//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 父の死

2022-07-21chapter10藤壺中宮,桐壺院,賢木,第十帖,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 10.別れ、別れ、それから密会

    源氏物語 第十帖 賢木さかき

episode 3. 父の死

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第九帖 葵(Chapter 9)まで
 源氏の正室の葵の上と恋人の六条御息所ろくじょうのみやすんどころの家来同士が乱闘騒ぎを起こします。恥をかかされた御息所は葵の上に猛烈な嫉妬心と怨恨を抱きます。葵の上は源氏の子を出産した直後に御息所の生霊にとらわれ亡くなってしまいます。

 その後、源氏は紫の君と正式に結婚し、彼女は紫の上と呼ばれるようになります。朧月夜の君は源氏を想っていますが、朱雀帝への入内じゅだい(お妃になる)の準備が進みます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴

本章です🎵

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 10 賢木さかき 別れ、別れ、それから密会 

第十帖 賢木(Chapter 10)第二話(episode 2)まで
 別れを決意した六条御息所を引き留めようと源氏が訪ねますが、復縁ではなくふたりは関係を終わらせます。別れの朝にふたりは歌を詠み交わしました。

episode3. 父の死

第十帖【賢木さかき
 源氏 23~25歳 紫の上 15歳~17歳
 藤壺中宮 28~30歳
 六条御息所ろくじょうのみやすんどころ 30~32歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

最愛の桐壺の更衣が産んだ光源氏を心から愛した桐壺院だったけれど、病気になってしまうの。現帝の朱雀すざく帝に東宮とうぐう(藤壺の宮の子)のことを頼むと何度も何度もおっしゃるの。それから源氏のこともお話になるの。
「どんなことも源氏に相談しなさい。彼は国を治める能力はあるけれど、彼を想って臣下に下ろして将来は大臣にしようと思ったのだ。このことを忘れないように」

そんな風に朱雀帝に言い残したの。源氏も東宮のお供で最後のお別れに行ったわ。院は源氏にも東宮をたすけるように繰り返し言い残すの。そして藤壺の宮さまに看取られてお亡くなりになってしまうの。

これによって朱雀帝の母があの弘徽殿女御(帝のお母さんだからこれからは弘徽殿大后こきでんのおおきさき)でその父が右大臣なので政治的勢力は右大臣が握っていくの。源氏は右大臣側からは嫌われているし、葵の上も左大臣の娘だったから権力の中心からは外されちゃうのね。

そんな中で右大臣の娘の朧月夜が入内じゅだい(朱雀帝にお嫁入り)して尚侍ないしのかみ(女御、更衣に次ぐ階級)になるんだけど、まだ源氏ともつきあっていたのよ。それをなんと朱雀帝も知ってたんだけど、
「ボクより前から弟とは付き合ってたんだし……」
 なぁんて黙認しちゃうのよ。おとなしい性格なのよね、朱雀帝サマ。

 朱雀帝の母である弘徽殿大后は妹の朧月夜を帝の妃の中で位の高い「女御」として入内させるつもりでしたが、朧月夜が源氏と付き合っていることが知られているので、位を下げて「尚侍ないしのかみ」として後宮入りさせました。

 本来「尚侍」は帝と臣下の文書や命令を仲介する役職でしたが(奈良時代)、平安時代になると後宮で女御、更衣の次の位とされ、取次などの業務は「典侍ないしのすけ」が担当するようになったようです。

桐壺院が亡くなったってことは藤壺の宮さまもこれで独身(?)に戻られたことになるわよね。源氏は宮さまの女房に協力してもらって宮さまの寝室まで押しかけるんだけれど、宮さまに拒絶されるの。源氏は言葉巧みに口説くけれど、宮さまは自分はともかくも東宮さまを自分の恋愛沙汰に巻き込みたくないのね。そうこうしているうちに宮さまは具合が悪くなっちゃって女房たちが部屋に出入りして騒がしくなってくるの。源氏は協力者の女房(禁を犯したときに手引きした王命婦)に塗籠ぬりごめ(室内の物置)に匿ってもらうことに。

病状が落ち着いて人が少なくなるとまた源氏は宮さまの御帳台みちょうだい(ベッド)の近くまで行くの。宮さまも源氏の香りが漂うから顔を見せないようにうつぶせになって逃げようとするの。でも源氏が宮さまの髪をつかんでいてその場を離れられないのね。具合が悪いからと言う宮さまに源氏は自分の辛い恋心を切々と語るの。

黒髪

~ 逢ふことの からきを今日に 限らずは なほ幾代をか 歎きつつ経ん ~

(これからもう逢えないんなら何度生まれ変わっても嘆き続けるよ)

~ 長き世の 恨みを人に 残しても かつは心を あだとしらなん ~

(永遠にわたしを恨むなんて言っても、心変わりもあるかもしれないわ)

 宮さまはわざと冷たい態度を貫くのよね。これ以上嫌われたくない源氏はそのまま帰って行ったの。

宮さまは過去の過ちのことや東宮の出生の秘密を何がなんでも守らなければいけないと思っているのね。そして東宮を護るには後見人の源氏の協力が必要なの。でもその源氏からこんな風に迫られることは避けたいの。そこで宮さまは出家(尼になること)を決心するの。

 桐壺院がお亡くなりになりひとつの時代が終わります。そして藤壺の宮さまにまた告白しましたが、拒絶されてしまいました。男女の関係は受け入れられないけれど、東宮の後見人としての源氏の助けが必要な宮さまは自分が出家することを選ぶようですね。

 出家は尼になることで仏門に入ることになります。恋愛関係を結ぶことはできません。

To be continued ✈✈✈

🖌Genji Waka Collection

~ 逢ふことの からきを今日に 限らずは なほ幾代をか 歎きつつ経ん ~

源氏宰相大将が藤壺中宮に贈った歌

~ 長き世の 恨みを人に 残しても かつは心を あだとしらなん ~

源氏を拒む藤壺中宮が源氏宰相大将に贈った歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。