//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 薫の作戦

2022-07-20chapter47第四十七帖,宇治,宇治十帖,総角,大君,中の君,匂宮,,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 47.恋の終わりと恋の始まり

    源氏物語 第四十七帖 総角あげまき

episode 2. 薫の作戦

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十六帖 椎本しいがもと(Chapter 46)まで
  薫から宇治の姉妹の話を聞いた匂宮はふたりとコンタクトをとるために宇治に出かけます。薫も滞在先の夕霧の別荘で出迎えます。そこへ八の宮から和歌が届きますが身分柄匂宮は八の宮邸を訪問できません。自分をアピールしようと匂宮は桜の枝と和歌を姉妹に贈ります。返歌は中の君が詠みます。
 八の宮は薫に自分亡きあとの姫君たちを託します。娘たちには「簡単には結婚しないように」「宮家の品位を保つように」言い遺して亡くなります。

 悲しみにくれる姉妹を匂宮も薫も心配しています。薫は大君への恋ごころを自覚し、匂宮には中の君との仲をとりもとうと考えます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 47 総角あげまき 恋の終わりと恋の始まり 

第四十七帖 総角あげまき(Chapter 47)第一話(episode 1)まで
 八の宮の一周忌を迎え、供え物の総角結びになぞらえて、薫は大君に「ずっと一緒にいたい」と恋の歌を贈りますが大君は応えようとしません。自身は父の遺言に従い独身を通し、妹の中の君と薫を結婚させようと考えているようです。

episode 2. 薫の作戦

【超訳】総角あげまき 宇治十帖
 薫 24歳 匂宮におうのみや 25歳
 大君おおいぎみ 26歳 中の君 24歳
 夕霧 50歳 明石中宮 42歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

一周忌が終わって、薫が宇治に通って来ても大君は会おうともしないの。薫の結婚相手には中の君がいいって大君は思っていて、中の君にもそれとなく結婚話をするの。でも中の君は大君と薫が付き合っていると思っているし、自分は結婚しないで宇治で暮らしていくって決めているから薫との結婚話は納得できないのよね。

そっけない大君の態度に薫は弁の君(出生のヒミツを離してくれた女房)に協力してもらって姫君の寝室に案内してもらうことにするの。大君と中の君は一緒の部屋なんだけどね。でも人の気配に気づいた大君が寝室から逃げ出しちゃうの。そのあとで寝室に侵入した薫は中の君と対面することになっちゃうの。かといって「あなたじゃないです。間違えました」というワケにもいかなくてそのまま話をして夜を過ごすことになるの。

 中の君は大君が話してた結婚話はこのことだったんだわ、お姉さまが仕組んだことだったのね、と傷つくの。薫も僕は大君にこんなに嫌われてんの? って落ち込んで弁の君に愚痴って帰って行ったの。

つれなくされても、どうしても大君のことが諦められない薫なのね。手紙や和歌を送りながら悶々としているみたい。だったら先に匂宮と中の君を結婚させてしまえば大君も自分と結婚してくれるんじゃないかって考え始めるの。

「今度宇治に行くときは絶対にオレも連れてけよ。ひとりでフライングすんなよ?」
 匂宮は薫にそう伝えるの。
「キミは惚れっぽいからね。中の君が傷ついたら可哀想だからね」
 まるで中の君の保護者みたいな薫なの。
「見てろよ。これは本気の恋なんだぜ?」
 匂宮が真面目にこう言うの。そうして薫も匂宮を宇治に連れて行く作戦を考え始めるの。

宇治までコソコソ通っているのがお母さんの明石中宮にバレないように匂宮は薫と一緒にこっそり都を抜け出すの。山荘に到着してもまずは薫だけがお屋敷に入って、弁の君に「大君に話がある。そのあとで中の君のところに案内してほしい」って取次を頼むのね。

 大君は薫が中の君との結婚のことを承諾してくれたと思って薫と対面するの。でも薫は中の君と結婚するつもりなんてなくてまた大君のことを口説くのね。そのころ隠れていた匂宮が薫のふりをして弁の君に中の君のところまで案内させて、彼女の寝室に侵入するの。

To be continued ✈✈✈

 大君は薫と中の君を結婚させようとしていますし、薫と匂宮は匂宮と中の君を結婚させようとしていますが、肝心の中の君はどちらの結婚話も了承していません。
 また寝室侵入、です。今までに何人かの登場人物が「これから会いに行きます」という歌や手紙もなく、いきなり部屋に侵入され同意もなく身体の関係を結ばれてしまっています。
 薫は寝室で大君に逃げられ中の君と遭遇しましたが、相手が大君ではなかったので襲ったりはせず話をするだけでした。今度は匂宮が中の君のところへ侵入しようとしています……。

生真面目男子と息をするように恋する男子
あれ、この設定って……

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 42 なにやら聞いたことのあるハナシ
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。