//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 源氏と内大臣の会談

2022-07-21chapter29大宮,第二十九帖,行幸,内大臣,玉鬘十帖,玉鬘,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 29.ふたりのお父さん

    源氏物語 第二十九帖 行幸みゆき

episode 2. 源氏と内大臣の会談

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第二十八帖 野分(Chapter 28)まで
 秋になり六条院に野分のわき(台風)が近づいてきます。夕霧は偶然紫の上を垣間見かいまみてしまい、あまりの美しさに衝撃を受けます。また源氏と玉鬘たまかずらの親子とは思えない様子も見てしまい動揺してしまいます。
 雲居の雁にもお見舞いの歌を贈りますが、逢えない関係が続いています。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

本章です🎵

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 29 行幸みゆき ふたりのお父さん 

第二十九帖 行幸(Chapter 29)第一話(episode 1)まで
 冷泉帝の行幸みゆきが行われ人々が行列を見に行きます。玉鬘たまかずらも見物していて初めて見た帝の美貌に驚いてしまいます。源氏は玉鬘を尚侍ないしのかみとして後宮に上がるのはどうかと提案してきます。

episode 2. 源氏と内大臣の会談

【超訳】行幸みゆき 玉鬘たまかずら十帖
源氏 36~37歳 紫の上 28~29歳
玉鬘たまかずら 22~23歳 夕霧 15~16歳
冷泉帝 18~19歳 
髭黒大将ひげくろのたいしょう 31~32歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

ひとまず源氏は玉鬘の裳着もぎ(女の子の成人式)の準備を始めたの。そのときに実の父の内大臣に打ち明けようと儀式の後見役をお願いするんだけれど、大宮さま(内大臣のお母さん)の病を理由に断られちゃうの。夕霧も大宮さまの看病につきっきりだし、このまま大宮さまが玉鬘が自分の孫だと知らずにお亡くなりになるのはお可哀想と思って、源氏は大宮さまに会いに行くことにしたの。

 大宮さまはご病気だったのだけれど、源氏のお見舞いを喜ぶの。ついでのように内大臣にお願いしたいことがあると話すの。大宮さまは夕霧と雲居の雁のことだわって思ったんだけれど、源氏が話したのは玉鬘のことだったの。内大臣の娘ということは大宮さまにとっては孫になるわね。

内大臣のところにも源氏が大宮さまのお見舞いに行っているって知らせは届いているの。
「母上の屋敷はあんまり人がいないからな。太政大臣(源氏)をきちんとおもてなししてるんだろうか」
「俺が行ってもいいんだけど、それだと大げさになるからお前たち行ってこい」
 自分の息子たちを大宮さまのところに行かせようとしていると、大宮さまからのお手紙が届くの。
「源氏の君からお話があるようなので、こちらにいらっしゃい」

手紙を読んで、内大臣もこれは夕霧と雲居の雁のことだと思うのよね。
「こうまで言われちゃしょうがないな。行ってやるか」
 特に身だしなみに気を使って出かけることにするの。

大宮邸で久しぶりに源氏と内大臣は対面するの。今は政敵同士だけれど、以前は良き友人で良きライバルだったなぁとお酒を飲みながら昔話に花を咲かせるの。
 そこで源氏は内大臣に玉鬘の話をするの。まさかの展開に内大臣は驚いたけれど、探していた娘が見つかり、裳着の後見役も当然引き受けてくれたわ。

燈籠

でも夕霧と雲居の雁の話はなかったの。
「あれ? そういや夕霧の話は出なかったな……」
 内大臣にしてみると少しだけ疑問の残る対面ではあったみたいね。

玉鬘のことを喜んだ内大臣だったけれど、ひょっとして源氏がすでに玉鬘に手を出してるんじゃないの? って疑うの。でも自分の娘(新弘徽殿女御)が冷泉帝のお妃なので玉鬘を宮仕えに出すのも困るなぁ、源氏の愛人でもいいのかもなぁなんて考えるの。

源氏は玉鬘にも話したの。ようやく実のお父さんに自分のことを知ってもらえて会えることになって玉鬘は喜ぶの。
 夕霧にも源氏の子どもではない(=夕霧の姉ではない)ことを話すの。あの台風の日にちらっと見た源氏と玉鬘の様子は親子じゃなかったからなのかと妙に夕霧は納得したのね。そしてだったら自分も玉鬘のことを好きになってもよかったんじゃん、なんて思うのだけれど、いやいや、いかんいかんと自制するところが真面目な夕霧らしさなのよね。

To be continued ✈✈✈

 二十二帖で源氏が見つけ出した玉鬘、ようやく二十九帖で実のお父さんに知らせました。内大臣は娘が見つかったことを喜び、また政略結婚などを考え始めますが、ひょっとして源氏が手を出したんじゃないかとも疑っているようですね。

 内大臣が予想していた夕霧と雲居の雁の話は出ませんでした。
 息子の恋は見守ってはいますが表立って内大臣に頼んだりはしない源氏です。
 夕霧も頑なまでに自分を認めてもらおうと絶賛勤勉中ですね。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。