//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 彼女のいない夏

2022-07-20chapter41第四十一帖,,花散里,紫の上,夕霧,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 41.思慕、痛恨、後悔、懺悔

    源氏物語 第四十一帖 幻

episode 3. 彼女のいない夏

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十帖 御法みのり(Chapter 40)まで
 紫の上の病状は回復せず、出家の願いも認められません。幼いころから源氏に育てられた想い出の二条院で法要を催します。明石御方や花散里にもそれとなく別れの挨拶をします。

 夏が過ぎ秋になり明石中宮に手を取られながら紫の上は息を引き取ります。源氏は壮絶な悲しみに襲われます。紫の上に憧れていた夕霧は最後に紫の上の眠った顔を見ました。夕霧の他にも秋好中宮や明石中宮など多くの人が紫の上の死を悼んでいます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

本章です🎵

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 41 幻 思慕、痛恨、後悔、懺悔 

第四十一帖 幻(Chapter 41)第二話(episode 2)まで
 紫の上が亡くなった秋が過ぎ冬になり新年を迎えますが源氏の悲しみは癒えることがありません。女房たちから紫の上が源氏と女三宮との結婚や朧月夜や朝顔の君などのことを気に病んでいたと聞いた源氏は大切な紫の上を悲しませていたことを悔やみます。
 紫の上が愛した春が巡ってきます。紫の上と約束をした孫の匂宮が桜の花を愛でています。源氏は何をしていても紫の上のことを想い、彼女がいない辛さにうちひしがれています。

episode 3. 彼女のいない夏

【超訳】幻
源氏 52歳
夕霧 31歳 薫 5歳
明石御方あかしのおんかた 43歳
明石中宮あかしのちゅうぐう 24歳 匂宮におうのみや 6歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

夏になって花散里が衣替えの衣装を届けてくれるの。

~ 夏ごろも たちかへてける 今日ばかり 古き思ひも すすみやはする ~

(紫の上さまの好きだった春が終わって衣替えをするけれど、やっぱり紫の上さまのことを思い出しちゃうわね)

~ 羽衣の 薄きに変はる 今日よりは 空蝉の世ぞ いとど悲しき ~

(羽衣みたいに薄い着物になる今日からは俺の想いもまた儚く哀しいよ)

 源氏も返歌を詠むの。

賀茂祭の日に女房達がそわそわしているので、「お祭り見物に行ってきてもいいよ」と源氏は言ってあげるの。

春が終わり梅雨の時期に夕霧が様子を見にやってくるの。まだ立ち直れていないお父さんの姿に、たった一度だけ紫の上の姿を見た自分だって忘れられないのに、夫婦だったんだからその落ち込みようは仕方がないなって夕霧は思うの。
「おふたりのあいだに子どもが生まれなかったのが残念だよね」
 夕霧がそう言うの。
「俺自身に子どもが少なかったからね。夕霧おまえは子どもに恵まれていていいね」

梅雨
梅雨

~ 亡き人を 偲ぶる宵の 村雨に 濡れてや来つる 山ほととぎす ~

(山ほととぎすよ、あの人を想って今夜の雨に濡れてやってきたのか)

~ 郭公ほととぎす 君につてなん 古さとの 花橘は 今盛りぞと ~

(ほととぎすよ、故郷の橘の花が今満開ですとあの方に伝言してほしいんだ)

源氏と夕霧はそんな歌を詠みながら紫の上のことを偲ぶのね。夕霧はその夜はそのまま泊っていくことにするの。紫の上が生きていたころは源氏は決して自分たちの部屋に夕霧を近づけなかったの。今こうしてその部屋にいることを許されているっていうことはもう紫の上がいらっしゃらないからだと思うと夕霧はまた悲しくなっちゃったみたいね。

七夕のイベントも今年はしないでしんみりと過ごす源氏。
 秋になって紫の上の命日を迎えるんだけど、やっぱり悲しみは尽きないの。

~ 君恋ふる 涙ははても なきものを 今日をば何の はてといふらん ~

(紫の上さまを恋い慕う涙は尽きませんのに、どうしてお命日を区切りにしないといけないのでしょうか)

紫の上が可愛がっていた女房がそう歌を詠むの。

〜 人恋ふる わが身も末に なりゆけど 残り多かる 涙なりけり 〜

(彼女を恋慕う命は残り少ないけれど、涙はまだ残り多いんだ)

源氏も女房の歌の横にそう書き添えるの。
 一周忌が過ぎても相変わらず物思いに耽る日が過ぎて行くの。月日が経っても悲しみは癒えるどころかかえって増していくようなんですって。 

To be continued ✈✈✈

 夏になり、紫の上が亡くなった一周忌を迎えても源氏の悲しみは癒えません。
 花散里も夕霧も心配していますが、それで立ち直れるものでもありません。

 でも源氏想いの紫の上は仮にこの姿を天国からでも見ることがあったならこう言うのではないでしょうか?
『そんなに悲しまないで。あなたの気持ちはわかっているわ』

彼女を恋ひ、彼女を慕い、彼女を偲び……
源氏の嘆きの和歌の数々

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 37 キミがいない世界
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 夏ごろも たちかへてける 今日ばかり 古き思ひも すすみやはする ~

    花散里が紫の上のことを思いながら六条院(源氏)に贈った歌

    ~ 羽衣の 薄きに変はる 今日よりは 空蝉の世ぞ いとど悲しき ~

    また紫の上がいない季節を迎えて落ち込む六条院(源氏)の歌

    ~ 亡き人を 偲ぶる宵の 村雨に 濡れてや来つる 山ほととぎす ~

    あの世からの使者といわれるホトトギスを見かけて六条院(源氏)が詠んだ歌

    ~ 郭公ほととぎす 君につてなん 古さとの 花橘は 今盛りぞと ~

    夕霧が紫の上のことを思いながら詠んだ歌

    ~ 君恋ふる 涙ははても なきものを 今日をば何の はてといふらん ~

    紫の上を慕う女房が詠んだ歌

    〜 人恋ふる わが身も末に なりゆけど 残り多かる 涙なりけり 〜

    源氏が紫の上のことを想い悲しみ詠んだ歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。