//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 6. 引き裂かれる心

2022-07-20chapter51第五十一帖,宇治,宇治十帖,匂宮,,和歌一覧,和歌,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 51.狂い始める恋情

    源氏物語 第五十一帖 浮舟

episode 6. 引き裂かれる心

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十帖 東屋(Chapter 50)まで
  大君や中の君の異母妹(浮舟)を見初めた薫は「世話をしたい」と申し出ますが、姫サイドからは身分差もあり本気にしてもらえません。浮舟を二条院に滞在させている中の君は薫と浮舟の仲をとりもとうと考えています。
 匂宮は中の君の異母妹とは知らず自宅で浮舟と出逢い興味を持ちます。

 匂宮と浮舟とのあいだに間違いが起きるのを恐れた浮舟の母は浮舟を二条院から退去させます。薫は仮住まいの家で浮舟と対面し、彼女を宇治に匿うことにします。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 51 浮舟 狂い始める恋情 

第五十一帖 浮舟(Chapter 51)第五話(episode 5)まで
 自宅の二条院で出会った女性の事を匂宮は興味を持ちます。やがて彼女は薫が宇治に匿っている恋人だとわかりました。
 匂宮は薫のフリをして宇治を訪ね、浮舟を我が物にしてしまいました。翌日もふたりきりで過ごし別れ際にはお互い「離れたくない」と歌を交わし合います。
 匂宮と浮舟のことを知らない薫が浮舟を訪ねます。浮舟は薫への申し訳なさと匂宮への想いのあいだで揺れ動きます。
 匂宮は薫への対抗心から浮舟を奪いつくそうとします。

episode 6. 引き裂かれる心

【超訳】浮舟 宇治十帖
 薫 27歳 匂宮におうのみや 28歳
 中の君 27歳 浮舟 22歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

~ ながめやる そなたの雲も 見えぬまで 空さへくるる 頃のわびしさ ~

(キミに逢えなくて真っ暗な空みたいでツライよ)

こんな情熱的な歌を匂宮から贈られて浮舟も同じ想いを抱いてしまうの。浮舟は薫と匂宮の板挟みになってしまい、どちらの気持ちに応えればいいのか悩んでしまうの。

 もし薫に匂宮のことがバレたらどんなに軽蔑されるんだろう。考えただけでも恐ろしい。かといって匂宮についていっても浮気性なカレにいつまで愛してもらえるか保証はないし、匂宮の妻の中の君(自分の異母姉)にも申し訳ない。どちらも選べない状況になっているのよね。そんなときに薫からも手紙が届くの。

~ ながめやる をちの里人 いかならん はれぬながめに かきくらすころ ~

(長雨が続くけれどどうしていますか? いつも以上にあなたが恋しいよ)

立て続けにふたりの男子から恋歌ラブレターを贈られて浮舟は自分がとてもふしだらに思えてしまうの。

~ かき暮らし 晴れせぬ峰の 雨雲に 浮きて世をふる 身をもなさばや ~

(真っ暗な空の雨雲みたいに空に消えていく煙になってしまいたいわ)

浮舟からの返歌を受け取った匂宮は彼女も自分を想っていてくれているって声をあげて泣くんですって。

~ つれづれと 身を知る雨の をやまねば 袖さへいとど かさまさりて ~

(降り続く雨のように寂しくて泣いています。涙をぬぐう私の袖がもっと濡れてしまいます)

こっちが薫宛ての返歌なの。かわいそうに、寂しい想いをさせているなって薫は愛おしく思うの。

薫は浮舟を4月に都に迎えることにするの。匂宮も都の目立たないところに隠れ家を用意して浮舟を匿う予定だって彼女に伝えるの。どこに隠れても見つけ出して迎えに行くと書いてある手紙が送られてきて、浮舟はもうどうしたらいいかわからないの。

 お母さんに相談しようかとも思ったんだけど、実家では娘(浮舟の異父妹)のお産で忙しく、お母さんは薫との結婚を喜んでいるので現在の三角関係の話はとてもできないの。

二股

「二条院で匂宮様とニアミスしたって聞いたときは生きた心地がしなかったわ。万が一だけれど娘が匂宮様とマチガイを起こしたら中の君様に申し訳がたたないわ。娘とは親子の縁を切るしかないわね」
 お母さんがあのとき匂宮のちょっかいをを阻止した浮舟の乳母にそんな話をしているのを浮舟は聞いてしまうの。

はしたない三角関係が世間に知られて物笑いにされたらお母さんにも迷惑をかけてしまう。こうなったらもう死ぬしかないんだわ。浮舟はそんなことを考え始めるの。

To be continued ✈✈✈

 激情的な匂宮に誠実な薫、タイプの違うふたりから熱烈な恋の歌が届けられます。
 母親に相談しようかとも考えましたが「万が一にでも匂宮様と間違いがあったら親子の縁を切る」と話しているのを聞いてしまいました。
 ふたりからの想いにどう応えたらいいかわからない。
 三角関係などというはしたないことをしてしまった。
 このことが知られたら母親からは親子の縁を切られてしまう。
 揺れ惑う彼女の心情はまるで激流に翻弄される浮舟のようです。この巻名ですね。

ひとりの女子に想いを寄せる男子がふたり
三角関係の元祖?! 

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 45 これぞテッパン中の大テッパン! 
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ ながめやる そなたの雲も 見えぬまで 空さへくるる 頃のわびしさ ~

    匂宮が浮舟に贈った激情的な恋の歌

    ~ ながめやる をちの里人 いかならん はれぬながめに かきくらすころ ~

    薫が浮舟に贈った誠実な恋の歌

    ~ かき暮らし 晴れせぬ峰の 雨雲に 浮きて世をふる 身をもなさばや ~

    浮舟が匂宮に返した恋に苦しむ歌

    ~ つれづれと 身を知る雨の をやまねば 袖さへいとど かさまさりて ~

    浮舟が薫に返した自身の辛さを嘆いた歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。