//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 8年ごしの初対面

2022-07-20chapter33明石女御,初対面,第三十三帖,藤裏葉,明石御方,雲居の雁,明石の姫君,紫の上,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 33.長く遅く遠かった春

    源氏物語 第三十三帖 藤裏葉ふじのうらば

episode 3. 8年ごしの初対面

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十二帖 梅枝(Chapter 32)まで
 源氏の娘の明石の姫君が裳着を迎え東宮に入内することが決まります。息子の夕霧は初恋の雲居の雁との結婚話が進んでいる様子はなく、源氏が他の縁談を持ちかけても断ります。夕霧と雲居の雁は想い合っているのに逢えない月日が続いており、想いがすれ違ってしまいそうです。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

本章です🎵

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 33 藤裏葉ふじのうらば 長く遅く遠かった春 

第三十三帖 藤裏葉(Chapter 33)第二話(episode 2)まで
 夕霧の縁談のウワサを聞いた内大臣は娘の雲居の雁のために自分から折れて夕霧と娘の結婚を認めることにして、自宅の藤の宴会に夕霧を招きます。
 内大臣の許しを得た夕霧は6年ぶりに雲居の雁と再会し、初恋を実らせます。

episode 3. 8年ごしの初対面

【超訳】藤裏葉ふじのうらば
 源氏 39歳 紫の上 31歳
 明石の御方 30歳 明石の姫君 11歳
 夕霧 18歳 雲居の雁 20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

明石の姫君の入内(お嫁入り)の日程が決まったの。その姫君のために紫の上と上賀茂神社にお参りに出かけることになったの。
 その日はちょうど葵祭の日でお参りの帰りに見物をすることにするの。お祭りには源氏の家臣の惟光の娘の藤典侍とうのないしのすけも使者として参加しているのね。雲居の雁と引き離された後に夕霧が見初めた五節の舞姫で、手紙のやりとりをしていた相手なのね。正式な結婚は雲居の雁とした夕霧だったんだけど、藤典侍との恋人関係も続いていくみたいなんですって。

紫の上は明石の姫君の入内に付き添ってあげたいけれど、これを機会に実の母の明石の御方にその役目を譲ってあげようと思い立つの。そのことを源氏に話すと源氏も素晴らしい決断だと紫の上を称えて、それから明石の御方にも話してあげるの。ただ実の母とは明かさず表立っては明石の姫君にお付きする女房という立場でなんだけど、明石の御方はとっても喜んだのよ。

明石の姫君が入内の日を迎えて宮中に上がったの。紫の上も最初はついていって、あとから明石の御方もやってきたの。
 入内の式も華やかに行われたの。紫の上はとても美しく育った姫君を愛おしく眺めてたの。

紫の上が宮中を退出する前に初めて明石の御方と会うことになったの。初対面だけれど今まで明石の姫君を通じて繋がっていたからこれからは仲良くしましょうと語り合うの。

 紫の上は明石の御方の話し方などから源氏が惹かれるのもわかるわ、と思ったんですって。

 明石の御方も紫の上は気高い貴婦人だったので、源氏から一番愛されているのがよくわかったみたい。

桜
紫の上
百合
明石の御方

綺麗に成長した実の娘に会えて明石の御方はうれし涙を流したのよね。
 完璧に教養も身に着けていて、父親は絶大な勢力のある源氏で、容姿も美しい明石の姫君(これからは明石女御)は東宮さまからもとっても愛されるの。

 明石の御方も出しゃばらず桐壺(明石女御の部屋)を取り仕切ったんですって。紫の上もときどき出かけてきては明石の御方との友情を深めていったみたいよ。

To be continued ✈✈✈

 明石の御方が姫と一緒に都に来てから約8年。六条院では春の御殿と冬の御殿に住んでいても会ったことがなかった紫の上と明石の御方。ようやくのご対面でした。
 会ってみたら相手がステキで「ダンナが落ちるのもわかるわ」と納得し、その後は友情を深める……。ちょっと現代の感覚ではわかりませんね。

 それから籐典侍とうのないしのすけちゃん。そうなんです。実はお付き合いしていたみたいですね。
 でも内大臣の娘の雲居の雁と源氏の侍従(惟光)の娘の藤典侍では格が違います。
 源氏が勧める縁談には目もくれず初恋の姫君を想い続けました。少し身分の低いガールフレンドがいたってことかな。このあと藤典侍は夕霧の側室になります。雲居の雁と結婚しても藤典侍を捨てたりしなかったことが夕霧の誠実さなのかもしれません。当時としてはね。
 籐典侍にとっては遊びでなくて結婚できてよかった、ということかしら。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。