//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 夏の六条院 源氏と玉鬘

2022-07-21chapter26第二十六帖,常夏,和琴,内大臣,玉鬘十帖,玉鬘,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 26.ふたりのムスメの明と暗

    源氏物語 第二十六帖 常夏

episode 1. 夏の六条院 源氏と玉鬘

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第二十五帖 蛍(Chapter 25)まで
 源氏の六条院は初夏です。玉鬘たまかずらに思わず恋の歌を贈ってしまった源氏ですが、今度は自分の弟である蛍兵部卿宮の玉鬘への恋心を煽るような演出をします。玉鬘は源氏が自分をどうしたいのかわからなくなってしまいます。

 花散里は源氏にとって相変わらず癒しの存在です。その花散里が母親代わりを務めている源氏の息子の夕霧は初恋の君の雲居の雁とのことを彼女の父である内大臣(元頭中将)に引き離され、逢えない日々が続いています。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

本章です🎵

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 26. ふたりのムスメの明と暗
 episode 1. 夏の六条院 源氏と玉鬘

【超訳】常夏 玉鬘十帖
源氏 36歳 紫の上 28歳
玉鬘たまかずら 22歳
夕霧 15歳 柏木 20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

夏になり、源氏を初め夕霧や仲間の公達が六条院の水辺で涼んでいるの。桂川の鮎や鴨川の石臥いしぶし(ヨシノボリ、ドンコの別名)などを取り寄せて目の前で調理させてもてなすのね。

「まったく暑くて音楽を聞く気にもならないし、なにか面白い話でもないかな」
 源氏は内大臣の息子もいたので、お酒を勧めながら最近見つかったらしい近江の君という内大臣の姫君のことを聞き始めたの。

柏木の弟の弁少将べんのしょうしょうが春ごろに内大臣の娘だと名乗り出た姫をお屋敷に引き取った話をするの。身分も低く少し個性的な姫みたいなのね。若い頃いろいろ遊んでいたらしい内大臣らしいと源氏は笑うの。雲居の雁のことでなかなか進展しない息子の夕霧に対しても、「姉妹なんだし、その子とつきあってみれば?」なんてからかったりしているの。

夏の庭
夏の庭

それにしてもせっかく見つけた近江の君にがっかりしているらしい内大臣だから玉鬘のことを聞いたらどんなに喜ぶんだろうなぁ、盛り上がるんだろうなぁなんて源氏は思っていたの。

夕暮れになって皆をそこに残して源氏だけ屋敷内に入るの。玉鬘を呼び寄せて、遠くに見える若い公達の品定めをするの。いろいろな種類の撫子ばかりを植えさせた夏の庭が見事で夕映えに光っているの。

 源氏は夕霧と雲居の雁の一件の話をするの。そこで源氏と内大臣が仲違いをしていることを玉鬘は知り、これでは実父に紹介してもらえるのは難しいんじゃないかって思い悩むの。

月のない夜だったので、燈篭とうろうに灯がともされるの。部屋に和琴が置いてあるのを見て、一番の名手はあなたの父である内大臣だよと源氏は話すの。名人だから滅多なことでは演奏しないけれど、娘のキミはいつか聴くことができるよって話してあげるの。そんな話をしながら源氏が琴を弾くの。華やかな演奏なんだけど、これ以上にお父さんは素晴らしいの? って思いながら玉鬘はお父さんのことを想ったみたいね。

和琴
和琴

源氏の琴の音に玉鬘もつい近づいていったみたい。首を傾げている玉鬘の様子は灯の明りでとても美しいので、源氏は琴を脇へやってしまうの。もっと演奏を聴いていたかった玉鬘はちょっとゲンメツしちゃったみたいね。

To be continued ✈✈✈

 贅を尽くした新築のお屋敷にシェフを呼び寄せて目の前で調理をしてもらい、ゲストをおもてなし。庭の池の水は鴨川の水を引いたんだとか。源氏の平安セレブぶりがうかがえますね。

 一説によると源氏の収入は現在の価値で換算すると1年で数億だったとか……。(諸説あります)
 玉鬘は夕霧と雲居の雁のことで源氏と自分のお父さんの内大臣が対立していることを知りました。
「いつになったらわたしのことをお父さんに紹介してくれるの?」
 玉鬘の心配はつきませんね。

源氏の恋物語のバックグラウンド
移ろう季節の美しさ

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 21 うっとり美しい情景描写
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。