//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 女三宮の憂鬱

2022-07-20chapter38第三十八帖,鈴虫,女三宮,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 38.想いが交錯する秋の月夜

    源氏物語 第三十八帖 鈴虫

episode 1. 女三宮おんなさんのみやの憂鬱

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十七帖 横笛(Chapter 37)まで
 柏木が亡くなってから1年が経ちましたが彼を惜しむ声は聞かれます。薫は1歳になり可愛らしく美しく成長しています。
 夕霧は柏木の未亡人の女二宮を見舞い楽器の合奏をするなど「友人の未亡人」以上の気持ちを抱き始めているようです。女二宮の母から柏木の遺品の横笛を譲り受けます。柏木は夕霧の夢で「その笛は子孫に伝えたい」と告げます。
 夕霧は源氏に「柏木が悪いことをしたと言っていた」と話しますが、源氏ははぐらかします。ただ柏木の横笛はこじつけまがいの言い訳をしながら源氏が預かりました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 38. 想いが交錯する秋の月夜
 episode 1. 女三宮の憂鬱

【超訳】鈴虫
源氏 50歳 紫の上 42歳
女三宮おんなさんのみや 24歳 夕霧 29歳
冷泉院 32歳 秋好中宮あきこのむのちゅうぐう 41歳 

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

夏になって源氏は女三宮のために仏像の開眼供養をするのね。仏堂を建てて仏具なんかも取り揃えてあげるの。源氏手書きの経典はぱっと見だけでも目がくらむほどなんですって。源氏が女三宮の部屋を覗いてみると5、60人くらいの女房たちがひしめき合っているの。焚きすぎてキツイ香りのお香のことやあれやこれやと源氏は口うるさく指示をするの。そんな中で可憐な尼姿の女三宮を見ると、やっぱり出家させたのはもったいなかったなぁと悔やむみたい。

~ 蓮葉はちすばを 同じうてなと 契りおきて 露の分かるる 今日けふぞ悲しき ~

(生まれ変わっても一緒にいようって約束をしたのに、別々に別れる今日が悲しいよ)

あなたが自分より先に出家してこんな儀式をすることになるなんて思わなかったよ、源氏は歌を詠んで泣くんですって。

~ 隔てなく はちすの宿を ちぎりても 君が心 やすまじとすらん ~

(生まれ変わっても一緒にだなんて思ってもいないでしょうに)

女三宮がそう返歌するので、俺って信用ないんだね、と源氏は苦笑するの。

女三宮が出家した今頃になって、源氏は優しく接しているのね。でも女三宮はゆくゆくは源氏の六条院を出て、朱雀院から譲られた三条のお屋敷を修理してそこに住むことにするみたい。今は源氏がまだ六条院に留めているんだけれどね。

秋になると庭に鈴虫や松虫を放って、夕暮れに源氏は虫の音をBGMに女三宮を口説いているの。あの秘密が源氏に知られてしまい軽蔑されるから出家したのに、尼になった自分を源氏が口説くから女三宮は戸惑ってしまい、迷惑にすら感じるの。

「賑やかに鳴く鈴虫が可愛いね」
 秋の虫のことをああだこうだと源氏が語るの。

~ 大かたの 秋(飽き)をばしと 知りにしを 振り捨てがたき 鈴虫の声 ~

(あなたがわたくしに飽きたってことは知ってるけれど、鈴虫の声には惹かれるわ)

飽きたなんて、なんてこと言うんだよ、と源氏は返歌をするの。

~ 心もて 草の宿りを いとへども なほ鈴虫の 声ぞふりせぬ ~

(自分から六条院を出て行こうとするけど、キミへの想いは変わらないんだよ)

そんな中で源氏が琴を弾くの。世を捨てた女三宮もさすがに琴の音色にだけは心惹かれたんですって。
 女三宮や朧月夜に朝顔の君など自分と関わりのあった女君も何人か出家してしまったなぁって源氏はしみじみ琴を弾いたの。

錦秋
錦秋

To be continued ✈✈✈

 出家するということは恋愛関係はもう結べません。藤壺の宮さまが出家したあとは源氏も言い寄ったりカラダの関係を結ぼうとはしませんでした。それなのに出家した女三宮になぜか恋の歌を贈ります。

 結婚当時は幼稚な和歌を詠んでいたのだけれど、ぐんぐん和歌が上達していると解説書に書いてあります。柏木が亡くなる前に贈った歌は源氏物語全編を通しても最高峰の和歌だそうです。

~ 立ち添ひて 消えやしなまし うきことを 思ひ乱るる 煙くらべに ~
(わたしだって煙になって消えちゃいたいわ。思い悩む辛さなら負けてないもの)

 女三宮も大変な目にあって成長したのかもしれませんね。特に心理的に。

🖌Genji Waka Collection

~ 蓮葉はちすばを 同じうてなと 契りおきて 露の分かるる 今日けふぞ悲しき ~

出家した女三宮に「一緒にいたかったのに」と贈った六条院(源氏)の歌

~ 隔てなく はちすの宿を ちぎりても 君が心 やすまじとすらん ~

女三宮が「そんなこと思ってもいないくせに」と源氏をかわした返歌

~ 大かたの 秋(飽き)をばしと 知りにしを 振り捨てがたき 鈴虫の声 ~

秋の風情に惹かれて詠んだ女三宮の歌

~ 心もて 草の宿りを いとへども なほ鈴虫の 声ぞふりせぬ ~

源氏が今頃になって詠む恋の歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。