね。

誰からも慕われ 誰にも愛を振りまき?!
おじいちゃんの隔世遺伝?!

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 41 ちゃらちゃらチャラ男も宇治へゆく
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。