//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 7. 信じていたのに

2022-07-20chapter51第五十一帖,宇治,宇治十帖,匂宮,,和歌一覧,和歌,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 51.狂い始める恋情

    源氏物語 第五十一帖 浮舟

episode 7. 信じていたのに

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十帖 東屋(Chapter 50)まで
  大君や中の君の異母妹(浮舟)を見初めた薫は「世話をしたい」と申し出ますが、姫サイドからは身分差もあり本気にしてもらえません。浮舟を二条院に滞在させている中の君は薫と浮舟の仲をとりもとうと考えています。
 匂宮は中の君の異母妹とは知らず自宅で浮舟と出逢い興味を持ちます。

 匂宮と浮舟とのあいだに間違いが起きるのを恐れた浮舟の母は浮舟を二条院から退去させます。薫は仮住まいの家で浮舟と対面し、彼女を宇治に匿うことにします。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 51 浮舟 狂い始める恋情 

第五十一帖 浮舟(Chapter 51)第六話(episode 6)まで
 自宅の二条院で出会った女性の事を匂宮は興味を持ちます。やがて彼女は薫が宇治に匿っている恋人だとわかりました。
 匂宮は薫のフリをして宇治を訪ね、浮舟を我が物にしてしまいました。翌日もふたりきりで過ごし別れ際にはお互い「離れたくない」と歌を交わし合います。
 匂宮と浮舟のことを知らない薫が浮舟を訪ねます。浮舟は薫への申し訳なさと匂宮への想いのあいだで揺れ動きます。匂宮は薫への対抗心から浮舟を奪いつくそうとします。
 匂宮と薫からそれぞれ恋歌が浮舟に届けられます。浮舟はどちらも選ぶことができず三角関係に苦悩しています。

episode 7. 信じていたのに

【超訳】浮舟 宇治十帖
 薫 27歳 匂宮におうのみや 28歳
 中の君 27歳 浮舟 22歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

浮舟のところに薫からも匂宮からも手紙が届くの。
「具合が悪いって聞いたけれど大丈夫?」これは薫の手紙。
「まだ迷ってんの? オレんとこに来いよ」こっちは匂宮ね。

 このとき薫の手紙を届けた男が偶然匂宮の手紙を届ける男を目撃するの。そのことを薫に報告するの。

匂宮と浮舟が付き合っている? まさかそんな。いやありえなくはない。むしろ大いにありえる。あの女好きで手が早い彼ならありえる。ありすぎる。宇治の屋敷に匿って安心していた自分がバカだった。中の君とうまくいくようにサポートしてやったのにそっちはその恩を仇で返す気かよって薫は悔しく思うの。

「こっちは中の君のことが気になっていても不貞は犯していないのに」
 友人である匂宮にやましい気持ちを持ちたくないから中の君のことも我慢していたのに。僕は馬鹿みたいじゃないか。
 ここんとこ匂宮は病気がちだったぞ? でも時々行方不明になってみんなが探していた……。
 そういえば最近浮舟の様子もヘンだった。そういうことかよ。考えれば考えるほどすべてのつじつまが合ってくるの。

薫は浮舟に手紙を送るの。

~ 波こゆる 頃とも知らず 末の松 まつらむとのみ 思ひけるかな ~

(あなたが浮気してるだなんて思いもよらなかったよ。僕のことを待ってくれていると信じてたのに)

浮舟は「このお手紙は宛先違いです」なんて薫の追及をかわそうとするんだけれど、とうとう匂宮のことがバレてしまったと恐れてしまうの。

「より心惹かれる方をお選びになればいいのですよ」
 事情を知っている女房の右近と侍従が浮舟にそうアドバイスしてあげるの。
 どうしても薫さまじゃなくてもいいんですよ、と浮舟が匂宮に傾いているのを見透かしたみたいに話してくる女房たちなんだけれど、浮舟自体は本当にどちらも選ぶことができないの。
「もう死んでしまいたいわ」
 突っ伏して泣いてしまうの。

すると次は手紙ではなくて武士が宇治にやってくるの。薫の命令で屋敷の警護をするらしいの。
 匂宮からも絶対に連れ出すから待ってろという手紙が届くの。浮舟はその手紙を顔に押し当てて声を上げて泣くの。もうどうしたらいいか混乱してしまって返事も書けないの。すると匂宮は薫に妨害されて返事が書けないと勘違いして宇治に向かうことにするの。
 けれども武士たちが警護していて匂宮が屋敷に近づくことはできないの。

武士

~ いずくにか 身をば捨てんと しら知ら・白雲の かからぬ山も なく無く・泣く泣くぞ行く ~

(どこに行ったらいいんだよ。雲がかった山を泣いて帰んのかよ)

匂宮は悲しみの中でひとりそんな歌を詠うの。結局浮舟には会えないまま匂宮は心引き裂かれる想いで都に戻るの。

To be continued ✈✈✈

 とうとう薫が浮舟と匂宮のことを知ってしまいました。「キミがまさか浮気するなんてね」と浮舟に浮気を知ったことを伝え、武士を派遣して匂宮が浮舟と逢えないように警備を強化しました。一方匂宮も宇治から浮舟を連れ出す計画を立てているようです。
 女房たちは匂宮に惹かれているならそれでもいいのですよと話していますが、浮舟は完全に匂宮に心を移したわけではなく、薫にも惹かれています。身分の低い自分との将来をきちんと考えてくれている誠実な薫を裏切ってしまった。そして気持ちも少し匂宮に傾いてしまっている。言い訳の余地はないし、こんなふしだらなことをしてしまい薫に合わせる顔がありません。

 女房の右近は自分の姉の話をします。地方でふたりの男性と付き合っていて、片方の男がもうひとりの男を殺してしまった。すべては女が悪いということで勤め先のお屋敷を解雇され、辺境の地での暮らしを強いられたと。薫と匂宮が殺し合いをするとは思えないけれど、どちらかおひとりに気持ちを決めた方がいいですよとアドバイスをしました。
 次話が第五十一帖【浮舟】最終話です。

🖌Genji Waka Collection

~ 波こゆる 頃とも知らず 末の松 まつらむとのみ 思ひけるかな ~

浮気を知った薫が浮舟に贈った歌

~ いずくにか 身をば捨てんと しら知ら・白雲の かからぬ山も なく無く・泣く泣くぞ行く ~

宇治まで逢いに来た匂宮が薫の派遣した武士によって妨害され悲嘆にくれた歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。