//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 8. 紫の上の魅力

2022-07-20chapter34-2元カノ,復縁,第三十四帖,若菜上,紫の上,朧月夜,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 34-2.さざ波が揺らす心

    源氏物語 第三十四帖 若菜上(二)

episode 8. 紫の上の魅力

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十四帖 若菜上(一)(Chapter 34-1)まで
  源氏の兄である朱雀院は出家の準備を始めますが、内親王(娘)の女三宮は母親を亡くしており後ろ盾がないので将来を心配しています。

 朱雀院は誰かに嫁がせようと考え、源氏に結婚を打診します。源氏は最初は固辞しますが、女三宮が藤壺の宮と血のつながりがあることに気づき結婚を了承してしまいます。この結婚によって紫の上は絶望を味わいます。降嫁してきた女三宮は幼いばかりの姫宮で源氏は早くも結婚を後悔します。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 34-2 若菜上(二) さざ波が揺らす心 

第三十四帖 若菜上(二)(Chapter 34-2)第二話(episode 7)まで
 朱雀院が出家したので妃だった朧月夜は実家に戻ります。懐かしくなった源氏は久しぶりに彼女に逢いにでかけます。一夜を共に過ごした源氏は六条院に戻り紫の上にも復縁の話を打ち明けます。
 ただでさえ女三宮との結婚で精神的ダメージを受けていた紫の上は朧月夜との話を聞き泣いてしまいます。

episode 8. 紫の上の魅力

【超訳】若菜上(二)
源氏 40歳 紫の上 32歳
女三宮おんなさんのみや 14歳 
明石の御方 31歳 明石女御あかしのにょうご 12歳
夕霧 19歳 柏木 24歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

東宮さまに入内した明石女御あかしのにょうごが妊娠して実家の六条院(春の御殿)に里帰りしてきたの。紫の上は久しぶりに女御さまに会うついでに女三宮にも挨拶に行こうとするの。源氏は幼稚な女三宮を見られるのは少し決まりが悪かったんだけれどね。

紫の上はしみじみ考えるの。20年以上も一緒に住んでいて源氏から一番愛されているって過信していたけれど、小さい頃に引き取られて育ててもらったからか自分のことを軽んじていて、今回身分の高い正室を迎えたんだわ、と思うと辛くて寂しいの。和歌を詠んでも哀しい歌ばかりなのよね。

一方源氏は明石女御や女三宮など若い姫君を見たあとで見る紫の上は驚くほど美しいって惚れ惚れしているの。
 気高さや貴婦人ぶりが備わっていて、その上華やかで明るく優雅で何もかもが素晴らしい紫の上。去年よりも今年の方が美しく、昨日よりも今日の方が新鮮でいつまでも飽きることがないと源氏は思うの。
「どうしてこんなに綺麗に生まれてきたんだろうな」
 皮肉なことに女三宮と結婚してからますます紫の上を愛するようになるのよね。

薔薇

~ 身に近く 秋や来ぬらん 見るままに 青葉の山も うつろひにけり ~

(私のところにも秋(飽き)が来たのね。青い葉もあなたの心も色が変わるのね)

紫の上の詠む歌は哀しい諦めの歌なの。

~ 水鳥の 青羽は 色も変はらぬを 萩の下こそ けしきことなれ ~

(俺の心は変わらないよ? キミの様子が変わっちゃったんじゃね?)

こんな歌を紫の上の歌の横に書いたの。ときどきはこうして哀しんで悩んでいる様子がわかるけれど、普段は普通に振舞ってくれる紫の上に源氏は感謝しているの。

その日の夜は女三宮とも紫の上とも一緒にいなくてよさそうだったので、源氏は朧月夜のところに出かけるの。よくないとわかっていながらも気持ちは押さえられないんですって。

そして紫の上は明石の女御と再会したあとで女三宮と対面するの。子供っぽいというより本当に女三宮は子供だったのよね。紫の上も保護者のように優しく話しかけるの。女三宮も紫の上の人柄に惹かれて打ち解けたみたいね。

To be continued ✈✈✈

 源氏の女三宮との結婚と朧月夜との復縁で心労が重なり落ち込んでいる紫の上に嬉しいニュースがもたらされました。養女として育てた明石女御が懐妊して実家である六条院に帰省してきました。懐かしい明石女御との再会のついでに女三宮とも面会します。
 六条院の女主人として心配り気配りをして周りの人と温厚な関係を築こうとする紫の上。容姿も内面も素晴らしい紫の上。当時の女性の理想像として描かれているように思われます。

🖌Genji Waka Collection

~ 身に近く 秋や来ぬらん 見るままに 青葉の山も うつろひにけり ~

紫の上が六条院(源氏)の移ろいやすい心を嘆いて詠んだ歌

~ 水鳥の 青羽は 色も変はらぬを 萩の下こそ けしきことなれ ~

六条院(源氏)が紫の上に変わらぬ愛を詠んだ歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。