//CSS rules to specify families //CSS //JS <title>姫君との別れ(薄雲1)【超訳】1日1000文字源氏物語♫ お気楽お気軽に楽しむ源氏ワールド</title>

episode 1. 姫君との別れ

2022-07-21chapter19薄雲,第十九帖,明石尼君,明石の姫君,和歌一覧,和歌,明石の君,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 19.永遠の人

    源氏物語 第十九帖 薄雲

episode 1. 姫君との別れ

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十八帖 松風(Chapter 18)まで
 明石の君が3歳になった姫君とともに京に上ってきました。
 今は都の郊外の大堰に滞在しており、源氏とも3年ぶりの再会を果たします。

 初めて会った姫君も可愛らしく、彼女の将来を考えて、源氏は(明石の君より身分の高い)紫の上に養母になってもらおうと考えます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 19. 永遠の人
 episode 1.姫君との別れ

第十九帖【薄雲】
 源氏 31~32歳 紫の上 23歳~24歳
 女院(藤壺の宮) 36~37歳
 冷泉帝 13歳~14歳
 明石の君 22~23歳 明石の姫君 3~4歳
 梅壺女御 22~23歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

源氏は明石の姫君の将来を考えて二条院で紫の上の養女として育てるという提案を明石の君にするのね。明石の君も源氏はそう考えているんじゃないかって予想していたんだけれど、いざそう言われると動揺しちゃうのね。源氏は紫の上は子供好きだからきっといい母親になると言って明石の上を安心させようとするの。


 明石の君も紫の上の評判は聞いていたの。若い頃の源氏はいったいどんな女性だったら満足するのかって思うほどいろいろな人との恋のウワサがあったけれど、紫の上と結婚してからはそんなウワサがなくなったので、彼女は素晴らしい女性なんだわって明石の君は思っていたのね。だったら物心のついていない今のうちに姫を預けるのがいいかもしれないとも思うの。

明石の君のお母さんの明石の尼君は源氏の提案に賛成して娘を説得するの。それが姫のためには一番いい方法だと明石の君も頭ではわかっていても、自分の産んだ娘を手放すのはもちろん悲しいし、姫がいなくなった私のところになんて源氏はもう通ってきてくれなくなるんじゃないの? ってとても不安になっちゃうのよね。

冬になって決心したんだけれど、やっぱりお別れの日はツラくてツラくて堪らなかったの。普段は源氏が来てくれるのを楽しみに待つ明石の君だけれど、今回だけは源氏が来るのが辛かったわね。源氏も明石の君には辛いことだと思って、一晩かけてなぐさめるの。

雪
雪の日の別れ

「いいえ、いいんです。これで私が産んだということが隠されるんですから」
 そう言って明石の君は泣くの。

明石の姫君は嬉しそうにお父さんの源氏と牛車に乗ろうとするの。何も知らない姫君は当然お母さんも一緒にお出かけすると思っているの。

~ 末遠き 二葉の松に 引き分かれ いつか木高き かげを見るべき ~

(幼いあなたとお別れして、成長したお姿を見られるのはいつになるのかしら)

 最後までは言い切れないまま明石の君は号泣してしまうの。源氏もわかっていたとはいえ、なんて気の毒なことなんだろうって思うの。

~ ひ初めし 根も深ければ 武隈たけくまの 松に小松の 千代を並べん ~

(本当の母子なんだからいつか一緒に暮らせるようになるよ)

 そう源氏は明石の君に語りかけて、姫君の乳母や女房達と出発したの。

To be continued ✈✈✈

 悩みぬいた明石の君が娘の明石の姫君を紫の上に託しました。好きな人の子を産んだのに育てられない。愛する娘の成長を見ることができない。娘の将来のためとはいえ明石の君にとってはツライことですよね。
 貴族社会では子供の将来(結婚)も家の繁栄のためなのですね。

🖌Genji Waka Collection

~ 末遠き 二葉の松に 引き分かれ いつか木高き かげを見るべき ~

明石の君が姫君と別れるときに号泣しながら詠んだ歌

~ ひ初めし 根も深ければ 武隈たけくまの 松に小松の 千代を並べん ~

源氏内大臣が明石の君をなぐさめようと詠んだ歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。