//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 冷泉帝の即位

2022-07-21chapter14冷泉帝,女院,即位,澪標,第十四帖,藤壺の宮,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 14.命をかけて……

    源氏物語 第十四帖 澪標みおつくし

episode 1. 冷泉帝れいぜいていの即位

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十三帖 明石(Chapter 13)まで
 朱雀帝妃の朧月夜との密通の責任をとるために須磨での謹慎生活をしていた源氏ですが、運命の導きで移り住んだ明石である姫と付き合うことになり、姫は身ごもります。
 そのころ、体調を崩していた朱雀帝は源氏の帰京を命じます。必ず京に迎えると明石の君に約束をし都に戻った源氏は、留守を守っていた紫の上と3年ぶりの再会を果たしました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 14. 命をかけて……
 episode 1.冷泉帝れいぜいていの即位

第十四帖【澪標みおつくし
 源氏 28歳~29歳 紫の上 20歳~21歳
 明石の君 19歳~20歳
 六条御息所 35歳~36歳
 女院(藤壺の宮) 33歳~34歳 
 冷泉帝れいぜいてい 10歳~11歳
 秋好あきこのむ 19歳~20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

都に戻った源氏は夢に出てきてくれたお父さんの桐壺院の法事を盛大に行ったの。戻ってきて復職した源氏のことが弘徽殿大后こきでんのおおきさきはムカついてたまらないんだけど、源氏はそんな大后のことも丁寧に応対するからそれ以上は強い態度にも出れないみたい。
 朱雀帝は「兄弟協力しあって」という桐壺院の遺言を守ることができるようになって一安心。政治のことも源氏に相談して、周囲の人もこの状況を喜ぶの。朱雀帝は目の具合もよくなってきたみたいなんだけど、そろそろ帝を引退しようかなと考え始めるの。奥さんの朧月夜とのあいだに結局子供ができなかったことだけは残念みたい。
 朧月夜尚侍おぼろづきよのないしのかみも帝からの愛情の深さに自分の過去の過ちを悔やむの。源氏は帝ほどには私を愛してはいないわ、けれどあんな大事件を起こしてしまって彼にも苦労をさせてしまったし、本当に私はいけないことをしたんだわ、ってね。。

2月に入って東宮が元服(成人式)するの。源氏とそっくりなその姿を見ると藤壺の宮はまた落ち込んじゃうの。
 そして朱雀帝が位を下りて東宮が帝に即位して冷泉帝れいぜいていと呼ばれるようになるの。朱雀帝のお妃の承香殿女御じょうきょうでんのにょうごの皇子が新しい東宮になったの。
 源氏は内大臣に、葵の上と頭中将のお父さんの左大臣は太政大臣だじょうだいじんに、それから頭中将は権中納言ごんのちゅうなごんにそれぞれ昇進したの。

高御座
即位の礼

源氏と葵の上の子の夕霧は祖父母の家で大事に育てられていたの。とても美しい子で御所や東宮御所にも出入りを許されていたの。太政大臣家は源氏が須磨へと追いやられていたあいだは不遇だったけれど、また再び光が差してきたことを喜びながらも娘の葵の上がいないことを悲しんだの。源氏も昔と変わらず太政大臣と奥様の大宮さまを大事にしたの。太政大臣家にまた幸せが訪れたのね。

それから源氏は自分が須磨に行っていた間にひっそりと暮らしていた花散里たちを住まわせようと自宅の二条院の東の屋敷の改築リフォームにとりかかったんですって。

 源氏と藤壺の宮さまの子が即位しました。オフィシャルには桐壺帝と藤壺の宮さまの子(第十皇子)ですけれどね。
「子供は3人産まれます。ひとりは皇帝に、ひとりは皇后に、もうひとりは位大臣を極めます」
 以前占い師は源氏の事をこう占いました。源氏は元は皇子ですが今は一貴族です。貴族の子が帝になるなんてあり得ないことなのですが、こうして源氏の子が帝位につきました。誰にも知られていませんけれどね。
 今も占いは人気ですけれど、この頃は今よりももっと占いが密接だったと思います。

To be continued ✈✈✈

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。