//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 5. 都の朧月夜、須磨の源氏

2022-07-21chapter12朱雀帝,須磨の嵐,宰相中将,謹慎,須磨,紫の上,朧月夜,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 12.とりあえず謹慎します。

    源氏物語 第十二帖 須磨

episode 5. 都の朧月夜、須磨の源氏

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十一帖 花散里(Chapter 11)まで Patr 1-1 完結
 桐壺帝と桐壺の更衣のあいだに産まれた光源氏は父帝の妃の藤壺の宮への満たされない想いを埋めるかのように多くの女人と付き合います。

 正室の葵の上は息子の夕霧を出産後亡くなってしまいます。
 夕顔とは心を許せる付き合いでしたが、変死してしまいました。
 年上のセレブ未亡人の六条御息所は源氏とは別れ、伊勢斎宮となる娘と共に伊勢に移りました。
 藤壺の宮は源氏との罪の子を身ごもり、表向きは桐壺帝の子として東宮を出産します。桐壺院の没後、出家します。
 その藤壺の宮によく似た紫の上を少女のころから二条院で育て、正式な妻として迎えます。

 朱雀帝の祖父の右大臣派が政治の主流となり、左大臣派の源氏は冷遇されるようになります。そんな中、帝のお妃である朧月夜との密会を続けていてそれがバレてしまいます。朱雀帝の母である弘徽殿大后は「帝への謀反!」と源氏を失脚させようとします。
 源氏との付き合いを避ける人も多い中、花散里は今までと変わらず源氏を迎え支えます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 12 須磨 とりあえず謹慎します。 

第十二帖 須磨(Chapter 12)第四話(episode 4)まで
 周りの人たちに別れを告げ、源氏は須磨にたどり着きます。紫の上を始め京に残された人たちは源氏のいないことを寂しく感じ、源氏の身を心配しています。

episode 5. 都の朧月夜、須磨の源氏

第十二帖【須磨】
 源氏 26~27歳 紫の上 18~19歳
 女院(藤壺の宮) 31~32歳 明石の君 17歳~18歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

自分との密会のせいで都落ちしてしまった源氏のことを想うと朧月夜はとても悲しかったんだけど、夫である朱雀帝の寵愛は変わらなかったの。それどころか心優しい朱雀帝は父親である桐壺院の遺言(何事も源氏と共に治めるように)に背くことになってしまったことを悔やんでいるくらい。けれども祖父の右大臣や母の弘徽殿大后には逆らえないのよね。

「私だって源氏がいないのは寂しいだから、あなたはどんなに寂しいんだろうね?」
 帝が朧月夜にそう言うと、彼女はほろほろと涙を流すの。
「その涙はどっちの男のためなの?」
 朧月夜がまだ源氏のことを想っているのも朱雀帝は責めるわけでもなかったので、それはそれで朱雀帝の優しさが朧月夜の良心を苦しめたみたいね。

不穏な空
不穏な空

須磨での寂しい夜に源氏は琴を弾いたり和歌を詠んだりするんだけれど、そうするとあまりの寂しさと都への懐かしさで周りの家来たちが泣いてしまうの。自分の都落ちのために自身の家族を都に置いて仕えてくれている家来のことを思って、 これからは少しでも皆の気持ちを紛らわして明るく振舞おうと源氏は思ったんですって。源氏は学問にも芸術にも優れていたんだけど、中でも須磨の浜辺を描いた絵は見事な出来栄えに仕上がったの。

都でも源氏がいなくなり、源氏を慕う声も聞かれたんだけど、弘徽殿大后はそういった発言も禁止するの。
 二条院では紫の上が源氏の留守をしっかり守ろうと頑張っていたので家来の人たちも誰も辞めたりしないで紫の上にお仕えしようと決めたみたい。紫の上があまりにも美しくて誠実な性格で誰に対しても思いやりがあるので、源氏の君がこの方を特別に愛されるのも当然のことだわと納得したんですって。

To be continued ✈✈✈

 宮中では源氏と浮気していた朧月夜尚侍が非難の的です。けれども彼女はめげません。歌人の俵万智さんは「あの天下の光る源氏がアタシに溺れたのよ」くらいは思っていたんじゃないかと書いています。源氏の須磨謹慎は朧月夜にとっては「オンナの勲章」だとも書いています。(参考文献:愛する源氏物語)
 ただ逆に浮気を責めない夫の朱雀帝に対しては申し訳ない気持ちもあったようですね。
 朱雀帝は怒るどころか源氏が京を離れてしまったことをお父さん(桐壺院)の遺言を守れなかったと気にしています。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。