//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 宿命の子

2022-07-20chapter42匂兵部卿,第四十二帖,匂宮,,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 42.ふたりのイケメン

    源氏物語 第四十二帖 匂兵部卿におうひょうぶきょう

episode 2. 宿命の子

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十一帖 幻(Chapter 41)まで Part 2 完結
  桐壺帝の第二皇子として産まれた光源氏は幼くして母を亡くし、報われない藤壺の宮への想いを埋めるかのように数々の女人とつきあい愛に彷徨います。

 子供も結婚、独立し、紫の上と晩年を過ごそうとしていた源氏に兄朱雀院の内親王女三宮との結婚話が持ち上がります。若い姫宮との結婚、加えて朱雀院の寵姫だった朧月夜と源氏の復縁に紫の上は絶望を味わいます。
 太政大臣(元頭中将)の長男の柏木は女三宮に結婚を申し込んでいましたが叶わず、源氏と結婚した女三宮への秘めた想いをずっと持ち続けていました。紫の上が病に倒れ源氏が看病につきっきりの隙に柏木は女三宮と密通し、女三宮は懐妊、ふたりの密事は源氏に知られてしまいます。源氏に気圧けおされた柏木は病に伏します。

 女三宮は男児を出産しますが、その後出家します。子供の誕生と女三宮の出家を知った柏木は失意の中絶命します。
 柏木の友人である夕霧は「源氏とのいさかいのとりなし」と「妻の女二宮のこと」を託されます。夕霧は柏木のことを本人からは聞いていませんが女三宮と何かあったのではと感づいています。女二宮のことは次第に恋心を抱くようになり結婚へと至ります。

 徐々に弱っていく紫の上は出家を願いますが源氏に認めてもらえません。常に源氏や周りの人を気遣い誰からも慕われる紫の上は明石中宮に手を取られながら息を引き取ります。
 源氏は壮絶な悲しみに襲われます。何をしても何を見ても紫の上を想い、恋い、慕い、彼女を苦しめたことを悔やみ、嘆きます。紫の上の一周忌ののちに源氏は身辺整理をして出家の準備を始めました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

本章です🎵

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 42 匂兵部卿におうひょうぶきょう ふたりのイケメン 

第四十二帖 匂兵部卿におうひょうぶきょう(Chapter 42)第一話(episode 1)まで
 源氏が亡くなってから8年が経ちました。夕霧など第二部までに登場した人物の近況が語られます。そして第三部の主役となるふたりが登場します。
 今上帝と明石中宮の第三皇子の匂宮におうのみやと源氏と女三宮の子の薫です。薫は表向きは源氏の子ですが真実は女三宮と柏木の子です。このふたりの物語が第三部(Part3 激しく流れる恋の川)です。

episode 2. 宿命の子

【超訳】匂兵部卿におうひょうぶきょう 匂宮におうのみや三帖
薫 14~20歳 匂宮におうのみや 15~21歳
夕霧 40~41歳 女三宮 35~41歳
明石中宮あかしのちゅうぐう 32~38歳 明石御方あかしのおんかた 52~58歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

薫は元服後トントン拍子で出世しているの。冷泉院(源氏と藤壺の宮の子)は薫のことをとっても可愛がっているの。自宅に薫専用の部屋を造り薫専用の女房たちまで雇っているの。でも薫のお母さんの女三宮が薫に頼りきりだったから、薫は冷泉院の御所と母の三条の宮を行ったり来たりの生活で忙しそうなのよね。他に帝と明石中宮の子である東宮さまや兄弟の宮さま達も親友のようによく薫を呼び出すので、身体をいくつかに分けられたらいいのになんて思っているみたいね。

ぱっと見順風満帆に見える薫なんだけれど、小さい頃に自分の出生のウワサをチラッと聞いたことがあってずっと気にしているの。けれども誰にも聞くこともできなくて悩んでいるの。

~ おぼつかな たれに問はまし 如何いかにして 始めも果ても 知らぬ我が身ぞ ~

(誰に聞いたらいいんだろう。僕はどうやって生まれてきてどう生きて行ったらいいんだろう)

どうしてお母さんはあんなに若くして出家しなきゃいけなかったのか、自分が生まれてくることに何か不幸なことがあったんじゃないか、本当に自分は源氏の子なんだろうか、源氏にも自分の存在が不快にさせていたんじゃないか、もし源氏の子じゃないのなら冷泉院さまに目をかけてもらって出世する資格なんてないんじゃないか……。

 そんなことを考えていたから出仕(勤め)始めて周りの華やかさに触れても薫自身は浮かれることもなく冷静な性格になっていったの。それどころかいっそ出家したいな、なんて考えるようになっちゃうの。

 でも薫の思惑とは裏腹に帝(女三宮の異母兄)も中宮(源氏の娘)も薫のことを自分の子どもと同じように可愛がっているし、それは夕霧も同じなのね。

かつての光源氏は帝の皇子の中でも最も愛されたけれど、それを嫉妬する反対派があったり、お母さん(桐壺の更衣)を早くに亡くして実家の支えがなかったりしたけれど、薫は最初からすべてを手に入れていたのよね。そして見た目も優美で気品高く思慮深く誰とも似ていなく優秀な男子に成長していたの。

薫の身体からはいい香りがしたの。そのなんともいえない香りは人を惹きつけて、離れたところでも薫がそこにいるってわかるくらいだったの。庭の木も薫の袖が触れれば春の雨の日にも枝の雫が香りを放つし、秋の野の藤袴も薫が通ればなつかしい香りがしたんですって。

金木犀

To be continued ✈✈✈

 薫は落ち着いたクールイケメンといったところでしょうか。
 帝や冷泉院、明石の中宮さまなど高貴な方々に我が子のように可愛がられているのに浮わついたところもないようですね。

 この時代は自分好みの香を衣服に焚き染めるのですが、薫の場合は香を使わなくてもいい香りがしたようです。ミステリアス、ですね。

 ミステリアスと言えば薫は自分の出生について悩んでいます。小さい頃女房たちが「薫さまって本当に院さま(源氏)のお子様かしら?」とウワサしているのを聞いてしまったようですね。

🖌Genji Waka Collection

~ おぼつかな たれに問はまし 如何いかにして 始めも果ても 知らぬ我が身ぞ ~

自分の生い立ちにはよくない事情があるんじゃないかと悩む薫中将が詠んだ歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。