//CSS rules to specify families //CSS //JS

Chapter 38 鈴虫

2023-01-28chapter_arasuji,part2-1受験,1帖1分で読める,各帖あらすじ,あらすじ,第三十八帖,鈴虫,,柏木,朱雀院,女三宮,相関図,光源氏,源氏物語,紫式部

  • genji_spring

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 38 想いが交錯する秋の月夜 
    鈴虫

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • genji_summer
    genji_summer

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 38 想いが交錯する秋の月夜 
    鈴虫

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • sample
    sample

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 38 想いが交錯する秋の月夜 
    鈴虫

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

  • sample
    sample

    話し言葉で綴る

    1日1000文字
    源氏物語

    Chapter 38 想いが交錯する秋の月夜 
    鈴虫

    Let’s enjoy GENJI world comfortably.

Welcome to SenmojiGenji World!!

お気楽お気軽源氏物語ワールドにようこそ!!
「1000文字源氏物語」倶楽部の管理人のりらです。

1帖1分で読めるざっくりあらすじページ
本章は 源氏物語 第三十八帖鈴虫 です。

table of contents for this chapter

【超訳】1日1000文字源氏物語 

第三十八帖 鈴虫

相関図

源氏 50歳 紫の上 42歳
女三宮おんなさんのみや 24歳 夕霧 29歳
冷泉院 32歳 秋好中宮あきこのむのちゅうぐう 41歳 

 薫を出産後女三宮は出家しましたが、源氏がよく通ってくるようになり恋の歌まで贈るようになります。源氏に蔑まれているから女三宮は出家したのに源氏の態度の変わりように戸惑っています。

genji_icon

 また秋の十五夜に源氏は実の子である冷泉院と過ごします。お互い父子と名乗りあえませんが、言葉で態度でお互いを気遣います。想い出深い夜を過ごし、源氏は同じ境遇の柏木と薫のことに想いを馳せます。

出家した女三宮に源氏がなぜか恋の歌

源氏、秋の十五夜に冷泉帝、夕霧たちと過ごす

源氏と冷泉帝は名乗りあわないが父子だとお互い気づいている

源氏、同じ境遇の柏木と薫のことを想う

あらすじをタッチ(マウスを持っていく)するとカンタン箇条書きが表示されます。

主要キャラ紹介 
よかったらどうぞ🎵

~ character fan book ~

1日1000文字エピソードはこちらから

Chapter 38. 想いが交錯する秋の月夜   鈴虫

源氏物語ワールドに いってらっしゃい ✈✈✈

bon voyage!!

千年前のわたしたちの国の物語
楽しんでいただけたら嬉しいです。

あらすじだけを追うかたはこちらへどうぞ

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

無料イラスト素材【イラストAC】 写真素材素材【写真AC】

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。