//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 匂宮と中の君

2022-07-20chapter46桜の枝,第四十六帖,宇治,宇治十帖,椎本,大君,中の君,八の宮,匂宮,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 46.ふたりの恋

    源氏物語 第四十六帖 椎本しいがもと

episode 2. 匂宮と中の君

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第四十五帖 橋姫(Chapter 45)まで
  源氏の弟である八の宮の様子が語られます。桐壺帝の皇子にもかかわらず忘れられた存在で宇治に隠棲している八の宮の生き方に感銘を受けた薫は教えを請いに宇治通いを始めます。八の宮にはふたりの姫君がおり、薫は宇治で姫君たちの姿を垣間見て意識するようになります。
 また薫は八の宮の邸で弁の君という女房から自身の出生の真実を聞かされます。「僕は源氏の子なのだろうか」という子供の頃からの疑念は的中し、実の父は亡くなった柏木大納言だと知りました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 46 椎本しいがもと ふたりの恋 

第四十六帖 椎本(Chapter 46)第一話(episode 1)まで
 薫から宇治姉妹の話を聞いた匂宮は宇治に出かける計画を立てます。宇治にある夕霧の別荘に薫と滞在しますが、身分柄直接八の宮の邸宅を訪れることはできません。そこに八の宮から和歌が届けられました。

episode 2. 匂宮と中の君

【超訳】椎本しいがもと 宇治十帖
 薫 23~24歳 匂宮におうのみや 24~25歳
 大君おおいぎみ 25~26歳 中の君 23~24歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

匂宮は薫の代わりにノリノリで返歌をするの。

~ 遠近をちこちの みぎはの波は 隔つとも なほ吹き通へ 宇治の川風 ~

(そちらとこちらとを波が隔てていても風は吹き渡りお互いを通わせるよ=んなもん、あっという間に飛び越えるぜ?)

薫は八の宮を訪ねることにするの。他にも音楽が好きな同僚や八の宮に興味がある人も一緒に行くんだけれど、身分の高い匂宮は出かけられないの。匂宮は自由に行動できない身分の重さを恨むのね。

 夕霧の山荘も別荘らしい趣のあるお屋敷だけれど、八の宮邸はもっと風情があってわびさびの世界なの。薫たちお客を出迎えた八の宮は琴の演奏を披露するの。

出かけられなかった匂宮は少しでも姫君たちに自分をアピールしたくて桜の枝を添えて手紙を寄越してきたの。

桜
桜の枝を添えて

~ 山桜 にほふあたりに 尋ね来て 同じ挿頭かざしを 折りてけるかな ~

(美しいと評判のここの桜をキミたちの髪飾りアクセサリーにね(^_-)-☆ = キレイと噂のキミ達に逢いたくてやってきたんだ。仲良くしてもらえないかな)

こんな恋の歌をもらったことのない姫君たちはお返事が書けないわとふたりで譲り合っているんだけれど、もったいつけるとかえって期待させてしまうからさりげないお返事をした方がいいって女房たちがアドバイスするのね。そこで中の君が返事を書いたの。

~ 挿頭かざし折る 花のたよりに 山賤やまがつの 垣根を過ぎぬ 春の旅人 ~

(アクセサリーの材料集めのついでに立ち寄る程度の春の旅行者なのですね = ほんのいっとき通り過ぎるだけの方でしょう?)

とても美しい文字で書かれていて和歌としても匂宮の恋の歌を上手に交わしている歌で匂宮はグッときちゃったみたい。後ろ髪をひかれる思いで都へと帰っていったのよ。

それからは薫の仲介なしでダイレクトに匂宮の手紙が八の宮邸に届くようになるの。けれども八の宮は都でも有名なモテ男が軽いお遊びで書いているんだろうから、求婚などと重くとらえないでおこう、「思わせぶりなことはしないで、当たり障りない返事をしておきなさい」と娘たちに話すの。大君はとても軽い気持ちでなど恋の歌が詠めないと言うので中の君が返事は書くことにするの。

「いっそのこと不美人ならこんなに悩むこともないだろうに」
 美しい姫君の将来をどうしたらいいかと八の宮は迷っているみたい。このとき大君が二十五歳、中の君が二十三歳になっていたの。

 ふたりの姫君のうちひとりでも結婚してくれれば、残りの姫も(経済的に)面倒を見てもらえるだろうからどちらかを結婚させようと思うんだけど、大切な姫を託すことのできる相手が見当たらないの。みんな興味本位でからかっているだけだと思っているの。でも匂宮は熱心に想ってくれているように八の宮にも見えるみたいね。

To be continued ✈✈✈

 薫はいち貴族ですが、匂宮は現天皇の皇子です。とても高い身分です。薫は普段でも八の宮に会いに宇治に出かけられますが、皇子の匂宮はそれもできません。ですからわざわざ「初瀬詣で」というイベントを企画してその帰りに宇治に立ち寄るという作戦をたてました。匂宮にとっては初瀬詣ではあくまでも口実で帰りの宇治滞在がメインですね。
 行動が制限されている匂宮が必死で考えた作戦だったのでしょうね。

 しかもせっかく宇治にたどり着いたものの八の宮邸に訪問できたのは薫だけで「身分の高い」匂宮は訪ねることができませんでした。身分が高いというのも自分の思惑どおりに動けず不自由なこともあるのですね。
 それでも自分をアピールしたくて桜と和歌を姫君たちに贈りました。
 美しい字と自分の贈った和歌をさりげなくかわした歌。姿を見たことがなくても(見たことがないからなおさら?)匂宮の恋心は盛り上がっていますね。

誰からも慕われ 誰にも愛を振りまき?!
おじいちゃんの隔世遺伝?!

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 41 ちゃらちゃらチャラ男も宇治へゆく
  • 🖌Genji Waka Collection

    ~ 遠近をちこちの みぎはの波は 隔つとも なほ吹き通へ 宇治の川風 ~

    匂宮が「へだたりなんてねぇぜ?」と八の宮に返した歌

    ~ 山桜 にほふあたりに 尋ね来て 同じ挿頭かざしを 折りてけるかな ~

    訪問できなかった匂宮が姉妹に贈った歌

    ~ 挿頭かざし折る 花のたよりに 山賤やまがつの 垣根を過ぎぬ 春の旅人 ~

    中の君が匂宮の恋の歌を上手にかわした歌

    小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。