//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 朱雀院の悩み

2022-07-20chapter34-1第三十四帖,若菜上,朱雀院,女三宮,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 34-1.それは水紋のように

    源氏物語 第三十四帖 若菜上(一)

episode 1. 朱雀院の悩み

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十三帖 藤裏葉(Chapter 33)まで Part 1 完結
  桐壺帝の第二皇子として産まれた光源氏は幼くして母を亡くし、報われない藤壺の宮への想いを埋めるかのように数々の女人とつきあい愛に彷徨います。

 兄である朱雀帝妃の朧月夜との密会の責任をとり謹慎生活を送っている須磨から明石に移り住み、明石の君と出逢い姫君が産まれます。源氏は都に戻り復職し、明石の君と姫君を京に呼び寄せます。また藤壺の宮が亡くなります。源氏は明石の姫君の将来のために身分の高い紫の上に養母になってもらいます。

 若いころに付き合っていて死別した夕顔の娘(父は内大臣)を養女として源氏は引き取ります。玉鬘と呼ばれる姫は美しく、都中の公達が求婚し、源氏までもが恋心を抱くようになりますが、源氏と藤壺の宮の子である冷泉帝の後宮に尚侍として上がることになります。しかし、玉鬘を諦めきれない髭黒大将が寝室に侵入し結婚してしまいました。

 源氏と正室の葵の上(故人)の息子である夕霧は幼なじみで従姉の雲居の雁と一緒に育ち、淡い恋心を抱いていましたが、雲居の雁の父の内大臣(元頭中将)に交際を反対され6年も引き離されていましたが、誠実に努力をして出世した夕霧を内大臣が認め、初恋を実らせようやくふたりは結婚しました。

第二部 幾重にも広がる恋の水紋
 Chapter 34-1. それは水紋のように
  episode 1. 朱雀院の悩み

【超訳】若菜上(一)
源氏 39〜40歳 紫の上 31〜32歳
女三宮おんなさんのみや 13〜14歳 
明石の御方 30〜31歳 明石女御あかしのにょうご 11〜12歳
夕霧 18〜19歳 柏木 23〜24歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

六条院へ行幸なさった後、源氏の兄の朱雀院の体調が悪くなってしまうの。それで出家の準備を始めるんだけど、遺される子供達のことが気がかりなのね。朱雀院には東宮(皇太子)の他に内親王(娘)が4人いるんだけど、特に後ろ盾のない女三宮おんなさんのみやが心配なのね。年は13歳。
 女三宮のお母さんは亡くなった女院(藤壺の宮)の異母妹にあたるの。そのお母さんが亡くなっているのでお父さんまで出家してしまうと誰もいなくなっちゃうのね。

どうやら朱雀院が出家するらしいってウワサを聞いた貴族たちが院のところへお見舞いに行くの。夕霧も源氏の使いで来ているのね。二十歳少し前の夕霧はとても美しい顔立ちで、朱雀院はなんとなく女三宮と結婚してくれないかなって探ってみるの。けれども、たとえ一夫多妻制だとしても、やっとの想いで初恋の雲居の雁と結婚したばかりなので夕霧はそんなこと考えられないのね。

その昔、幼い紫の上を引き取って貴婦人に育てた源氏みたいに少女の女三宮を育て上げてくれる男子はいないかと朱雀院はいろいろと考えるの。そこで女三宮の乳母に相談してみるの。すると夕霧は新婚で真面目だから縁談には応じてくれないだろうって分析するの。それなら父親の源氏の方がオンナ好きでいまだに恋愛体質だから夕霧よりは可能性があるんじゃないかって提案するのよね。

乳母は六条院にツテのある兄にも相談するの。するとその人は、今の源氏の奥さまや愛人は身分的にはそう高くない人達ばかりで皇族出身の方はいらっしゃらないから、もし女三宮と結婚したら(身分的に)お似合いの夫婦になるんじゃないかって話をするの。

朱雀院も誰と結婚させるのが一番幸せか考えるの。院や源氏の弟の蛍兵部卿宮は風流だけれど少し頼りない。太政大臣(元頭中将)の息子の柏木が結婚相手に立候補してくれているけれど、皇女の女三宮には柏木の身分が低い。

夕霧も朱雀院が悩んでいるのを知っているけれど、雲居の雁を悲しませることになるし、やっぱり女三宮との縁談は受け入れられないなって思うの。  

 そんなこんなで、やっぱりここは源氏しかいないなって朱雀院は考えるみたい。

小菊

To be continued ✈✈✈

 源氏物語第二部の幕が上がりました。源氏のお兄さん朱雀院のお話から始まりましたね。
 朱雀院の娘の女三宮は13歳。源氏が39歳、夕霧が18歳くらいです。年齢的には夕霧の方が結婚相手にふさわしいのでしょうけれど、新婚の夕霧はまったくその気はありません。
 この時代の貴族としては身分の高い女性との結婚は自分のステイタスも上がり、仕事面でも昇進に有利だったりするので夕霧の友人の柏木のように結婚を望むのが一般的かもしれません。
 年の差婚は今以上にあったと思います。桐壺帝と藤壺の宮、空蝉と伊予の介などは親子ほどの年の差がありましたね。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。