//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 六条院・夏の町と冬の町のお正月

2022-07-21chapter23明石御方,初音,新年,第二十三帖,玉鬘十帖,春の町,紫の上,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 23.源氏と六条院の新年

    源氏物語 第二十三帖 初音

episode 2. 六条院・夏の町と冬の町のお正月

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第二十二帖 玉鬘(Chapter 22)まで
 若いころに死別した恋人夕顔の娘の物語です。母の死を知らされない娘は乳母家族とともに筑紫へ行きますが、紆余曲折を経て京に戻ってきます。父親の内大臣に会うこともできないのですが、夕顔とともに姿を消した女房の右近と再会することができました。右近は今は源氏に仕えていて、源氏の招きで六条院で暮らすことになった姫は源氏の養女となり、玉鬘たまかずらと呼ばれるようになります。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

本章です🎵

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 23 初音 源氏と六条院の新年 

第二十三帖 初音(Chapter 23)第一話(episode 1)まで
 造営した大豪邸六条院のお正月の様子です。春の町の情景、住人である紫の上や明石の姫君の様子が描かれています。

episode 2. 六条院・夏の町と冬の町のお正月

【超訳】初音 玉鬘十帖
 源氏 36歳 紫の上 28歳
 玉鬘たまかずら 22歳 
 明石の姫君 8歳 明石御方 27歳
 夕霧 15歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

次に源氏は夏の町の花散里のところへ行くの。年はとったけれど優しい性格は変わらないままでやっぱり源氏にとっては心が落ち着く存在みたいね。カラダの関係なんかを超越して精神的に結びついている夫婦仲なんですって。そういう愛情は永久に続くだろうって源氏は花散里に逢うたびに思うのね。

万両
お正月の万両

その次に玉鬘を訪ねるの。九州で苦労したからか髪の量はそんなには多くないんだけど(この頃髪の美しさは美人さんの条件なの)、山吹色のお着物が艶やかでとっても美しいの。玉鬘は華やかで輝くような美人さんなのね。源氏は紫の上とも会って仲良くするように玉鬘に話すの。玉鬘もその提案を受け入れるの。

夕暮れに源氏は冬の町の明石の御方のもとへ。部屋の入口からすでにステキな薫香くんこうが焚かれていて品のある雰囲気たっぷりなの。明石の姫君から届いた文の返事やそれに対して明石の御方が詠んだ歌もお部屋にはあったみたいね。源氏が選んだ衣装もとてもよく似合っていて美しい明石の御方に惚れ惚れしちゃうの。

梅の花
お正月の松

新年早々明石の御方の部屋に泊まると紫の上はきっと怒るだろうなと思いながらも、明石の御方の美しさとたおやかさに魅了されて夜を過ごす源氏。それでも夜が明ける前には紫の上のところへ戻ったので、今度は明石の御方が「こんなに早くに帰るの?」と寂しく感じてしまうの。そして春の御殿に帰ったら帰ったでやっぱり紫の上のご機嫌が悪かったみたいね。


「ちょっとうたた寝しちゃったら寝こんじゃってさぁ。誰かを迎えに来させてくれてもよかったのに」
 源氏はそんな風に紫の上におどけて言うんだけれど、紫の上からはろくに返事ももらえなかったみたい。

次の日は紫の上とも顔を合わせづらいので新年の挨拶にやってきた公達きんだちと過ごしたの。みんな正装でいるんだけれど、やっぱり源氏の美しさはダントツみたいね。
 六条院を訪れた公達には今年は新しい楽しみもあったのよ。それはお年頃の姫君(玉鬘たまかずら)がいるから。もちろん会ったりはできないんだろうけれど、なにか話が聞けるかも、なんてときめいてたんですって。

To be continued ✈✈✈

 広い広いお屋敷。モデルになったお屋敷があるそうです。百人一首にも選ばれている河原左大臣のお屋敷だそうです。なんと東京ドーム1.3個分の広さ! あの広さが1軒のお屋敷なんて信じられますか?
 物語ではその広大な敷地を4つに区切ってそれぞれに奥さんたちを住まわせています。新年のあいさつに回るのもこの広さですから大変でしょうね。春の町から出かけて帰ってこない源氏に「やっぱり明石さんとこに泊まるのね」と落ち込む紫の上。逢いに来てくれたけれど夜明け前にそそくさと帰っていく源氏に「やっぱり紫さんが一番なのね」と寂しい想いをする明石の御方。
 まあ、自分のところにいないということは他の奥さんのところに行っているということですからね……。
 結局どちらの女性にもつらい想いをさせていますよね。

源氏ご自慢の大豪邸!
現代の京都の地図にあてはめてみました。

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 17 大邸宅! 源氏の六条院!!
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。